縦振動のタッチの研究 (8) ベースのフォームの重要性

縦振動のタッチ (8)

 

 

指を長く使う

 

縦振動の練習に取り組むにあたり、まずは指の使い方を意識することかと思います。

ジラウドに行った人は、第三関節を上手く使うことを教わるのではないかと。

 

実際、それが本当に大事だと感じます。

一つの運動としても理に適ってる印象。

 

ベースの場合、太くて張りも強い弦と向き合わなければいけないわけですから、指先の方だけ動かして何とかしようというのはなかなか厳しいですね。

 

より大きな力を利用しようというのは自然な話でしょう。

ギター基準で考えるには厳しい現実が沢山あります。

 

まずはフォームを見直す

 

ここで問題なのは、指の使い方以前の話。

 

根本的にフォームが酷いというのはいただけません。

スタート地点がそれがは何をするにも大変な作業になってしまいます。

 

ジラウドでそれを指摘される人も非常に多いのではないかと感じますね。

自分はジラウドによく遊びに行く為、その際に色々なお客さんに出会います。

 

そこで縦振動のレクチャーを受けてる学生さんなどを見かけることもあるわけですが、すでに変な癖が付いてしまっていたりするのを見ると、正直、気の毒になります。

 

「これから大変だぁ・・」

 

と、実体験から青くなってしまいます。

 

・一方の肩が妙に上がり気味

・肘が突っ張っている

・脇が締まりすぎてるか空きすぎてる

楽器を自然に構えられない

・手首がフラフラか逆にカチカチ

指もぎこちなく固まっている

・猫背で頭を下げ首をかたむける

顔を前に突き出し指板をのぞきこむようにしている

 

大袈裟に言ってるようですが、本当にそうなんですよね。

不自然極まりなく窮屈そうに弾いている人が驚くほど多い印象を受けます。

 

もちろん、未知のレッスンを受けて萎縮してしまっている可能性もあるでしょう。

誰かに習うって時点で緊張するものかもしれません。

 

ただ、それにしても酷い場合があるんですよね。

ここまで辛そうに楽器を弾くものなのかと驚かされます。

 

「これじゃ厳しいなぁ」

「良い音出せないだろうなぁ」

 

本当にこう、見ただけで分かることもあります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

楽器のホールド 左手をしっかりさせる事も大切

 

問題なのは右手の方だけではなく、左手の押弦の甘さなどについても同様ですね。

 

これもフォームの問題と連動している話でしょう。

そして残念ながら、こっちはこっちで深刻になってる場合が多々あります。

 

・しっかり弾くにはどうするか?

・弦をいかに振動させるか?

・ブレないようにどう弾くか?

 

これを考えていくと分かりますよね。

縦振動を実現するには、実は右手だけの問題では済まないのだと気付かされます。

 

かと言って、握力に頼ったり握りこんで弾けということではありません。

手首、肘、肩、もっと言えば背中の方など、姿勢を意識することも重要になります。

 

弦高を極端に下げたり、それでも腱鞘炎に悩んだ過去の自分。

それも結局のところ、指先と握力に頼った無茶な運動をしていたからなのだ痛感。

 

軽く触れるぐらいの感覚で弾いているようでも、親指の付け根や手首、腕全体からなにから、相当な負担をかけていたのでしょうね。

 

実際、負担と疲労の蓄積で体を壊してしまいました。

 

楽器の固定が甘ければ、音もそれだけ細くなってしまう可能性が高い。

音を出すその瞬間、不要にふらついてしまえば、それだけ力も逃げてしまいます。

 

体も使ってしっかりとホールドできていなければ、楽器はいとも簡単にフラフラ動き、それだけ無駄な力が必要になったり、音も痩せてしまうのが現実。

 

脱力が大事

 

楽器をしっかりホールドし、より強い力を得ることが重要。

 

一方、力んで体をカチカチに固定してしまうのは違います。

ただやみくもに固めるだけでは、理想とはまったく異なってしまうから難しい。

 

・いかに力を抜くか?

・スムーズに動かすか?

・的確な動きを実現するか

 

これが本当に大切。

 

楽器も体も安定し脱力して弾けることは、長く演奏を続けるにおいても絶対に重要。

縦振動のための指の使い方を考えるのもいいですが、それ以前の問題もあります。

 

どうしようもない癖が付いていたり、力みや怪我の原因があるのならまず、全体のフォームを見直すべきだと考えます。

 

長期における負担の積み重ねが健康を害す可能性もあります。

 

蓄積された怪我は恐ろしいものです。

精神すら蝕むことだって十分ありえる話。

 

だからこそ、安易な精神論や根性論に頼るべきではないと考えます。

 

理屈じゃないは通用しないのが現実

 

「音楽は理屈じゃない!

 

よく言われていることかもしれませんが、まぁ残念ながら、人間の体を使って表現するものである以上、それが通用しない面も多々あります。

 

気合が足りないだので済ましたり、それが格好よく見える時代じゃないですよね。

スポーツ的な観点や運動、それにもっと理解を向けることも大事でしょう。

 

「理屈じゃない!」

 

これが許されるのは全てを超越したような超人、何も教えずとも理想をマスターできるような天才など、そういう類の存在かなと。

 

しかし結局のところ、そこにだって理屈は当てはまるはず。

天才や超人だって結局、『人間』であることには変わりません。

 

そういう意味では、堂に入ってる人や憧れてる人の真似をしてみたり、それも悪いことではないですよね。

 

そこに大きな意味が存在していたとか何も不思議な話じゃない。

 

パッと見るだけでも只者じゃないのが伝わってくる凄みなど、その理由がどこから来るか考える前にまずは真似してみるのは良いことですね。

 

そこから具体的な理屈、前に進むための方法が見つかれば、より高い領域に踏みこめるとも思います。

 

【スポンサーリンク】
 

 

現実と問題を把握・理解する

 

真似はいいけど、その対象が本当にむちゃくちゃで常軌を逸した存在だった場合、その真似が本当にためになるかのかどうか、それはなんともな話。

 

自分とあまりに体格・骨格、柔軟性も異なるような場合も微妙。

どうやったって同じ人間になれるわけがないのも現実というもの。

 

その現実に早く気付くのも重要なポイントですね。

不毛な真似をいつまでも続けるわけにはいきません。

 

・何が自分と異なるのか?

・何が自分に合っているか?

・何が自分には出来るのか?

 

これを把握することが大切。

 

「理屈じゃない!」を現実逃避と思考停止の道具にしてはいけない。

 

その意味において、客観的に自分を見てみるのは本当に良い練習になりますね。

 

自分が練習するにあたり強い味方になってるのは、実は鏡の存在だとも思います。

それも全身がちゃんと映るような大きめなもの。

 

今の時代、映像などを残すのも簡単なことですし、自分の動きの確認をすることには絶対に大きな効果があります。

 

「あ~、こりゃ全然だめだわ・・ 」と落ちこむこともよくありますが、それを確認、把握するだけでも大きな収穫と言えるでしょう。

 

楽器に対し本気で取り組むのであればやはり、全身を見るべきですね。

 

縦振動のタッチの習得を志すならなおのこと。

右手のみを見直すだけで身に付くものではないと痛感する次第。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】