BagEnd S15X-D 15インチ同軸フルレンジスピーカー ベースモニター

BagEnd S15X-D

 

f:id:bakibakibass:20170324024255j:plain

 

一番気に入ったスピーカー

 

色々と試して中、すぐにピンと来たのがこのバグエンド。

現実的な価格で手に入る中で最も気に入ったスピーカーです。

 

ウーハーとツイーターの同軸仕様というのがユニークで美味しいポイント。

全ての音域がスムーズに繋がり、妙な分離感がなくて良い。

 

これは多弦ベースにおいては特に有効であり、威力を発揮する特性でしょう。

 

15インチと大口径ですが、レスポンスが鈍重なことなどもありません。

むしろ、複数のスピーカーを組み合わせたものより良い感じ。

 

スピーカーが増えるほど音がボヤけてしまうような、妙な干渉が起こる印象。

 

「ドン!」

 

といさぎよく、一発だけってのがナイス。

 

あざとい癖を求めるのはちょっと違う

 

単発の良さとは逆に、もっと風が吹くような鳴り方、色々混ざった複雑な音が好きな場合、物足りなく感じられる可能性はあります。

 

過激に効くツイーターや派手目な音が好きでも同様ですね。

 

サイズもほぼ限界までコンパクトにされていたり、実のところ、『ベース用』と分類するにはかなり独特か、意外と特殊なスピーカーとも言えそうです。

 

正直、固有の強烈なキャラクターは求めない方が正解なのかもしれません。

良くも悪くもモニター的と言うか、持っている以上のものは出さない印象。

 

ただの優等生ではない

 

モニター的とは言え、ただ単にスッキリしてるだけって存在じゃないのがバグエンド。

 

オーディオ的に綺麗にまとめるとか、大人しく引っこんだつまらない鳴り方とは異なるのが素晴らしい。

 

ドカン!と鳴らせばそのままドカン!と出てくれるのがなんとも魅力的。

楽器的な部分とモニター的な部分を美味しく両立しているのではないかと。

 

「ジャズ向き」とか「ロック向き」とかそういい分け方をする必要がないんですよね。

プレイヤーが好きなように音をつくって鳴らせば、その通りに出てくれます。

 

ある意味、まったく気を使わなくても済むアンプですね。

 

「なんでもこいやですよ!」

 

こう、大きく強く優しく言ってくれる感じ。

 

BAGEND 《バグエンド》 S15X-N [15"×1 with Coaxial AX-HI Drive,300W@8Ω]【あす楽対応】

 

プレイヤーが好きにすればいい

 

あれ向きだの、これ向きだの、ジャンルも弾き方も意識する必要がない。

味も素っ気もなく、硬質な音が鳴るPAスピーカーとも違う。

 

来るもの拒まずな懐の広さ、シンプルな鳴り方が魅力なのがバグエンド。 

ツイーターが好きじゃないならノンツイーターモデルもあります。

 

フルレンジモデルでも楽器側かヘッド側でハイカットすればいいし、アップライトやフレットレスのプレイヤーでも問題なく使えるでしょう。

 

知人の話によると、これの下にノンツイーターの12インチモデルを追加してもかなり良いらしいので、チャンスがあったらそれも試してみたいところ。

 

BAGEND S12-B

BAGEND S12-B

 

他にも、超コンパクトな10インチ1発のモデルも面白い存在ですね。

 

12インチを低音用として使い、10インチを乗せて中域から高域用。

もちろん、12インチだけ10インチだけという使用も耳にします。

 

12インチのモデルに関しては、ノンツイーター仕様ならではの魅力とクオリティに定評がありますし、実際、ベースアンプらしさをあえて狙うならかなり美味しい存在だという印象。

 

目的用途に合わせて複数所有するのも便利そうです。

 

BAGEND  S10X-B

 

BAGEND S10X-B

 

どのモデルも基本的に物凄くコンパクトな仕上がり。

それも恐らく、音の締まりを生む要因なのでしょう。

 

一方、安易に軽量モデルを出さないあたり、さすがのこだわりを感じます。

 

非常に高次元な位置に存在する、素晴らしいスピーカーブランドですね。

 

【ブログカテゴリー】