縦振動のタッチの研究 (2) どんなものなのか? どんな効果を得られるか? 

縦振動のタッチ (2)

 

縦振動のタッチってそもそもどんなもの?

 

ものすごく簡単に乱暴にまとめてみると、

 

『太く重い音』

 

これが得られる弾き方。倍音構成的には基音が一番大きく響くと言うべきか、だからこそ太いサウンドに聴こえるわけですね。

 

当たり前のように使う4弦開放の基音は約40Hz。並のシステムでは再生できないレベルの重低音。これがしっかり出てくることになるって実はそれだけでもとんでもない。

 

基音がしっかり出て倍音構成もちゃんとしている鳴り方って本当に凄い。プリアンプやEQに頼っているのではなかなか実現できないサウンドになります。

 

逆に倍音ばかりを強調、大して低くない帯域をベースの音だと認識してるのでは細く頼りなくなるのも必然。分かっててやるならスタイルとして成立しますが、知らずに悩み続けるのは出口が見つからず辛い。

 

機材に頼らず太く抜けてくる音。それを実現したいのであればやはり基礎を見直すことが重要。そのための縦振動のタッチの習得。一生事にもなる価値がある取り組み。

 

『自分の手で音を作る』

 

この感覚を身に付けると本気でベース人生変わります。

 

太い音は野暮ったく鈍くさい?

 

むしろその逆になるのが縦振動のタッチの面白さ。低音が遅れず高速に再生されるのが醍醐味。ブッとい音を歯切れよく出すことができるのが大きな魅力。

 

勘違いしたくないのは「縦振動=力任せ」みたいに考えてしまうこと。太い音を無理矢理に出すための奏法なんてものではありません。

 

名前からイメージして特殊奏法みたいに認識するのはよろしくない。より自然に実用的に使える方が望ましい。一音だけブッとく鳴らせるとかそれじゃ使える場面があまりに限定的。

 

グルーブの悩み、音の細さや存在感のなさへの悩みなど、そんな根本的な問題に対し縦振動のタッチの習得は非常に有効な取り組みになります。だからこそ極端なイメージを持ってしまうのはおすすめできません。

 

自在に自由につかえるからこそ演奏も楽しくなる。特に強く意識も考えもせず常にブッとい音を出せた方が良い。

 

【スポンサーリンク】

 

 

どうやって縦振動させればいいのか?

 

どんな感じに弾けばいいものか?実際にそれを考えていってみましょう。

 

・弦を垂直に押しこみ指を素直に真下に通過させるように抜く

・垂直に押しこまれた弦が元の位置に綺麗に戻ってくるようにする

 

まずはこんなイメージをして弾いてみると良いかと思います。

 

弦の初動がとにかく大事。その追求になるとも言えそうな縦振動のタッチ。その初動の振動方向がブレたり弦が暴れるとそれが即出音に影響が出てしまうので注意が必要。

 

弦を綺麗に垂直に押しこむと言えば何だか簡単そう。でもこれが意外なほど難しい。それができたとしても肝心なのはその次に行うべき作業。指が抜けるその瞬間、弦を変な方向に引っぱってはいけません。

 

力任せとはまったく異なる弾き方が必要になる為、相当な精度で弾かないとなかなか凄いサウンドにはなってくれないのが現実。だからこそ道は長く険しい。ちょっとやって諦めるのではなく地道な積み重ねを意識していくことを推奨。

 

縦振動なんて前からやってた?

 

「音の太さには自信があるぜ!縦振動なんて元からやってるしもう出来てる!ってかそういう弾き方するのが常識だろ?」

 

こういう自信満々な人がジラウドに行き意気消沈。とんでもカウンターをもらい衝撃を受けしょんぼりと帰っていくのも珍しいことではないそうな。

 

実際、自分が実践する縦振動でもキャリアの長い人の目が点になることはあります。そしてその遥か上を行くのがジラウド店主の福田さん。

 

完全にコントロールできるようになるには並大抵の努力ではたどりつけないと痛感。「出来るようになった!」と調子に乗っては何度も何度もヘコまされてきたのが現実。

 

気が遠くなる様な修練、 恐ろしいほどの積み重ねがあって当たり前。ただなんとなくの練習と惰性の弾き方では一生あの領域に辿り着くことはできなそうです。

 

自分も進んでは後退を繰り返していく内、10年以上が軽く過ぎてしまいました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

動画

 

使うのはほぼ人差し指のみ。指の角度と使い方を調整しながら弾いてみました。力自体はあまり変えてないつもりですが音の太さは確実に異なります。特に最後のローDなんかは音圧がまったくの別物に。

 

※低音がちゃんと出るヘッドホンなどで聴くのを推奨。

www.youtube.com

 

張りが緩くなったりどうしても音程感が悪くなってしまうのが低音弦。特にローB弦はそれが明らか。ビシッとしてるどころか緩々でも珍しくない。極太だからって力任せに弾くと悲惨。

 

それだけに縦振動との相性は抜群。プリアンプとかでブーストしなくても自然に音が太くなること間違いなし。立ち上がりも音程感も劇的に改善されます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com