当たりの楽器の謎 エージングの醍醐味 不確定な面白さ

当たりの楽器の存在と魅力・寂しさ

 

当たりのジラウドベース

 

今まで数えきれないぐらいのジラウドベースを試奏してきた自分。

 

やっぱりあるんですよね。

 

『 当たり 』

 

こう呼べる個体が稀に誕生するのを知っています。

 

最初からエージングされているような音が出てしまう脅威の個体。

何年も弾いてきた自分の楽器と比べても悔しくなるようなやつ本当にあらわれます。

 

・最初から物凄くバランスが良い

・音に統一感があり気持ちいい

・弾いてて楽しく飽きない

 

こういう存在があったりするから不思議な話。

凄まじいボトムを当然のように叩き出したりもするから恐ろしい。

 

そこからさらに成長していくのか?

それともすでに落ち着いてしまっているのか?

 

この点についてが謎ですが、いずれにせよ、ド新品でもすでに完璧かと言いたくなる個体が存在するのは確かです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

楽器の鳴りと塗装の影響

 

「未塗装の鳴りは凄い!」

 

これ、よく聞く話ですよね。

 

ジラウドでも聞いたことがありますし、何も塗装していない状態の楽器の鳴りは本当に凄いと耳にします。

 

しかし、そこに分厚い塗装を施すのが多くの楽器の現実。

そして、残念に結果になることも珍しくはなさそうです。

 

たとえオイルフィニッシュだったとしても、塗装することに変わりはないらしく、やはり、完全に生の状態とは異なることになってしまうとのこと。

 

真の意味での未塗装とは違うわけですね。

 

分厚いポリ塗装をすべて剥がした経験があったりしますが、そのドン引きするような厚みと頑丈さに悪戦苦闘した思い出。

 

あれ、マジでびっくりしますよ。

木の鳴りがどうとか安易に言えなくなります。

 

あれじゃ確かに、鳴りに影響ありますよね。

実際、生音の大きさも出音も大きく変化したと実感します。

 

塗装が全てではない エージング次第で楽器は生まれ変わる

 

ポリ塗装の楽器の鳴りは絶望的なのかと言うと、これがそうではないんですね。

エージングという名の醍醐味、長く弾きこんでいけば別物なぐらいに成長させることだって可能。

 

結局のところ、しっかりと弾き続けることが大切というわけです。

 

自分が持っているジラウドのW-BASSは前述のような当たり個体だったらしく、最初のオーナーいわく、最初からほぼ完璧な音がしていたそうな。

 

エージングの話とはちょっと逸れてしまうようですが、ここで大事なのはポリ塗装という点。

 

ラッカーでもオイルでも生地そのままでもありません。

普通にポリ塗装です。頑丈なあの塗装です。

 

要するに塗装がなんでも楽器は鳴るし、弾けば鳴ってくるということですね。

 

先輩ジラウドユーザーの驚愕のジャズベース、あのベースもポリ塗装だったはずですし、他にもポリ塗装でよく鳴っている個体に数多く出会ってきました。

 

・その楽器がどれだけのポテンシャルを持っているのか?

・所有者がどれだけ弾きこんできたか?

・どれだけ長く使いこんで好きになれるか?

 

塗装方法がなんであれ、これが問われてくると。

 

「当たり以外は全部はずれ!なんて考える必要はないですよね。

 

「スペック的に優れてるから」なんて理由だけで楽器の良し悪しを判断するのもどうなのかと思いますし、それではかえって判断を狂わせるような気がしてしまいます。

 

直感でも理屈でもなんでもいいですよね。

 

・どれだけ気に入った楽器に出会えるか?

・それをどこまで弾き続けることができるか?

・成長する確信、させられる自信があるかどうか?

 

これが楽器選びにおける重要なポイント、正解の見つけ方かなと。

 

【スポンサーリンク】
 

 

信じて弾き続ければ楽器は成長する

 

・先を期待できる

・信じて弾き続けられる

・それに応えてくれる

 

こういう楽器に出会えることがどれほど幸せなことか?

今のメインベースを弾いていると心底それを実感できますね。

 

最初の鳴りを知っている分、エージングも素直に信じることができます。

 

ここだけの話、

 

「・・・?」

 

こうなることも多かったんですよ、入手当初。

 

そういう意味では最初から鳴りまくっている場合、それはそれで少し寂しいような気もするし、育てる楽しみが減ってしまうとも言えるのかもしれませんね。

 

まぁ、良い楽器であればそれが何よりなのも確か。

最初からそうあるに越したことはありません。

 

でも、そこを超えた体験をするのも良いですよ。

だから言うわけです。

 

『 エージング 』

 

これをじっくり楽しむのも一つの醍醐味、幸せですよと。

 

この面白さをあれです、オカルトだのうさんくさいだの、そうやって利口ぶって切り捨てるのはつまらない話。

 

・好きな楽器で上手くなる

・音もどんどん良くなる

・楽しく幸せになれる

 

これを疑ってなにが楽しいのかと。

 

楽器って弾きこむと本当に変わります。

買ったり売ったりを繰り返し、疑い続ける人生はごめんですね。