Cerwin-Vega V-153 PAスピーカーでベースを鳴らす

Cerwin-Vega V-153

 

.f:id:bakibakibass:20170321123659j:plain

 

ジラウドの試奏システム

 

知っている人にとってはお馴染みのスピーカーですね。

まったく同じモデルかは分かりませんが、あの試奏環境を再現しようと手に入れたスピーカーです。

 

これでパワーアンプもVESTAXならそっくりになるんですが、現在では入手困難なのが残念。

その為、まぁとりあえず、そこまでは徹底的に真似しなくてもいいかと考えているところ。

 

そもそもこのスピーカーだってそこまで大した代物ってわけではありません。

定価自体も相当に安いんですよね。

 

「厳選の末の極上品!」

 

なんてことは間違ってもないんじゃないかと。

 

ベースアンプが嫌い

 

そこまでシリアスにチョイスしたわけではないサーウィンベガ。

 

しかし、そんなものにすら大きく劣っているのがベースアンプの世界。

ほとんどの場合、メチャクチャな特性で癖の強い仕上がりになっている印象。

 

ツイーターが付いていたとしても、駄目なものは駄目。

それだけでワイドレンジにクリアに仕上がるほど都合よくはない。

 

このベガですらクリーンにフラットに聞こえてしまうのは悲しい話ですね。

 

「ベースはベースアンプで鳴らすもの!」

 

こういう固定観念に縛られるのは勘弁願いたい。

恐ろしいほどにレンジの狭い世界しか知らないのはまずい。

 

「低音が気持ち良ければそれでいい!」

 

こんな意見もありそうですが、ベーアンってやつはあれです。

その肝心の低音も意外と大したことなかったりするから困ります。

 

それこそ、ジラウドフルチューンのスラップモードやフルブーストサウンド、これを知っているなら楽器用スピーカーからは頭が離れていくでしょう。

 

ベース用製品の中から選ぶにしても、本当に良いものを探すようになるはず。

 

オーディオ的だハイファイだの言ってもその実、特性もレスポンスもろくなものじゃなかったりするのがベースアンプの世界。

 

いいかげんな売り文句なんかは相手にしない方がいいですね。

 

絶対な存在ではない、しかし知らないのは絶対損

 

「PAスピーカーこそが真実!」

 

こんなことを言いたいんじゃありません。

実際、ベース用の中にも素晴らしいものは存在しています。

 

PA用と言っても癖のかたまり、ローがスカスカなんてやつも当然あります。

 

でもやっぱり、伝えたいですよね。

ベースにはベースアンプを使うものという、それを打ち破った世界も存在すると。

そんな狭い価値観が絶対じゃないと声を大にしたいです。

 

それがしかも、今の時代、かなりお手頃に手に入ったりもするわけです。

積極的にその存在を知って利用すべきではないかと。

 

また、そういったものをオーディオとして使う人も出てきているのが面白い話。

 

高能率スピーカーに業務用パワーアンプの組み合わせ。

大人しく綺麗な音に慣れている人にとっては、確かに衝撃なのかもしれませんね。

 

ローファイな音しか知らなかったり、それで苦労している人達がいるとしたら、スピーカーを見直してみるのはおすすめ。

 

音の価値観、世界観、自分の音も激変します。

 

音の出口が大事

 

どんなに楽器本体や技巧にこだわろうが、困った現実があります。

音の出口が酷ければそれでもう、全てが台無しにもなりかねない。

 

レンジが広くレスポンスも速ければ、上達のスピードも音づくりの感覚も劇的に変わっていきます。

スラップやタッピングなどについても、必死こいて鳴らす必要はなくなる可能性がある。

 

ツイーターの存在すら知らないなんてことなら尚更ですね。

 

もしもです。

 

「PA用なんて楽器には使えない!」

「機械的で音楽にならない!」

「ベースアンプじゃないと壊れる!」

 

こんなことを言うのだったら考えてみましょう。

 

・大音量のライブでお客さんは何から出る音を聴いてるのか?

・CDや音楽を聴くのにローファイなベースアンプを鳴らすのか?

・そもそも『ベース用アンプ』って何のこと?

・その定義と音作りって誰が決めるの?

 

自分はこういう疑問を抱きます。

 

少なくとも、

 

「高域をなくしたらベースアンプになる」

 

こんな認識した物作りをするのは反対ですね。

 

時代遅れと偏見にもほどがあります。

 

【ブログカテゴリー】