JIRAUD HPM ベース用ヘッドホンアンプ 夜間・深夜の練習にも最適

JIRAUD HPM ヘッドホンアンプ

 

 f:id:bakibakibass:20170406221152j:plain

 

ヘッドホンで練習するならこれ

 

ジラウドで初めて購入した製品がこのヘッドホンアンプ。

 

もう軽く15年前後は愛用していることになるこいつ。

いまだに大活躍で本当に頼れる相棒です。

9V電池でも駆動するので移動先で使うにも便利。

 

今でこそヘッドホンでの練習環境も充実してきていることかと思いますが、ま~、これを手に入れた頃は良いものなんてほとんどありませんでした。

 

某社のベース用ヘッドホンアンプが話題になった時期なんかもあったけれど、正直、このHPMとはまったく比較にならない酷いもの。

 

と言うか、それがあまりに酷かった為、ジラウドがヘッドホンアンプを作る気になったなんて話だった記憶が。

 

【スポンサーリンク】

 

 

大音量 低音まで余裕の鳴り

 

このヘッドホンアンプの魅力はとにかく大出力なこと。

実はスピーカーを駆動することも可能なぐらいのパワーを持っています。

ヘッドホンをしながらの練習で音量が足りないなんてことはまずありません。

 

音が割れたり歪んでどうしようもないなんてことは皆無。

 

歪むとするならばそれはヘッドホンの方に問題があるか、耳がブッ飛ぶレベルの音量になってるんじゃないかと。

 

音質の方もとにかくクリアでモニターに最適。

入力する楽器の音をそのまま再生するシビアな特性な分、練習にもってこい。

CDなどの音源と同時に鳴らしても音がぜんぜん濁りません。

ベースの音と両方クリアに鳴らせる為、音源と合わせて弾くにも最高です。

 

忘れちゃいけないのが『アクセラレータ』の存在。

ジラウドオリジナルのバッファを搭載。

つまりパッシブ楽器でも問題なく使えます。

 

その音の生々しさ、リアルなサウンドに驚かされます。

 

ちょっとしたオーディオにも

 

上記のパワーを利用した裏技と言いますか、オーディオアンプとして使用しても実は意外と良いんですよね。

 

実際、ジラウド店内ではこれを使用してCD用のモニターを鳴らしています。

オリジナルのアルニコモニターををHPMで駆動させているのですが、いや、これが結構凄いんですよ。

 

驚くほどストレートで活き活きしたサウンドにオーディオマニアもブッ飛ぶかもしれません。

 

余計なものがないそのシンプルな回路が功を奏してか、変なアンプよりもHPMの方が遥かにクリアーだったりするから面白い。

 

恐ろしいほど軽量、手の平に乗るようなサイズ。

でも本当、まったく侮れません。

むしろ、びびります。

 

能率の高いスピーカーがあれば意外なほどの音量を出すことも可能。

大袈裟ではなく、多目的アンプとしても成り立ってしまうポテンシャルがあります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

JFDT-HAにも搭載

 

ちなみにですが以前に紹介したJFDT-HA。

あれにもHPMが内蔵されていたりします。

 

ジラウド店内で使用しているのもそちらのHPMですね。

1Uのシンプルなラックプリですが本当に至れり尽くせり。

 

HPMとJFDT-HA。

自分の人生において凄まじい貢献をしてくれています。

 

楽器を良い音で鳴らすって基本なこと。

でもだからこそ、もっと真剣に考えるべき問題だと声を大にしたい。

 

大袈裟ではなく、楽器の出音からタッチから何から、そのすべてが変わります。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com