Jiraud Slapper JFDT フルディスクリートプリアンプ

Jiraud Slapper JFDT 

 

 

スラップ専門ではないポテンシャル

 

『 JFDT 』

 

ジラウドのプリアンプをアウトボード仕様にしたのがスラッパー。

名前からの印象だけだと「スラップ専用」みたいに思われそうかと想像。

 

もちろんその期待通り、とんでもないスラップサウンド作ることが可能です。

異次元なワイドレンジとレスポンスが魅力的。

 

一方、使いこなしが分かってくるとその印象がどんどん変わっていくのが、このプリアンプの奥深さ。

一発物のエフェクター的な使い方も良いけれど、それだけではもったいない。

 

非常に幅広く対応可能な、

 

『高性能万能プリアンプ』

 

こう考え使用した方が美味しく感じられるようにもなってきます。

むしろ、そっちが本命と言っても良かったりして?

 

バッファとしても超美味しい

 

スラッパーの入力インピーダンスは1MΩもある為、パッシブ楽器にかなり効果的。

 

ツマミがセンターでブーストも何もしてない状態でも通すだけで音が活き活きと生まれ変わります。

 

実際、ヴィンテージベースにスラッパーを通し、ブーストせずに使うという人もいるみたいです。

 

ど派手な音づくりのためのエフェクターとして使うのも潔くて分かりやすい一方、パッシブ楽器に対するバッファとして使うのもすごく美味しい。

 

純粋なバッファである同社のアクセラレータとまではいかなくとも、フルディスクリートによる恩恵は本当に素晴らしいもの。

 

プリアンプとしてまず正しく性能を発揮してくれるのが大きなポイントですね。

 

ちなみにそのアクセラレータを搭載した『スラッパー2』というタイプもあるので、パッシブ楽器に対してはそちらの方がよりベストな選択になりそうです。

 

いずれにせよ、どんな場合においてもJFDT、スラッパーシリーズは役に立ってくれます。

 

地味にも派手にもどちらでもイケる!

 

【スポンサーリンク】

 

 

EQのカットがまた美味しい

 

スラップ用として実に分かりやすく、バッファとしても素晴らしいのも前述した通り。

 

それに加えてより効果的に活用するなら、EQをカットをして使ってみるにも実は素晴らしいのがJFDTの魅力。

 

「ドンシャリ」だの「ミドルがなくて使えない」だの、よく勘違いされがちな気もしますが、それはブーストした音づくりしかしていないからでしょうね。

 

過剰にブーストしたセッティングばかりにしていたらそりゃ、どんなプリアンプでも音づくりは難しくなってしまいます。

 

やってみればすぐ分かりますが、ベースとトレブルのカットによってミドルを強調したサウンドをつくることも可能。

 

そもそもこのEQは効き方が普通と異なります。

 

「トレブルをカット」と一口に言っても特定の帯域をストンと落とすのではなく、ミドルの方とも連動して波形が変わるスタイルな為、不自然な音痩せや音量変化もなく非常にスムーズなサウンドに仕上がるわけですね。

 

これを知っておくだけでも、使い方の感覚がかなり変わるかと思います。

 

カットしても極端な音痩せとか音量落ちがない分、非常に実用的。

2バンドだから操作も実に簡単、感覚的に使えます。

 

こんな扱いが楽で都合の良いプリアンプがあるかと、声を大にしたくなりますね。

 

何を通しても駄目なものは駄目

 

よく誤解されている印象もあるジラウド。

 

前述のEQの使い方にしてもそうですが、なんでも完璧になる魔法のような効果を期待するのはちょっと違うんじゃないかと思うところ。

 

さすがのJFDTと言えど、根本的な部分が崩れていては実力を発揮するのは厳しい。

 

すでに変なものを通して音が崩れていたり、そもそも楽器自体がおかしかったり、それが前提になっていては解決は難しそうです。

 

そもそものスタート地点がおかしくなってる状態ではどんなものを追加したところでどうにもなりません。

 

素の状態をこれでもかと活かしてくれるのがJFDT。

EQを動かすことによる音量変化も少ないし、素の音色変化も少ない印象。

 

非常にナチュラルかつ積極的な音づくりにも貢献できる中、通す楽器の元々の部分をおかしくしてしまうようなことがないのが凄い

 

一方、なんでもかんでも同じサウンドとニュアンスにしてしまうシミュレーターとか、ピンポイントな特性で個性を主張するみたいな方向性を期待するのは、ちょっと違うんじゃないかと。

 

・特定の帯域に不自然なピークを持たせる

・固有の濃い味付けや音色を期待する

・楽器もアンプもスピーカーも無視した音づくりをしたい

 

こういった極端な味付けやキャラ付けが欲しいのであれば、逆に扱いづらく感じる可能性は考えられそうです。

 

しかしまぁ、それはもはやただのエフェクターと言うか、他人が勝手につくってしまった音ですよね。

 

ちゃんとしたプリアンプを求めるのであれば、似て非なるものでしょう。

 

・EQをカットしてもちゃんと使えるプリがどれぐらい存在するか?

・極端なキャラ付けで主張する必要がないことがどれほど実用的か?

 

その扱い方が分かってくるほど、本当に素晴らしいものだと気付くことができるはず。

 

プリアンプに対してついつい過剰な効果を求めがちになるのも分かりますが、あまり固定観念が強すぎたり視野が狭くなるのもどうかと感じるところ。

 

縦振動のタッチの習得に興味があったり、すでにタッチにこだわりがあるなら尚更ですね。

 

機材側による過剰な味付けやキャラクターに依存すべきではないでしょう。

根本的な部分の向上を志した方が、JFDTも絶対に生きてきてくれます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

派手なのもやっぱり楽しい 

 

説教くさく堅苦しいことを言ってるかもしれない一連の流れ。

 

それを全部無視してド派手に行くのも面白い。

 

『スラッパー』

 

この名が示す通りの分かりやすく超強烈なサウンドにするのもあり。

 

「結局ナチュラルなのかイケイケなのかどっちやねん!」

 

なんてツッコミが入りそうですが、そのどちらでいけるし、クソ地味にも派手にも使える自由度があるのがこのプリアンプの素晴らしさ。

 

固定観念に縛られたら負けということです。

 

スラップモードのスイッチを入れて思いっきりブーストすれば、それだけで未体験な領域に足を踏み入れることができますよ。

 

PUがちゃんと高域まで拾って楽器本体も鳴っているなら、マジでとんでもない音が飛び出てきますね。

 

一般的なプリアンプではなかなか実現できない伸び方、飛び方です。

 

自分は20年以上ベースを弾いていますし、20本以上のベースも所有してきました。

これまでの試奏本数について100~200本程度ではとても済まない身です。

 

それでもいまだ、ジラウドとそのスラップモードを超えるような音には出会ったことがありません。

 

それぐらい次元が違います。

 

だから本当、それを体験したことがないのはもったいない話。 

毎度言ってるようですが、実際に一度はジラウド店内で体験してみるのをおすすめします。

 

ネットで動画を見ただけとか、そこらのレビュー見て判断なんてつまらない。

その異常な自由度に振り回された評価がどれだけあることか!

 

めっちゃくちゃ奥が深いですよ。

 

とにかくまず弾いてみるべし

 

電気的なことに無知だったり教養がなかろうが関係ない。

実際に音を聴けばそんなことはどうでもいいでしょう。

 

ジラウドの何が素晴らしいって、『分かりやすい』ってことです、

理屈は詰まってるけど理屈はいらない凄い音が出るから魅力的なわけですね。

 

とにかく一回弾いてみれば分かります。

本格的なディスクリート回路の素晴らしさが分かるはず。

 

フルレンジの再生システムがであれば、いかにとんでもないかが一発で理解できる。

超絶スラップ用セッティングでも耳に痛くない音になるし、低音も信じられないぐらいに伸びてきます。

 

とにかく全ての音域が高速に飛び出てくれるから気持ちいい。

 

「アクティブはドンシャリ」とかそんな次元の話ではありません。

 

根本的に音がおかしい、変な特性でレンジが狭かったり立ち上がりが悪かったりするから、結果的に嫌なピークや音づまりが発生してしまう。

 

そういう機材や常識を基準にして、「JFDTは扱いづらい!」とか「あのプリアンプは癖が強い!」なんて捉えるのはどうなのかって話。

 

スタート地点を間違っているのは明らかに問題です。

楽器用って本当に特性が酷いものばかり。

 

JFDTのスラップモードにしてもそもそも、単純なドンシャリサウンドをつくるのが目的ではないのが本当のところ。

 

どうやっても中域山なりの波形になってしまいがちなマグネットPUの特性。

それをワイドレンジにフラットな波形にする働きをしてくれるのがスラップモードの効果。

 

見方を変えれば、ピエゾとはまた違うアコースティック感が得られるものと認識することもできますね。

 

ピエゾ特有のシャリシャリした印象とは異なり、非常に力強い音なのが魅力的。

ベース弦の倍音というのはこんな綺麗なものなのかと驚かされます。

 

繰り返しますが、本当に奥が深いプリアンプですよ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

どう使っても美味しくて逆に迷うぐらい良い

 

これほど奥深く凄いプリアンプは他に知りませんね。

 

・高品質なバッファとして使うも良し

・実用的で渋いプリとして使うも良し

・派手なエフェクターとして使うも良し

・内蔵して手元で多目的に使うも良し

 

いかに巷に存在するアクティブのサウンドがしょぼいか?

パッシブという言葉に固執することがどれほど理にかなってないか?

 

JFDTの扱い方の研究をするだけでも実に様々なことに気付けます。

 

スラッパーを持ってるならネオパッシブの楽器などと組み合わせて使っても面白いし、これもまたおすすめな使い方ですね。

 

シンプルで渋い音がするベースを一瞬で怪物へと変貌させることも可能。

 

また、個人的な話で言えば、よくある冷蔵庫系のアンプが苦手だったりするのですが、それもJFDTを使用することでかなり助かっています。

 

リハスタやライブなどであれ系のアンプに遭遇する可能性が高いと考えると、JFDTの使い勝手の良さとワイドレンジで癖のない特性は心強いですね。

 

タッチレスポンスに優れている意味でもこれ以上のものはありません。

あれこれ繋げたりいじったり、そうやって後付けで何とかしようという気もなくなっていきます。

 

・荷物は軽くなる

・セッティングも楽

・低消費電力で経済的

 

とにかく美味しいですね。

ストレスが激減して演奏に集中できます。

 

ま~、繰り返し断言しますよ。

スラッパーという名から敬遠するのは絶対もったいない。

 

「オリジナルハンドメイドフルディスクリートベースプリアンプ!」

 

こんな感じで認識するとなんだか無条件に凄いものな気がして良いかもしれません。

 

と言うか、誇張でもなんでもなく実際そうですね。

こんな美味しい都合のいいものがどこにあんねんと。

 

【ブログカテゴリー】