縦振動のタッチの研究 (13) 遅いアクティブベースへの疑問 

縦振動のタッチ (13)

 

 

アクティブは嘘っぽい音?

 

「誰が弾いても同じ感じがする」

 

なんてことがよく言われてたりもするアクティブ。

それに対する反論もあるし、同意もするところだったり。

 

インピーダンスの処理を考えるならパッシブそのままが理想とは言えないでしょう。

それで純粋で素直な音が出てくれるとは、自分はまったく考えていません。

 

ボリュームも何も付けず、PUからジャックに直結するなんてやり方なんかもあるけれど、これも疑問な点は多いですね。

 

ケーブルが長かったりアンプの入力インピーダンスが低かったりした場合、それの何がピュアな音なのか?誤魔化しがない音なのか?

 

実際はかなり微妙に思えます。

 

痩せた元気のない信号がベース本来の音だと言うのは滑稽に感じるような?

 

「パッシブは自然」と言いつつ、高出力で癖の強いPUやタッチに寛容なハムに依存したり、癖の強いアンプやエフェクターなどを好むのも何か釈然としません。

 

それで「パッシブ最高」なんて主張するのもやはり疑問です。

 

粗悪なプリアンプは確かにきつい

 

パッシブに疑問があるとは言え、プリアンプが持ってる独特の気持ち悪さや、それに違和感を覚えるのも実に同感ではありますね。

 

その固有の癖や音色が嫌いだったり、人それぞれ理由があるのではないかと思います。

そしてその違和感の中に、レスポンスに対する感覚も大きく存在するのではと想像するところ。

 

タッチレスポンスが悪いということは、人によっては致命傷にもなる可能性があります。

音の出方に遅延があるレベルまでになると本当に気持ち悪いし違和感もひどい。

 

余計な部品を沢山通ることが信号の遠回りになるとするならば、これは当然、出音に遅れが生じても何も不思議ではないでしょう。

 

それに加え、楽器本体の鳴りも悪く反応も遅いのでは、余計に酷いことになってしまいます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

音の違いなんて思い込み?

 

「そんなもの人間に分かるレベルの話じゃない!ぜんぶ思い込みだ!」

 

こういうツッコミなんかもあるかもしれませんが、果たしてどうでしょうね?

人間という動物をあまり甘く見ない方が良いのではないかと自分は考えます。

 

1mmにも満たない紙を認識できるし、その感触もちゃんと分かるのが人間。

ほんのちょっとの棘が刺さってるだけでも痛みや不快感を認識できます。

 

音楽の話にしても、実はそもそもがとんでもない世界ですよね。

 

16分音符や32分音符などは当たり前のように認識していたり、無意識であろうとさらにその上の細かい音符や感覚も認識することでしょう。

 

どれだけ短い時間と瞬間をコントロールして成り立っているか、こうして言葉にするとなかなか凄いものではないかと。

 

実際に演奏をする当事者の感覚というのは、恐ろしいほどに鋭敏なもの。

気のせいでは済まない事実も多く存在しているはず。

 

そう考えると、アクティブに違和感があるという話は不思議でもなんでもなく、むしろあって当然にもなる感覚のような?

 

そして悲しいかな、それぐらい粗悪なものが溢れていることを表してもいるんじゃないかと。 

不自然にギラギラしたり、特有の嫌な感じが出たり、それにはやっぱり理由があると思います。

 

そもそもの特性がめちゃくちゃ、根本的に音がおかしい可能性も十分ありますが、まずいのはそれをさらに加工してしまう音づくり。

 

・立ち上がりが悪く低音が鈍重、

・音が引っこんで前に出てこない

・アタックもアクセントもはっきりしない

 

そうなると音抜けやアタックを意識してハイを足したくなるものです。

 

しかし、レスポンスが良いとか立ち上がりが速いとかそういった感覚というのは、高域を足してなんとかなるというものではないと思うんですよね。

 

「耳に聞こえやすい帯域がどれだけ出てるか?」

 

こういう話とは実は異なる問題のように感じます。

 

異常なハイなど出さなくとも抜けてくる音はあるし、自然と存在感が出る心地よい音というのは絶対に存在する

 

粗悪なプリでノイズレスに自然にハイをブーストできるとは思えません。

低音にしても、実用的に変化させられるものは少ない印象。

 

基本特性が酷かったり反応の遅さをごまかす為に加工するなんていうのは、かなり本末転倒な話なんじゃないかと感じる次第。

 

粗悪な回路による無個性化

 

アクティブにすることで積極的に音をつくったり、独自のキャラを出すために使うのは分かる話ですが、それが苦手な人も多いと想像します。

 

機材による出しゃばりなんて求めてないのだったら、そりゃ嫌われて当然の話。

 

瞬間的なアタックや立ち上がりに対して足枷になってしまうのだとすれば、やはり、タッチコントロールに対する影響も大きく出てしまうはず。

 

そこでまた原型とは異なる音の加工をされてしまうとすれば、タッチの無個性化にも拍車がかかっていくことになるんじゃないかと思います。

 

「誰が弾いても同じ感じ」

「誰でもそれなりに」

 

なんて話にも納得ができますね。

 

初動の最も大事なところが再生できなかったり、露骨に反応が遅れるとか、これは気持ち悪くて当然というものでしょう。

 

タッチを大切にする人間からしたら致命傷になる話ではないかと。

  

縦振動を知るにしても鍛えるにしても、とにかくリアルタイムで高速な特性の楽器を使った方が正解。

 

しかし残念ながら、通しただけで音が痩せたり遅くなったり、そういった印象を受けるものが世の中にはたくさん存在していると感じます。

 

「音痩せなんかどうでもいい!」

「音が気に入ればそれでいい!」

「使いこなしと音づくりが全て!」

 

こんな意見もあることかと思いますが、これも方向を誤ると大変です、

 

「音色は凄く良いんだけど意外と使いものにならない・・」

 

こんな楽器に遭遇してる人も多いはず。

 

根本的な解像度やレスポンスの良さ、音の飛び方や抜け方など、そういった要素に無頓着な場合、そんな事態に陥りやすいかもしれませんね。

 

位相特性が悪いとでも言うのか、そもそも音が濁って引っこんでいたりすると、本当に疲れます。

 

それで前述のようにEQで異常な加工をしたり、後付けでなんとかしようとすると、もう泥沼ですね。

 

音はさらにおかしなことになり実用外。

存在感もなく無個性にもなっていくという皮肉。

 

遅い・鈍い楽器は疲れる

 

縦振動で弾いても反応がいまいちだったり、恐ろしいほどに鈍い楽器って世の中に本当にあるんですよね。

 

もちろん、それがプリアンプのみから起こることだとは断言できません。

楽器本体の構造や材料など、トータルで見るべき問題です。

 

とは言え、変な回路がすでに本体に内蔵されてるとなると、問答無用でそれを通ることになってしまう為、その意味ではやはり、アクティブには注意が必要だと言えますね。

 

決して大袈裟な話ではありません。

内蔵プリアンプの質が低いと、想像以上にレスポンスは酷いことになるものです。

 

「ツマミがセンターならフラット!」

「味つけも色づけもなし!」

「ナチュラルな状態!」

 

こんな認識も危険かもしれません。

残念ながらその回路を通るだけで生まれるリスクというのが存在するのが現実。

 

また、こういう場合において、

 

「アクティブが駄目ならパッシブに切り替えればいい」

 

なんて思われそうなところでもあり、あすが、トグルスイッチすらも粗悪だったりするのが楽器の世界。

 

良心のない回路やパーツが溢れていたり、音痩せやレスポンスの悪さの原因が様々な場所に潜んでいたりするから参ります。

 

そもそもの話、パッシブに切り替えたところでローインピーダンスのポットを通ってしまっていては、それだけで音はかなり痩せてしまいます。

 

繰り返すようですが、

 

「パッシブ=ピュア!」

「劣化のない本来の音!」

 

こんなわけはないでしょう。

 

インピーダンスのアンマッチングは致命傷にもなりかねない話です。

そのあたりをしっかり把握してないと酷い目に遭うんじゃないかと。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ベースはベース

 

個人的に思うのは、ギター的価値観やサウンド基準による音づくりをしている人が意外なほどに多いんじゃないかということ。

 

ギタリスト的視点からベースのレビューをしていたり、その感覚のままに音づくりをしているようだと、話も通じないものがあるように感じます。

 

そういうスタイルで行くなら必要なやり方だと納得もできますし、それも一つの表現方法、素晴らしいオリジナリティになると言えるでしょう。

 

一方、世の中の多くのベーシストの悩みや悪戦苦闘を見るに、どうもこう、方向性を違ってる印象を受けることが多々あったりします。

 

「太い音を出したい!」

「もっとベースに存在感を!」

「独自の音とグルーブを!」

 

こう志しているのにもかかわらず、ギター的な機材を求めたり、その方向で音づくりをするって変な話ですよね。

 

反対方向に行ってどうするのかと疑問になります。

 

そのギター基準にしたって過剰なエフェクトを良しとはしないはず。

なのに、低い帯域が重要になるベースでそれをやってしまうという矛盾。

 

「中域こそが大事!」なんて意見も分かりますし、そこを中心とした音づくりもあるとは思います。

 

でもだからと言って低音を軽視したり、音痩せを許容しすぎるのは納得できない話。

 

その低い音をいかに充実させるか実用するか、それが勝負どころであり、ベースならではの美味しさと魅力と言えるのではないかと。

 

あれこれ迷って困ったら、思いきって一度シンプルにしてみるのが良いですね。

もっとタッチの研究をしてみるのをおすすめします。

 

エフェクターを多用するスタイルを突き進むにしても、その経験から絶対に良い結果が得られるはず。

 

音が細いからとツマミに触れる前に、まずは弦を押しこんで弾くようにしてみましょう。

 

タッチを意識した方が音はより良く太く変わります。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】