ジラウドと先入観 ドンシャリ・スラップ専門は大きな勘違い

ジラウドの面白さと懐の広さ

 

ハイファイでもローファイでも

 

スラップモードに代表されるようなクリーンな音のイメージがあるジラウド。

 

「ワイドレンジ!」

「ハイファイ!」

「高速レスポンス!」

 

なんて聞くとやはり、どちらかと言うと電気的なイメージをするかと想像します。

冷たく味けないものには興味ないなんて先入観を持つ人もいるかもしれません。

 

しかし実際のところは、だいぶ異なる面も多いと感じますね、

ジラウドほどアナログだったり、古き良さを持つ存在もない気がしたり。

 

 

ディスクリートへのこだわりなんてものを一つ取ってみてもそうでしょう。

こんなシンプルな回路があるかと言えるのではないかと。

 

タッチやボディ鳴りに対する姿勢を考えてもやはり、アナログで人間的。

人間という究極にファジーな存在と弦楽器ならではの要素を大事にするわけです。

 

古くから叩き上げてきたものに触れるのも面白いのがジラウドの魅力の一つ。

ローファイ系だったり無骨でイナたいサウンドなんかも実は得意だったりします。

 

店主の福田さんが69年のフェンダーJBをリアルタイムで弾いていたことを考えても、ハイファイにしか興味ないとかドンシャリ専門なんて見るには無理がありますよね。

 

ジェームス・ジェマーソンのサウンドや奏法の研究をしてることなどを考えても、ルーツになってるものは実は意外なぐらいに泥臭くも思えるところ。

 

その道は決してお上品ではない

 

69年のフェンダーをリアルタイムで弾いていたというだけでも凄い経歴。

実際、自分などには想像もつかないような話を聞いたことがあります。

 

時代的にラウンド弦が入手困難だったとか、この話が出てくる時点でひっくり返りますよね。

これだけでもう、ちょっと違う世界の話のように思えるかもしれません。

 

スラップをするにしても、当時あったのはレンジの狭いベースアンプと極太のフラット弦。

その中で少しでも聞こえるようにするためにと、プルは小指でやっていたそうな。

 

・弾く位置をブリッジに近づけた方が音抜けが良くなる

・アタックも分かりやすく鋭くなる

 

こう聞けば確かに理屈は分かりますが、いや、怖くてとてもできません。

 

誇張ない本当の話、たとえ指が血に染まりボロボロになろうとも、小指でプルを続けていたそうな

 

と言うかそもそもの話、スラップなんて言葉はおろか、チョッパーなんて呼び方すらなかった時代だというのが恐ろしい。

 

当然、ネットなんかないし動画もない。

教則ビデオなんてものも存在しません。

 

もっと言うと、教則本を書く方だったのが福田さん。

スラップは『サムピック奏法』なんて言っていたらしく、なんだか話の次元の違いを感じるところ。

 

綺麗でスマートなイメージとかお高いハイエンドなイメージなんかとは真逆。

どちらかと言えば、かなり古いスポ根ものみたいなノリすらあるように感じるかも?

 

あらためて考えると本当にびびります。

 

縦振動のタッチとヴィンテージPBの不思議

 

縦振動の話についても本当に興味深いことが沢山あります。

 

ビンテージプレベの配線には現行品とは異なるちょっとした秘密があるらしく、それを施すとなんと逆に縦振動に対する反応が悪くなり、横方向を強く拾うようになるんだとか。

 

この場合、縦振動を意識するとむしろ音が小さくなったり、迫力がなくなるというのだから不思議な話。

 

その特性を利用したワンフィンガー奏法の話もすごく面白かったですね。

これに関連するグルーブについての見解なども非常に興味深いもの。

 

また、このヴィンテージプレベ配線とでも言うか、この方法。

ピック弾きに対してもかなり効果的な様子。

 

ピック弾きにおいて縦振動を意識するのはなかなか難しいことですが、奏法に最適な磁界を考えることで音の出方が変わってくるわけですね。

 

上手くハマればピックでもめちゃくちゃ太い音が出せるようになったり、それだけ力を抜いて弾くことも容易になっていくはず。

 

まぁほんと、

 

「縦振動?ジラウド?」

「なんか理屈っぽいのは苦手だわ」

「ピックだから関係ないし~」

 

こんな風に思う必要はないでしょう。

むしろピックだからこそ、多くのヒントを得られるとも考えられます。

 

ベース弾いてるならジラウドは絶対に面白い!

 

ハイファイなイメージはもちろん、スラップやドンシャリ専門みたいなイメージもありそうなジラウド。

 

一方、それだけではない魅力が沢山あるのもこのショップの魅力。

 

ジェマーソンの研究などを本格的にしているぐらいですから、古いファンクやソウルなんかが好きでも参考になることが沢山あるはず。

 

それこそ、極太フラット弦を張ってスポンジもかましたり、例のヴィンテージ配線を施したジェマーソン仕様のプレベなんてのもあったりしますし、超ローファイ仕様にも対応可能なところが本当に面白い。

 

今後また改めて紹介するかと思いますが、歪みや変わったコンプなども実にユニークであり、ベース本体だけでなく独特なエフェクターもあってこれまた奥が深いです。

 

ジャンルがどうとかスタイルがどうとか、そういった理由や先入観でジラウドを避けるのはもったいない話。

 

 

自分の話をするならば、メタルの速いベースをどう攻略するかと相談に行ったり、上記のジェマーソン奏法などについても尋ねたり、もう何でもありですね。

 

福田さんのサウンドのルーツの中には、イエスのクリス・スクワイアの存在まであったりしますし、プログレの話でもジャズの話でもスタジオの話でも何でも出てくる為、そのカオスっぷりが実に面白い。

 

「ベース好きなら行っとけ!」

 

声を大にしておきます。

 

楽器の話だけでなく音楽に関わる話を聞くのでも十分価値がありますね。

そういう意味では、ベーシスト以外のプレイヤーが行くことにも意味があると思います。

 

変な先入観を持ってわざわざ避ける意味もないでしょう。

 

理屈っぽいなんて言うならそれは逆に、

 

『理屈を避けすぎ』

 

この傾向があると考えていいんじゃないかと。

 

理屈や難しいことが嫌いであるならばこそ、ジラウドベースのサウンドの凄さは分かりやすくて良いですよ。

 

【ブログカテゴリー】