アクティブベースのデメリットとリスク 電池を笑う者は電池に泣く

アクティブベースと電池 その宿命

 

電池にご用心

 

前回の話と同様、電気楽器の基本については色々考えさせられます。

 

『電池の質』

 

これを馬鹿にすると酷い目に遭いますね。

 

アクティブ楽器のリスクや宿命とも言えそうかな?

 

『はずれ=トラブルの元』

 

こうなってしまうから恐ろしい。

 

【スポンサーリンク】

 

 

新品でも油断できない

 

ジラウドを訪問した際にチェックしてもらった、とある電池。

こいつには泣かされましたね。

 

『電圧 8.5V』

 

新品にもかかわらず、こんな低電圧状態。

 

しかも初期電圧の計測で8.5Vです。

使用時にはさらに下がっている恐れがあるわけです。

 

冗談抜きにこれは死活問題ですね。

新品でこれじゃ不良品だろうと言いたくなる。

 

もちろん、悪い影響も露骨です。

特にブースト時の音の違和感が酷いなんてもんじゃない。

 

強く弾くと歪んだり、音が不自然に小さくなるだけでも論外ですが、そこからの反応がまたおかしいから困ります。

 

音を鳴らした後に電圧がちょっと戻るということなのかな?

 

音を伸ばした後に変な風に音が大きくなって戻ってくると言いますか、後鳴りしてくる感じが最悪でしたね。

 

質の悪いコンプでも通したかのような、えらく不自然な出音になってしまった次第。

 

電池の質にこだわらないは通用しない

 

音の好みがどうとか、独特の特性がどうとか、そういうことは知りません

 

「マンガンかアルカリか?」

 

こういう話にもそんな興味はありません。

自分的にはアルカリ一択なので、そもそもマンガンは使わない。

 

要するにです。

 

『低品質

『単なる不良品』

 

こいつに関しては好み云々の以前の問題だと考えます。

最初から低電圧、品質も安定してないとか勘弁願いたいですね。

 

アクティブのベースをクリーンに気持ち良く鳴らしたいのであれば、これはもう、元気な電池の方が絶対に良いに決まってます。

 

音を出すことすら危ういような安物や胡散くさい電池。

こういうのには手を出さない方が賢明ですね。

 

アルカリとはいえ駄目なものは駄目。

と言うか、前述の電池がまさにそうでした。

 

高品質で通ってたので心底残念です。

 

【スポンサーリンク】
 

 

電気楽器は電気があるから楽器になる

 

変な話、パッシブはシンプルでいいですよね。

電池の心配をする必要がないし、その分だけ安上がりで手間もかからない。

 

インピーダンスの問題はありますが、電池のトラブルとコストの心配がなくなるって、それだけでかなり嬉しいポイントだなと。

 

そんなことを考えていくとあれですね。

内蔵するのは低消費電力のバッファぐらいで済ますのも良い気がしてきます。

 

エフェクターなどペダルには安定した電源を用意して、アウトボードで使う方が確実なのかなとも思うところ。

 

自分が使うジラウドのプリもバッファも電池の持ちはすごく良い方なんですが、それでもやっぱり、油断は禁物ですね。

 

積極的にブーストして使ったり、長時間のハードな使用が続くなんて場合、残量に対しては常に気を配る必要があります。

 

長期間の使用が可能なだけに、逆についついケチってしまうパターンもあるから厄介。

そういう甘い考えは危険なのだと思い知らされます。

 

「電気楽器の命は電気!」

 

肝心なところでガス欠で戦えない、備えもないなんてのは笑えません。

 

www.pompombass.com