縦振動のタッチの研究 (10) ベースのレスポンスとその重要性

縦振動のタッチ (10)

 

 

タッチレスポンス

 

この言葉をジラウドでよく聞くことになるかと思います。

しかし、いざ自分でどう説明したものかと考えてみると、これが意外に難しい。

 

たとえば、デジタル機器を扱っててタイムラグなどを認識した場合、恐らくは多くの人が気持ち悪い印象を覚えるかと想像します。

 

弾いた瞬間に音が出て欲しいのにどうも遅れて出てくるように感じたり、こちらがイメージしてるタイミングとは完全にずれていたり、そういった違和感に遭遇したことがある人は絶対にいるでしょう。

 

ワイヤレスを使用する際の感覚などについても同じかもしれませんね。

レイテンシー(遅延)がどうのという話がよく出てくるはず。

 

今回のタッチレスポンスの話についてはとりあえず、そんな感じのイメージをしてもらっておくと良いかと思います。

 

音の遅延は大問題

 

遅延の何が問題かと問われたら、

 

「そりゃ大問題だろ!」

 

としか言いようがない。

 

極論を言えば、16分音符ズレて出てくるとか8分音符ずれてるとか、そんなもの演奏のしようがないだろうとツッコミたくなるところ。

 

そこまで計算して弾ける人がいたとしてもまぁ、どう考えても無駄な労力なはず。

その僅かな差が命にもなってくるであろうグルーブに影響がないとは考えられません。

 

どんな状態でも無意識に補正してグルーブできるのであれば、それこそ確かに本物というもの。

しかし、余計な足枷もなく自然に弾きたいなら、遅延なんかない方がいいに決まってる。

 

1秒にも満たない世界での勝負になると考えれば、レスポンスが遅いということは致命傷にすらなりかねない話ではないかと。

 

ところがこの世の中、不思議とその音の出方が遅い楽器が溢れていたり。

 

ナチュラルにレイテンシーが起こると言いますか、恐ろしいぐらいに立ち上がりが悪かったり、反応がよろしくないものが多く存在するのが現実。

 

前述のように、それを自分の感覚で無理矢理に補正して弾いてる人も多い印象。 

 

「もっと速く音が出てほしい!」

「もっと楽に音が抜けてきてほしい」

「もっとベースがはっきり聴こえてほしい!」

 

など、こういった余計な負担や労力というのはかなりのもの。

少なくとも自分にとっては多大なストレスの要因になります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

低い音を素早く出す

 

ベースという楽器においては特に、「低い周波数帯をいかに高速に再生するか?」ということが大きな鍵になってくるでしょう。

 

いくら高い帯域をブーストしたりアタックを演出したところで、肝心のボトムがかったるく遅く立ち上がるのではアンバランスな音になってしまいます。

 

もちろん、ゆったりとした音の伸びが効果的になったり、それが味わいとして良い感じになる場合もあります。

 

しかし、グルーブに悩んでいたり音の立ち上がりや抜けに悩んでいたり、そういった人がレスポンスの悪い楽器を使っていたらやはり、かなり問題ではないかと。

 

そんな不要な苦労なんかせず、素直に楽器の選択を見直した方が絶対に良い。

ナチュラルにレイテンシーがあるようなものを弾いているのは辛いだけ。

 

グルーブしないのは自分のだけのせい?

 

グルーブというのは本当に奥が深いものですよね。

ただでさえ一生悩み続ける可能性がある。

 

繰り返しますが、自分がイメージした通りのタイミングで音が出ない楽器で頑張ろうとするのは、もしかしなくてもきつい話です。

 

そこから叩き上げ独特のグルーブを生む人も存在するとはいえ、それが自分にも当てはまるかは分からないし、条件的に不利になるだけかもしれません。

 

自分の好みとは実は違っていたり、スタイルに適合しなかったり、そんな相性の悪い楽器に気付かず苦労するのがいいとは思えない。

 

どんなに値段が高い楽器だろうと、超一流のプロが使っていようと、そんなことは関係ありません。

 

自分が出したい音が出ないだけではなく、タイミングまでずれているのでは意味がない。 

グルーブのことを考えればむしろ、そのタイミングこそが最重要ではないかとすら感じるところ。

  

タッチレスポンスが良いと音を出すのは本当に楽になります。 

 

縦振動のタッチで弾くにも、他のタッチコントロールで弾くにも 、その反応の良さがあるかないかで面白味はまったく違ってきてしまうでしょう。

 

弾き方で音が活き活きと変わる楽器とそうでない楽器。

 

当然、前者の方がタッチによる音の変化を瞬時に感じられますし、 それだけ音も前に出てきて抜けてくるはず。

 

音抜け感を演出する為、仕方なく高域を持ち上げるなんて必要もなくなってくる。

 

縦振動のタッチで弾けるようになればボトムが遅れることなく、どんどんリズムもプッシュできるようになっていくことを実感できます。

 

ベースは根本的に遅い楽器

 

ギターの切れ味鋭いカッティングやドラムのハイハットの刻みなど、そういった立ち上がりの楽器に対しベースの音が遅れるのは、ある意味では当然の話。

 

対抗するようにベースもスラップしたり、ピックでアタックを出したくもなりそうですが、それが好みでないという人も沢山いるはず。

 

普通の指弾きでボトム豊かかつ、ガンガン前にプッシュしていくのは相当に難しい話です。

 

正直、どんなに反応の良いベースを使っていても根本的に厳しいのに、それをレスポンスの悪いもので必死に頑張るというのは並大抵のことではない。

 

まぁ、色々諦めて、

 

「ベースに存在感は不要!」

 

なんて風に悟ってしまえば、そんな神経質になる必要はないとも思います。

 

たとえばロックでの場合、ギターの刻みに対しベースは低音を補佐する為だけにいるとか、それでもいいのかもしれません。

 

「バンドさえ良く聴こえるならそれで満足」という感覚も楽しさも確かに分かります。

 

でもそれってかなり寂しい話ですよね。

「縁の下の力持ち!」なんて言って落ちついちゃうのも、自分は抵抗を感じます。

 

バンドの為とかサウンド重視と言うならばこそ、独自の存在感があるべきかなと。

そこに甘んじたくないなら、タッチレスポンスについて真剣に考える価値は絶対にある。

 

指を弦に叩きつけバキバキ弾くにしても、レスポンスが速い方が絶対に有利。

 

上の帯域だけ速くて下の帯域はもっさりとか、それだと結局は埋もれるし、ボトムから何から全帯域が高速に立ち上がってくれた方が望ましい。

 

瞬間的なアタックと立ち上がりが命になるのに、そのレスポンスにこだわらなくてどうするのかいう話になるわけです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

成果が出てこそ演奏は楽しくなる

 

様々なタッチを駆使しているのにもかかわらず、違いが大して生まれないのは悲しい話。

反応の悪い楽器による音のタイムラグは本当に致命傷にもなりかねません。

 

このあたりは先日の話からも続くように、アンプシステムの選択も非常に重要。

しかし残念ながら、楽器もアンプも遅いものが溢れているのが現実だから困ります。

 

そこに加えてエフェクターなども通すと、さらに壊滅的になる恐れがある。

そうやって余計なものを追加するのが当然な方法になってるのも怖い話。

 

いくら機材を探しても理想の音にも存在感にもたどりつけないと感じる人、いくら練習しても上達を感じられなかったり成長が止まったままと落ちこむ人など、結構な確率でいることでしょう。

 

それというのは実のところ、楽器のレスポンスが大きく関係してる可能性も否定はできないかもしれません。

 

努力した結果が出てこない楽器ほど悲しく疲れるものはないですね。

 

「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、何を持っても一流であるのは確かに素晴らしいことである一方、「道具を選ぶな!」なんて方向に勘違いしたり、思考停止するのはいかがなものかと。

 

楽器にもシステムにも疑問があるならば、一度本気で見直してみることをおすすめします。

 

当然のことながら、縦振動のタッチの習得に真剣に取り組むのなら、タッチレスポンスについてもっとちゃんと意識した方が絶対に良いでしょう。

 

グルーブに悩むにしても音抜けに悩むにしても、大きな突破口になる可能性は十分にあります。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】