縦振動のタッチの研究(14) シンプルなパッシブベースで鍛える 

縦振動のタッチ(14)

 

 

パッシブの魅力

 

「パッシブこそが真の音!」

 

みたいな妄信はどうでもいいと以前から話してきた一方、それでタッチを鍛えることで結果が出るのも確かだと思ってます。

 

自分も実際、純パッシブのOPBでさんざん練習をしてきました。

 

正直、先日も話したような酷いアクティブベースなんかを使うぐらいだったら、シンプルで迷いもないパッシブベースの方が良いですね。

 

パッシブであれこれと変な木材を使おうとしたって結果は悲惨かもしれません。

過剰に弾きやすさを追求しようとしてもそれだけ音も痩せる可能性が高い。

 

それを誤魔化すために、癖の強いPUや高出力なものを求めるのは微妙。

電気的なパワーを得ようと四苦八苦するのでは、パッシブにこだわる意味もないような?

 

パッシブにこだわるということはイコール、

 

『タッチにこだわる!』

 

これなんじゃないかと。

 

凝った楽器になるほどタッチレスポンスは悪くなる傾向

 

木材による音色の違いについてよく語られていますが、疑問になることも本当に多いですね。

 

肝心のタッチレスポンスについて語られることなんかほとんどないし、固定観念により決めつけばかりでは信用できません。

 

異なる材を組み合わせたりすることにより、輪郭やアタックが向上するだのどうだのとよく言われていたりもしますが、正直、それとタッチレスポンスについての感覚が同様になるのかどうかは、かなり微妙に思えたり。

 

見ため重視なだけで実はスカスカな木材など、そういった物をトップに貼ったところで、音的な正解に繋がるとはとても思えません。

 

高級なベースの世界になるほど特に、おかしな材が用いられることが多いと言いますか、ラミネートを駆使したり複雑な加工をするものがよくあるように感じます。

 

皮肉にも、そういった木工技術を駆使したものになればなるほど、逆にボディ鳴りについては自信がなくなっていくような印象。

 

高出力のハムバッカーをのせたり、複雑なプリアンプを使用したり、電気的な力に頼ろうとする感があるから不思議です。

 

実はパッシブで行ける自信がないのかなと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

複雑な構造になるほど電気な力に頼る事になる

 

「パッシブで十分!」

「欲張らないシングルコイルがいい!」

「素直にそのまま良い音を出す!」

 

木工が自慢の多弦やハイエンド系でそういった楽器はほとんど見ない不思議。

 

大体の場合、高出力で高域特性の悪そうなPUや大きなハムバッカーにしたり、ツマミの数も沢山ある多機能なプリアンプまで搭載したり、なんだか疑問が湧いてきます。

 

後付けで何とかしようということなのか、妙な話だなと。

 

ハイポジションが弾きやすいように過剰なまでにジョイントを削るのもそうですが、ボディ鳴りのことなんかまったく考えてない印象がどうにも強いんですよね

 

そういった楽器のタッチレスポンスの悪さには本当に閉口します。

 

良いタッチが身についてくればボディ鳴りの感覚が分かってくるし、そのレスポンスや鳴り方の傾向も掴めるようになってきます。

 

ということはあまりに反応が悪かったり、出音もひどいものが存在することも確認できるようになってくるから、ある意味では怖い話でもあるかもしれませんね。

 

多くのベースに懐疑的になっていってしまう可能性があります。

特にハイエンド系は壊滅的かなと。

 

高級・凝ってる=良いとは限らない

 

世の中、弾いた瞬間にその異常な鈍重さが分かるようなものもあったりするから困惑。

 

安物でネックから何から全てが酷いならともかく、かなり高級であるにもかかわらずそんなのが存在してたりするのだから恐ろしい。

 

と言うか前述のように、ハイエンド系にこそ注意した方が良い印象。

 

・接着剤が問題なのか?

・異なる材の組み合わせが裏目に出るのか?

・不要な干渉が起きてしまうのか?

 

変な風に凝った作りになるほど、安物にすら劣ってしまう可能性が出てきます。

 

そう考えた場合、とにかくボディは鳴らさずPUとプリで音をつくるという方向性も、それはそれで合っているのかもしれません。

 

タッチレスポンスが遅いほうがその人の個性は出づらくなるし、音も均一になっていくことが考えられます。

 

こう言っちゃあれですが、『人間』というものほど不確定な要素はありませんよね。

それに完全に任せてしまうのも確かにリスクがある。

 

ダイナミクスが大きく変動することも良しとはしないだろうし、タッチにしても起伏なく軽く弾く程度のほうが望ましいんじゃないかと思うところ。

 

良質な木材の調達に苦労したりその品質も安定しないのであれば、ラミネート加工などの木工技術を駆使した方が確かに管理しやすくなるでしょう。

 

まぁちょっと寂しい話ですが、そういう目的があって複雑な構造にするのであれば、それはまだ理解できる方向性ではありますね。

 

やたら高くなるのは首をかしげますが、そりゃこっちが決めることじゃないから仕方ない。

 

【スポンサーリンク】

 

 

タッチコントロールこそ醍醐味

 

「とにかく安定している分、大きな変化も期待できません」

 

ま~、個人的にはそういった方向は勘弁かなと。

 

タッチによる変化など必要ないというのも一つの正解なのかもしれないけど、そういうのばかりになってしまうのも困るし、高級=そっち系になるみたいなのも抵抗があります。

 

そしてやはり、ベースが好きなのであれば、縦振動による音をまずは体験してみて欲しい次第。

 

「弾き方でこんなに音が変わるの!?」と経験してみるのは絶対に面白い体験になるし、後の糧にもなるでしょう。

 

そういう楽器や弾き方が存在することを知らずにいるのはもったいないし、単純に損な話でもありますね。

 

 今までの認識や価値観が一変する可能性だって十分に考えられます。

 

自分の楽器に自信があるようでも実は疑問を持っていたり、明らかな不満や違和感があったり、そういう感覚って意外と正しい可能性があるかもしれません。

 

そこをあれです、

 

「高価な楽器なんだから悪いはずがない!」

「下手な俺がぜんぶ悪いんだ!」

「あの人だって弾いてる楽器なんだぞ!」

 

みたいに変に誤魔化したり自虐的になってしまうのも、一つには危険でしょう、

 

上品で良い音なんだけど音が全然前に出てこない、アタック感も存在感も弱いとか、そうやって苦労している例なんかもいっぱいあるんじゃないかと想像します。

 

タッチの変化が出る楽器を選ぶ

 

ハイエンドとは逆に「安物だから・・」と諦めるのも考えもの。

そういう自覚があるのだったら、良い楽器にちゃんと触れておくべきででしょう。

 

楽器をしっかり選択することにより、上達のスピードが驚く程変わることは十分に考えられます。

 

そのあたり何だかんだ、パッシブベースは面白い存在ですね。

良い意味でも悪い意味でも、未熟なところが出やすい。

 

「このベース全然良い音しないな・・」

「やっぱ駄目だわこれ・・・」

「もっと高いやつが欲しいなぁ・・」

 

なんて失望してたところに一転、他の人が弾いたらびっくりするほど良い音が出たり、完全な別物に変貌したり、そんな悔しい体験をしたことがある人も結構いるはず。

 

インピーダンスのアンマッチングを起こしていようがいまいが、理屈を超越してとんでもないグルーブを出す人はいますし、そうやって自分のタッチや感覚を叩き上げいくのも良いかと思います。

 

【スポンサーリンク】
 

 

パッシブでも良い音を出せるタッチを身に付ける

 

叩き上げと言えば、自分の恩師の一人が本当にそんな感じでしたね。

その強力なサウンドとグルーブにめっちゃくちゃびびらされました。

 

別に高級でも何でもない普通のフェンダーのジャズベ。

それで恐ろしく太い音、強烈なグルーブを叩き出すという、その姿が驚異的に映ったものです。

 

恐らく、縦振動とはまた違っただろうとも想像しますが、強力なタッチであることに間違いはありません。

 

それをしかも、自分よりさらに小柄かという体格でやってるのだから参ります。

弦高も異常に高かったし、とても真似できないと今でも思いますね。

 

ああやってパッシブにこだわって凄いことやってる人は本当に格好いい。

 

鍛え上げられたタッチによる問答無用のグルーブとオリジナリティ。

あの素晴らしさと言ったらないです。

  

まぁ、自分のこの先生の話はちょっと極端な例かもしれませんが、パッシブでも十分に良い音が出せるというのは基準をつくりやすい、つくれる証明と言えるのではないかと。

 

タッチにしても楽器本体にしても、まずそれが基本。

特に、ベースの低音やグルーブにこだわりたい人にとっては、無視できない要素のはず。

 

ちょっと古くさい感じの根性論や気合に触れてみるつもりでもいいし、合理的判断からパッシブベースに触れてみるのでも何でもいいでしょう。

 

アクティブばかりに慣れてないで、一度はパッシブで行ってみるのも面白い。

 

それこそ縦振動に興味があるなら、OPBに触れてみることを是非おすすめします。

あれで文句なしの太い音とグルーブが出せたら怖いものなし。

 

まさにパッシブとシンプルの極致ですね。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】