縦振動のタッチ (12) ベース初心者だからこそおすすめ 

初心者だからこそ

 

「初心者にはハードルが高すぎる!」なんて思われそうな縦振動。

 

でも実のところ、まだ変な癖がついてなかったり指が固まってない方が、これから取り組むのに有利な面があります。

 

知人から聞いた話ですが、夫婦でジラウドに行き、揃って縦振動を教わってみたんだそうな。

そうしたらなんと、まったくの初心者である奥さんの方が良い音を出してしまったとの事。

 

欲も何もなく、ただの興味本位だったのが良かったのかどうか、それは分かりませんが、現実としてそんな事例もあるわけですね。

 

よく言われていることですが、我流の癖や凝り固まったこだわりなど、そういったものが足枷になりやすいというのは否定できません。

 

他にも、女性ベースプレイヤーが習ってみて、即、良い音を出してしまった例はあるらしく、単純な力や手の大きさなどが決定打になるわけでないのを証明しているように感じます。

 

時間が経つほど遠回りになる

 

初心者だからこそとは言っても、それそのまま上手くなれるかどうかは分かりませんし、続くかどうかは本人次第。

 

一音を太く弾けるだけではどうにもならないのも現実でしょう。

 

でも本当、「初心者だから・・」と恐れる必要はまったくないと自分は考えます。

と言うかむしろ、その「初心者」って状態に羨ましく思えるぐらいのものまであるところ。

 

本当に遠回りをしてきた身である為、早い段階で習えることの素晴らしさってのを痛感しまくってる次第です。

 

一度ついた癖は簡単には抜けない

 

新たに習得しようにも、とにかく癖は抜けないし、余計な力は入るし、頭も固まってる。

 

そして、それをまた1から見直したり崩したり、そうやって矯正していくのがめちゃくちゃ大変な作業になるわけです。

 

練習熱心な人ほど、逆に体がどんどん固まっていく恐れもある為、縦振動に興味があるなら一刻も早く実際に体験してみた方が良いでしょう。

 

鍛え上げたベテランほど、道のりが遠くなる可能性もありますから、初心者こそどんどん挑戦してみるべきかと。

 

まだなにも出来上がってないからこそ、「何でも吸収できる超強力で無敵な存在」であると自覚した方がいいかも?

 

【スポンサーリンク】

 

 

癖のついた人間はもう駄目なのか?

 

これも絶対違うと思います。

 

そんな癖がつくまで熱心に練習を積み重ねてきた人なんですから、新たに上手くなれる要素や新鮮な感覚を見つけられたら、絶対に燃えてくるはず。

 

理想通りの動きが身につけられるかどうか、それはもちろん、その人のこれからの努力次第になりますが、そこまで辿り着かずとも、タッチに対してより深く向き合うことには大きな価値があります。

 

たった一音、太く重く弾くだけでも、曲に対する影響は確実に出るはずですし、その音が存在するだけでより音楽的に素晴らしくなる可能性は十分にある。

 

まだまだもっと上を目指す人であるならばこそ、縦振動によるサウンドは体験してみた方が良い。

 

存在を知ってるだけでチャンス

 

縦振動のタッチのなにが問題かって、これは本当、自分も強烈に感じるところですが、結局は「まだ知らない人が大勢いる」ってことなんじゃないかと。

 

白状すれば、「誰よりも情報が欲しいのは俺だ!」と言いたかったりもします。

 

すでに極められ、確立された技術のような話になっている気もしますが、実を言えば、まだまだこれから研究がされていくものなんじゃないかとも思えたり。

 

より理解が深まっていけば、さらに進化していくことも洗練されていくことも可能なはず。

 

ギター顔負けの超絶技巧や、人間ばなれした技術を追い求めるのもいいですが、そこでさらに、強力なタッチで良い音で弾けるようにもなれば、とんでもないことになっていくかもしれません。

 

シンプルなフレーズやグルーブを追及してる人には、そのまま強力な武器になるし、もっともっと、多くの人に伝わっていけば良いんじゃないかと考える次第です。

 

理屈を超えた分かりやすい良い音

 

こうして長々と話していると、「小難しい理屈はいらねぇ!」なんて人にも中にはいると想像しますが、それはまぁ、実際に体験してない人の言葉でしょう。

 

縦振動によるベースサウンドって「理屈抜きに良いですよ」と言いたいところ。

 

それこそ、楽器を弾いてない人にもお客さんにも伝わるはずですし、本来の良い音ってそういうものなんじゃないかと。

 

やっぱり、ベースらしい太い音、低い音って凄く魅力的です。

 

タッチが向上してくれば、単純なルート弾きでも本当に気持ちよくなってきます。

初心者であるならばこそ、どんどん縦振動を身につけタッチを鍛え、バンドで試してみると分かるはず。

 

絶対、これまで以上にベースを弾くのが楽しくなってくる。

 

逆にベテランであるならば、強力な壁に立ち向かうつもりで挑んでみると面白い。

それこそ、ドラゴンボールのようなノリで修行するのも悪くないかも?

 

自分の音がどんどん太く豊かになっていくのは堪らない魅力と快感ですよ。