縦振動のタッチの研究 (2) どんなものなのか? どんな効果を得られるか? 

縦振動のタッチ (2)

 

 

縦振動のタッチってそもそもどんなもの?

 

ものすごく簡単に乱暴にまとめてみると、

 

『太く重い音』

 

これが得られる弾き方と言えるでしょう。

 

倍音構成的には基音が一番大きくなると言うか、そのために太く聴こえる印象。

 

4弦の開放で言えば、40Hzあたりの低音もしっかり出てくることになるはずなので、並のシステムでは再生できないレベルの重低音が出せるようになっていくんじゃないかと。

 

基音がしっかり出て倍音構成がちゃんとしている鳴り方というのは、プリアンプやEQに頼っているのではなかなか実現できないサウンドになります。

 

機材に頼らず太く抜けてくる音。

それを実現したいのであればやはり、基礎を見直すことが重要。

 

『自分の手で音をつくる』

 

この感覚を身につけた方がいいですね。

 

太い音は野暮ったく鈍くさい?

 

むしろその逆になるのが縦振動のタッチ。

低音が遅れず高速に再生される為、太い音を歯切れよく出すことができます。

 

勘違いされがちな印象もありますが、縦振動のタッチは一音を強く無理矢理に出すためだけにあるなんてものではありません。

 

もちろん、「ここぞ!」という場面でどっしりした音を出す考え方もありますし、そういった特殊奏法として温存しておくのも面白い。

 

一方、より自然に実用的に使おうと考えるのであれば、自在なタッチで思い通りに弾ける方が望ましいでしょう

 

グルーブの悩み、音の細さや存在感のなさへの悩み。

そんな根本的な問題に対し、縦振動のタッチの習得は非常に有効な取り組みになります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

どうやって縦振動させればよいのか?

 

どんな感じに弾けばいいものか?

実際にそれを考えていってみましょう。

 

「垂直に押しこまれた弦が元の位置に綺麗に戻ってくるようにする」

「弦を垂直に押しこみ指を素直に真下に通過させるように抜く」

 

まずはこんなイメージをして弾いてみると良いかと思います。

 

弦の初動がとにかく大事であり、その追求になるとも言えそうです。

そこで方向がブレたり弦が暴れると即、出音に影響が出てしまうので注意が必要。

 

弦を綺麗に垂直に押しこむという、これが意外なほど難しい。

それができたとしても、肝心なのはその次に行うべき作業。

指が抜ける瞬間に変な方向に引っぱってはいけません。

 

力任せとはまったく異なる弾き方が必要になる為、相当な精度で弾かないと本当に凄いサウンドにはなってくれないのが現実。

 

だからこそ道は長く険しい。

 

縦振動なんて前からやってた?

 

「音の太さには自信があるぜ!」

「縦振動なんて元からできてる!」

「そういう弾き方なんて常識だろ?」

 

こういう自信満々な人がジラウドに行き、そこで衝撃を受けしょんぼりと帰っていくのも珍しいことではないそうな。

 

実際、自分が弾いても、キャリアの長い人の目が点になることはあります。

 

完全にコントロールするには並大抵の努力ではたどりつけないと痛感。

「出来るようになった!」と調子に乗っては何度も何度もヘコまされました。

 

これで本当、ジラウドの福田さんレベルで実践しようとなると、さらに気が遠くなる様な修練が必要になってくるでしょうね。

 

恐ろしいほどの積み重ねがあって当たり前、ただなんとなくの練習と惰性の弾き方では一生たどりつくことはできなそうです。

 

自分も進んでは後退を繰り返していく内、10年以上が軽く過ぎてしまいました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

動画

 

使うのはほぼ人差し指のみで、指の角度と使い方を調整しながら弾いてみました。

 

力自体はあまり変えてないつもりですが、音の太さは確実に異なります。

特に、最後のローDなんかは、音圧が全く違うのではないかと。

 

※低音がちゃんと出るヘッドホンなどで聴くのを推奨。

www.youtube.com

 

張りが緩くなったりどうしても音程感が悪くなってしまうのが低音弦。

特にローB弦はそれが明らかですよね。

 

それだけに、縦振動との相性がものすごく良いことを実感。

プリアンプなどでブーストしなくても自然に音が太くなりますし、立ち上がりも音程感も改善されます。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com