ART SLA-2 PA用パワーアンプでベースを鳴らす

ART SLA-2 パワーアンプ

 

f:id:bakibakibass:20170318140453j:plain

 

PA用パワーアンプ

 

JFDT-HAを鳴らすために購入したパワーアンプ。

 

と言っても「これ!」と厳選したわけではありません。

中古品を安く購入しただけだったりします。

 

それでも楽器用のものに比べればこちらの方がはるかに特性は素直でしょうね。

極端な味付けがされたアンプは好みではない為、PA用の方が自分には合っています。

 

耐久性や出力の問題を考えるとオーディオ用は選択肢から外れますし。

 

後、価格の面から言っても、手頃なPA用のものは助かるところですね。

5万円もしないで数百Wのパワーアンプが手に入るのだから凄い時代ですほんと。

 

ベースアンプが嫌い

 

元々、ベースアンプに対する疑問というのを早い段階で持っていましたが、ジラウドの試奏システムを体験することでそれが確信に変わりました。

 

癖の強いアンプというのはもうそれ自体がエフェクターみたいな存在ですね。

そこで勝手にキャラクターが決められてしまうのは納得できない話なわけです。

 

JFDT-HAを入手した当初、実はパワーアンプとスピーカーは持っていませんでした。

 

使っていたのは安物のベース用コンボ。

いくらプリ部をスルーしたとしてもその性能は活かせません。

 

あらためてPA用パワーアンプとフルレンジなスピーカーを組み合わせた時は本当に感動しましたね。

 

一気に世界が変わってしまいます。

そうなると当然、上達のスピードも変わることに

 

ちなみに、その時使っていたのは出力違いの『SLA-1』

これも安価ですが変な癖のベースアンプとは比較にならなかった印象。 

 

面白いことに、元々の所有者は一緒にバンドやってたギタリスト。

チューブアンプが嫌いってことで、ソリッドのプリアンプと組み合わせてガンガン鳴らしてた思い出。

 

発想を変えると使える機材って沢山あるものです。

 

ART SLA-1

ART SLA-1

 

アンプにくどい味付けなんかいらない

 

『音』というのは好みの世界ではありますが、変に意地を張って視野が狭くなってしまうのは考えもの。

 

ましてや、誰かが作った強制的な味付けによるものしか知らないというのは、かなり問題があることだと認識しています。

 

と言うか、楽器用アンプの特性って本当に酷いですね。

 

いまだにそういったものばかりが溢れている現実に心底疑問を抱きますし、いくらなんでも時代遅れすぎるだろってツッコミたくなります。

 

結局はラインの音がメインになったりする場合、凝ったベースアンプなんてものが必要なんだろうかとそれも疑問。

 

なんにでもケチャップやマヨネーズをぶっかけたり、カレー味にしちゃうみたいな感じは勘弁願いたい。

 

シンプルにそのまま出してくれる感覚を知ると価値観変わりますよ。

 

自分のタッチで自分の音を鳴らしたい

 

ベースアンプならではの快楽的ドライブサウンドは確かに気持ちいいものです。

その音圧を背中で感じたり、バンドと一体になって全身で体感する魅力は素晴らしい。

 

それは自分にも分かりますし、単純に気持ちいい。

時代云々を超越した音を叩きだす存在もあることでしょう。

 

一方、そんな個性的な方向からも離れた中途半端なアンプってのがあるから困った話。

オーディオ気取りみたいな、ああいうのは何が良いのかさっぱり分かりません。

 

わざわざ楽器用に作って独自のキャラを売りにするなら尚のこと、シンプルな方向を目指したいい気がするんですけどね。

 

・まともなプリアンプとパワーアンプ

ちゃんとしたフルレンジのスピーカー

・タッチやピッキングがそのまま出せるシステム

 

こういう組み合わせを知らない人は一度試してみた方がいいでしょう。 

ギターのおまけ的に作られたシステムとは次元の異なるサウンドを出せます。

 

「リバーブ抜いてハイカット!」

「ベースアンプの出来上がり!」

「高域出しときゃハイファイオーディオ!」

 

こんなナメたアンプが幅を利かせてるかとか、もうやめましょうと。

 

【ブログカテゴリー】