縦振動のタッチの研究 (15) ベース上手くなりたいならジラウドフルチューン

縦振動のタッチ (15)

 

 

ジラウド フルチューン

 

縦振動の練習をするにはOPBを弾くのがおすすめ。

これほど分かりやすく変化があらわれるベースはありません。

タッチが悪いとそれそのまま情けない音になる難しさがあります

 

そして、ある意味ではそれ以上に難しいのがジラウドのフルチューン。 

電気的に高速な特性を求めるのであれば、これ以上の仕様はないでしょう。

 

電気的な要素に注目が集まりがちなジラウドですが、楽器本体の生音とその反応の良さにこそ実は強くこだわっていると感じます。

 

木工的にも電気的にも高速であり、とにかくタッチレスポンスに優れてる印象。 

 

その中でも特にフルチューン仕様は化け物的な存在ですね。

尋常ではないワイドレンジと高速レスポンスを手に入れることができます。

 

恐怖の超高速タッチレスポンス 

 

反応が良いということは、それだけ上手く使いこなすのが難しいフルチューン。

 

ちょっとしたバズやタッチノイズも忠実に再生してしまう為、弾き方が悪いと聴くに耐えない音を出すことになってしまいます。

 

実際、自分も長年フルチューンの楽器を恐れていました。

まだジラウドに通い始めだった頃、かなり痛い目にあった記憶が残っています。

 

「これちょっとバズが気になりますね~」

 

なんて試奏で言った次の瞬間です。

 

「バズが出る様に弾いてるからだよ」

 

バッサリ切られることに。

 

そしてどう弾くか実践してもらうと、ま~、ひっくり返りました。

バズなど無縁な超太く濃密な音に圧倒された次第。

 

縦振動が身についてくれば、不要なバズはなくなっていくんですよね。

握力に頼ったフィンガリング、左手の押弦の甘さも指摘されたり、散々でした。

 

自分が下手なのを棚に上げ、無神経に安易に楽器のせいにしていたという、その情けなさと恥ずかしさを思い知りました。

 

今でこそフルチューンの楽器をメインにして弾いていますが、当時のあれはそれこそ、トラウマになるぐらいの体験だったかもしれません。

 

それだけに真剣に練習に取り組むようになりましたし、基礎もじっくりと見直すことを決意しました。

 

縦振動のタッチから生まれるサウンドにも凄く憧れましたし、「上手くなってるぜ俺!」と調子に乗ってた自分を戒める良い経験でもあったなと。

 

ま~、フルチューンを最初からまともに弾けたり、なんの苦もなく良い音を出せる人がいるとしたら、その時点でタッチが相当凄いことを意味しているでしょうね。

 

自信のある人、否定したい人など、自分試しや道場破り感覚で弾きに行ってみるのも面白いと思いますよ。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ジラウドは賛否両論?

 

人によって評価がはっきり分かれそうなのがジラウドという存在かもしれません。

 

その中でも特に、フルチューンの楽器はさらに評価がバラバラになると言うか、人によってまったく違う印象が持たれていて実に興味深いところ。

 

「これほど気持ちいい凄い音が出るベースはない!」

 

と評価する人もいれば、

 

「高域が出すぎて使いにくい!バズが酷い!作りが悪い」

 

と評する人もいたりします。

 

「信者が過大評価してるだけの宗教くさい楽器!」と切る人もいるかもしれません。

 

生音こそが重要と考えればエージングが進んでからが本番だと思いますし、長いつき合いがあってこそ良い音が得られるんじゃないかとも感じます。

 

そういう意味では、鳴ってくる前どころか初期段階で諦めたり、新品同様の中古品が出回るのも分かる話のような気がしますかね。

 

扱い方を知らないがゆえ、どうにもならなくて困るんだろうなと。

 

『楽器側にだけ良い音を要求』

 

こういう姿勢である場合、手痛い目に遭うことは十分に考えられます。

 

フルチューンを使いこなす

 

フルチューンを弾くと下手に聴こえるというのは結局、自分のタッチがそのまま出てるだけのことなんじゃないかと認識しています。

 

タッチほど人間的、不確定で曖昧な要素もありません。

 

それをなるべく排除して安定した音が出るように作るものもありそうですが、はっきり言ってフルチューンはそれらとは対極な存在だと感じます。

 

その超ワイドレンジで高速なサウンドが味方になってくれるとは限らないし。

音づくりをEQに依存したり、そのブーストオンリーで考える人にも厳しい。

 

出すぎてると感じるポイントを把握し、カットすることを覚える必要もあるでしょう。

扱いを知らないと色々悲惨かもしれません。

 

一方、それというのは『自由度』の証明であるとも思いますね。 

 

当然のことながら、臨機応変な対応は可能です。

「難しいぞ~!」と脅かすためだけに存在するわけはありません。

 

ちゃんと音づくりすれば、よく抜けてくるパッシブベースぐらいの音にもできますし、中域をメインに押し出したりレンジを狭くすることも楽。

 

弾き方と扱い方次第で驚くほどの変化を見せてくれます。 

タッチを鍛えさえすれば、こんな心強く楽しいベースもないと納得できますね。

 

【スポンサーリンク】
 

 

パッシブ・アクティブ論を超越した存在

 

「アクティブは嘘臭い!」

「パッシブこそ真の音!」

「果たしてどちらが本物なのか?」

 

フルチューンの前ではこんな議論や固定観念などなんの役にも立たないでしょう。

むしろこれほど正直に原音を再生するナチュラルな存在もないと言えます。

 

練習の結果が分かりやすく出てくれるということは、それだけ上達の速度も格段に上がりますし、実戦においても絶対に役立ってくれます。

 

バズが出るようならまずは自分のタッチと押弦を疑ってみる。

それでもおかしいと感じるのであれば、楽器のメンテナンスを考えてみればいいんじゃないかと。

 

他社の楽器をフルチューンにしてみてまったく良い結果を得られなかった場合、それはそのベースの生鳴りやタッチレスポンスについて疑問を持つべきですね。

 

実際、フルチューンにしても駄目なものは駄目。

かえってその欠点が浮きぼりになるという、悲しい結果を招くことにもなります。

 

生音が弱かったり遅ければ、それがそのまま再生されるということ。

PUの特性が壊滅的だったり、そもそものレンジが狭いことなどもよく分かるはず。

  

OPBとフルチューン、この2本に普段から触れていれば当然、タッチがめちゃくちゃ鍛えられていくことになるでしょうね。

 

OPBだけで練習しているとつい力任せにもなったり、左手の意識も甘くなったりもする可能性もありますが、フルチューンだとそれはまったく許してくれない為、すべてにおいて油断ができなくなります。

 

右手だけでなく、左手も自然と鍛えられることになる為、やはり、それだけ上達も早くなるでしょう。

 

是非とも、しっかりしたシステムでフルチューンを体験してみて欲しい次第。

 

アクティブ派とかパッシブ派とか、語るだけ馬鹿馬鹿しいですね。

そんなつまらない議論や価値観を超えた世界が見れますよ。

 

「ベースってこんな凄い音がするのか!」って感動もできます。

 

実際に弾いてフレットノイズやバズもなく弾けるようであれば、それだけ縦振動が身についている証明にもなるんじゃないかと。

 

実に多くの意味で挑戦しがいのある存在になってくれます。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】