JIRAUD JFDT-HA 究極のベース用プリアンプ フルディスクリート

JIRAUD JFDT-HA

 

f:id:bakibakibass:20170316212150j:plain

 

我が人生における最強プリアンプ

 

ジラウドを語る上で絶対に外せないであろうこのプリアンプ。

所有して軽く10年以上は経ちますが、いまだにこれを超えるものには出会ってません。

 

小型軽量だったり利便性の意味で優秀なものも世の中にある一方、やはり、音という一点についてはどうやっても比較にならないですね。

 

これ以上のものを求めるのはもう無理だと悟っています。

他を探す気もまったく起きない次第。

 

何が魅力? そのまま再生するだけ!

 

「こいつは凄いぜ!」と語りたい一方、意外と難しいのがその音の説明。

 

具体的にどう音が良いのか?

それを問われても、言葉にするのは困るところがあったりします。

 

結局はプレイヤーのタッチと楽器本体、そこ次第なんですよね。

それをそのまま増幅するだけという、シンプルな存在。

 

だからまぁ、人によってはつまらないキャラだと感じてしまう可能性もあるかなと

 

とは言え、これほど楽器的に活きた楽しい音がするものはありません。

その異次元的に高速なレスポンスが超気持ちいい!

 

でもあれです、

 

「とにかく歪まずハイファイでクリアー!」

 

なんて言っても、同じような売りのものは他にあったりしますよね。

 

「なんだ・・オーディオ系かよ・・」

 

こんな判断しそうな人もいそうなところ。

 

だけど違うんですよ。

オーディオ的で平坦なものとはまったく次元が異なります。

 

まさにプレイヤーのためにあるアンプ。

それをそのまま100&再生するための存在です。

 

結局、その圧倒的な解像度とレスポンスは実際に弾かないと分かりません。

 

超高性能EQも搭載 多機能便利 でも? 

 

具体的な分かりやすさで言えば、40V駆動によるJFDT-Cの性能が凄いのも確か。

特にスラップモードの驚異的なサウンドは他に類を見ません。

 

聴いたことのないような音がバンバン飛び出てきます。

 

でも実のところ、それはあまり使わなかったりもするんですよね。

スイッチを入れてボリュームを上げるだけってのがほとんど。

 

ツマミをまずセンターにフラットにとか、それすらやりません。

そもそも、EQをスルーした状態が主なセッティングだったりします。

 

でもそれでいいんです。それだけでよい。

スピーカーもパワーアンプもまともなら、EQを通す必要を感じなくなります。

 

これを弾いちゃうと本当、楽器用アンプのほとんどに興味を失いますね。

それらがいかに安っぽく余計なことをしているか、凄く冷めてしまいます。

 

パッシブ楽器で弾くのも超良い ストレートの魅力と威力

 

あらゆる意味で異次元なクオリティを感じるJFDT-HA。

パッシブ楽器を通すとその素晴らしさがよりストレートに分かります。

 

インボードでもアウトボードでもそのクオリティに圧倒されるジラウド製品。

40V駆動になるこのHAではそれがさらに凄まじいことになります。

 

その恩恵をつまらないエフェクターやプリで潰してしまうのはもったいない。

 

そういった物の類がどれだけ音を痩せさせるか劣化させるか?

一度体験すれば価値観がひっくり返るでしょう。

 

音抜けに悩んだり、機材探しに苦しんだり、ばかばかしくなりますね。

 

あれこれやればやるほど、理想とは遠ざかっていくのが現実。

エフェクターはあくまでエフェクターだと割り切る方が楽なものです。

 

まさに生涯の宝!

 

このプリアンプがない人生はちょっと考えられませんね。

すでに生産が終了してるのもありますし、100万出されても手放す気にはなりません。

 

購入当時は本当にまったく貯金がないような状況でしたが、こうして財産になることを考えると安い買い物でした。

 

いや本当、無理してでも手に入れて良かったなと。

安っぽい言い方なようですが、一生の宝物ってやつですね。

 

これ以上とか考えられない!ありえない!

 

※ありました・・

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】