縦振動のタッチ (8) ベースのフォームの重要性

指を長く使う

 

縦振動の練習に取り組むにあたり、まずは指の使い方を意識することかと思います。

ジラウドに行った人は、第三関節を上手く使うことを教わるのではないかと。

 

実際、それが本当に大事だと感じますし、一つの運動としても理に適ってる印象。

 

ベースの場合、太くて張りも強い弦と向き合わなければいけないわけですから、指先の方だけ動かして何とかしようというのはなかなか厳しい。

 

より大きな力を利用しようというのは自然な話でしょう。

 

まずはフォームを見直す

 

しかし、指の使い方以前の問題もあると言いますか、まず根本的にフォームが酷いのでは、何をするにも大変な作業になってしまいます。

 

ジラウドでそれを指摘される人も非常に多いのではないかと感じるところ。

自分はジラウドによく遊びに行く為、その際に色々なお客さんに出会います。

 

そこで縦振動のレクチャーを受けてる学生さんなどを見かけることもあるわけですが、すでに変な癖がついてしまっていたりするのを見ると、正直、少し気の毒になります。

 

「これから大変だろうなぁ・・」と実体験から思ったり。

 

・一方の肩が妙に上がり気味だったり肘が突っ張っている。

・脇が締まりすぎているか空きすぎていて楽器を自然に構えられない。

・手首がフラフラか逆にカチカチだったり指もぎこちなく固まっている。

・猫背で頭を下げ首を傾けたり顔を前に出し指板を覗きこむ様にしている。

 

そんな風に不自然極まりなく窮屈そうに弾いている人が驚くほど多い印象を受けます。

 

もちろん、未知のレッスンを受けて萎縮してしまっている可能性もありますが、それにしても、ここまで辛そうに楽器を弾くものなのかと驚かされます。

 

「これじゃ良い音出ないだろうなぁ・・・」と見ただけで分かることがあったり。

 

楽器のホールドや左手をしっかりさせる事も大切

 

問題なのは右手の方だけではなく、左手の押弦の甘さなどについても同様です。

フォームの問題とも連動してそうですが、こっちはこっちで深刻になってる場合が多々あります。

 

「弦をいかにしっかり振動させるかブレないようにするか?」それを考えると、縦振動を実現するには実は右手だけの問題ではないことも分かってくるわけです。

 

かと言って、握力に頼ったり握りこんで弾けということではなく、手首、肘、肩、もっと言えば背中の方など、姿勢まで意識することも重要になる。

 

弦高を極端に下げたり、それでも腱鞘炎に悩んだ時期が自分にはありましたが、結局のところ、それは指先と握力に頼った無茶な運動をしていたからなのだ痛感しています。

 

軽く触れるぐらいの感覚で弾いているようでも、親指の付け根や手首は勿論、腕全体からなにから、相当な負担をかけていたのだろうなと。

 

実際、負担と疲労の蓄積で体も壊しました。

 

楽器の固定が甘ければ、音を出す瞬間にふらいたり、力もブレてしまうもの。

体も使いしっかりとホールドできていなければ、楽器はいとも簡単にフラフラ動いてしまいます。

 

先日の話ではありませんが、弓で矢を力強くまっすぐ放ちたいのにもかかわらず、その弓も矢も体もプルプルと震えていたり、フラフラしていたら論外でしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

脱力が大事

 

楽器をしっかりホールドしたり、より強い力を得ることが重要とは言え、前述のようにカチカチに体を硬く固定するのは理想とはまったく異なるから難しい。

 

「いかに力を抜きスムーズに動けるようにするか?」

 

それが本当に大切。

 

楽器も体も安定し脱力して弾けることは、長く演奏を続けるにおいても絶対に重要。

縦振動のための指づかいを考える以前にまず、全体のフォームを見直すことが基本になるでしょう。

 

長期における負担の積み重ねが健康を害したり、精神をも蝕むことは十分ありえる話なので、安易な精神論や根性論に頼るべきではないと考えます。

 

理屈じゃないは通用しないのが現実

 

音楽は理屈じゃないなんてよく言われていることかもしれませんが、まぁ残念ながら、人間の体を使って表現するものである以上、それが通用しない面も多々あるものです。

 

気合が足りないなんて話で済ましたり、それが格好よく見える時代じゃなくなってきているわけですから、スポーツ的な観点や運動をもっと理解することが大事なんじゃないかと。

 

「理屈じゃない!」

 

これが許されるのは全てを超越したような人外的存在とか、何も教えずとも理想をマスターできるような人なのではないかって気がします。

 

しかし、その天才とか超人の動きにだって結局、調べてみればそれなりの理屈が存在しているはず。

 

そういう意味では、堂に入ってたり憧れてる人の真似を追及してみたり、そこに実は大きな意味があるんじゃないかと思うところだったりも。

 

パッと見るだけでも只者じゃないのが伝わってきたり凄みを感じさせたり、その理由がどこから来るか考える前に、とりあえずまずは真似してみるのも意外と良いものかもしれません。

 

そして、そこから理屈が見つかれば、より具体的に踏み込めるとも思います。

 

現実と問題を理解する

 

真似してみたはいいけど、その対象が本当に無茶苦茶で常軌を逸した存在だった場合、本当に為になるかのかどうか、それはなんともな話。

 

また、自分とあまりに体格も骨格も柔軟性も異なるような対象が参考になるかは不明。

 

それだったらまぁ、そのまま真似しようと頑張るよりも、何が自分と異なるのかを把握することが大切なんじゃないかと

 

客観的に自分を見てみるのは本当に良い練習になります。

自分が練習するにあたり強い味方になってるのは、実は鏡の存在だとも思います。

それも全身がちゃんと映るような大きめなものです。

 

今の時代、映像などを残すのも簡単な事ですし、自分の動きの確認をする事には絶対に大きな効果があるはず。

 

まぁ正直、「あ~、こりゃ全然だめだわ・・ 」と落ちこむこともよくありますが、それを確認・把握するだけでも大きな収穫と言えるのではないかと。

 

楽器に対し本気で取り組むのであればやはり、全身を見るべきでしょう。

少なくとも縦振動のタッチというのは、右手のみを見直すだけで身につくものではないと感じます。