HPMの電源 電気楽器は電源が命 低容量・低電圧では頼りない

HPMの電源

 

f:id:bakibakibass:20170406221152j:plain

 

おすすめは12V電源

 

9V~12Vの電源が使えるこのHPM。 

やはりと言いますか、12Vで使用した方が余裕があって安定もする印象。

 

ヘッドホンでの使用なら9Vでもそれほど問題はなさそうですが、スピーカーを鳴らすとなると話が一気に変わってきます。

 

それなりに吟味しないと良い結果が得られない可能性が高い。

 

自分の場合、以前はコルグだったかの12Vのアダプターを使用していましたが、最近は知人に作ってもらった電源を専用のものとして使っています。

 

安物とスイッチング電源には注意

 

経験上、安物についてはもちろん、スイッチング電源かと思われるアダプターにも痛い目に遭わされましたね。

 

必要な電力を瞬時に供給できないのか、なんでしょうね?
酷いのになるとLEDが消えかかったり、音もぶつ切れになったり最悪。

 

電源がしっかり安定化されていない場合、満足に性能を発揮できないどころかもう、それ以前の問題にもなってきます。

 

音を出すことすら怪しくなってしまうという、それは本当に論外ですね。

 

「軽量小型大出力!」

 

こういう感じのものが今では珍しくない分、気を付けた方がいいポイントです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

電気楽器なんだから良い電源の方がいいのは当たり前

 

電源って意外と軽視されそうなところな気がしますが、このへんはやはり、エレクトリック楽器の基本を頭に入れておくべきでしょう。

 

「電気がなけりゃ音は出ない」

 

これが動かぬ真理。

 

「生音は出るぞ!」なんて屁理屈はいりません。

 

電源にこだわることはオカルトでもなんでもないですよね。

 

『燃料がなければ動かない』

 

当然の話というもの。

 

でかい音を出すなら尚更そうですね。

貧弱な電源ではいろいろな意味で心もとないし、安定してる越したことはない。

 

切れかけの電池で大出力のアクティブベースを鳴らすとか、そんな状態で電源なんかどうでもいいとか言うなら、それ、ただの思考停止と現実逃避ですね。

 

ぜんぜん格好良くもなんともありません。

 

動画

 

そんなわけで、数年前にやってみた実験動画でも。

最初のは12V、次に9V、最後に電池でPAスピーカーを鳴らしてみました。

 

 

 

 

12Vだとスラップもできるところ、9Vだと強めに弾くと歪んでしまいます。

 

電池に関しては当然のことながらパワー的には論外。

LEDを見るとそれが視覚的にも分かりやすいですね。

 

ちなみにですが、前述したような酷いアダプターとかを使ってもこの電池動画と感じになる為、悪ふざけと笑っていられる話でもなかったりします。

 

安定した電源と出力でちゃんと再生することには想像以上の意味があります。

 

ベースのダイナミクスや瞬間的なパワーを侮ってはいけません。

現実的な範囲内でこだわれるところはこだわった方がよいでしょう。

 

せめて電池ぐらいは良いものを使うことをおすすめします。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com