電気楽器に生音は関係ない? マグネットPUは弦振動にだけ反応する?

エレクトリック楽器と生音

 

どんな理屈で生音の無視をするのか?

 

ソリッドボディとマグネットPUの組み合わせ。

この仕様が主になるのがエレクトリックベースとギター。

 

電気を通す楽器なんだから生鳴りは関係ないという見方や意見もあります。

表面的に考えればその意見に納得する面があるのも確か。

電気信号をどう操作するかの話になると主張するのも分かる話。

 

しかし現実は不思議なものです。

とてもそうは思えないことが沢山あります。

 

たとえば最近のジラウドの中で言えばPJ仕様のベースがまさにそんな印象。

PBボディかJBボディかの選択で不思議なほどに出音の雰囲気が異なります。

 

PUやプリアンプを同じ仕様にしているにもかかわらず、なぜかそんなことが起きるんですね。

イメージそのままと言いますかPBはPBの音がするし、JBはJBの音がします。

 

しかもそれは生音だけに限った話ではありません。

アンプを通してもそうなのだから興味深い話です。

むしろアンプに通した方がそれが際立ち、違いがはっきりと分かります。

 

これと似たような話を他の工房で聞いたことがあるのも面白いところ。

 

その工房の店主はスペクターベースのファン、あのサウンドが欲しくなり自社のJBをカスタム、PUとその位置をスペクターと同仕様にして作ってみたとのこと。

 

しかし結果は予想外、不思議。

出音のニュアンスや印象など、自分が作っているいつものJBのそれだったとか。

 

やはり、電気的な要素だけでは説明できない領域があるということでしょう。

ソリッドの楽器と言えど、生鳴りの影響は絶対に存在するのだと考えます。

 

生鳴りの無視を決めこむのもおかしな話

 

エレクトリック楽器を生音だけで判断すべきではないのは確かです。

しかし、まったくの無視を決めこむことが正しいとも言えないはず。

 

ネック・ボディの振動と弦振動にはなんの関連性もない?

だったらなぜ、デッドポイントが発生するのか?

サスティーンも変化するのか?

 

まったく同じように作っても個体差が生まれてしまうのも不思議な話。

これに対してどう説明するのか、自分にはちょっと分かりません。

 

マグネットPUが弦振動にしか反応しないというのも共感できない主張。

百歩譲ってそういった考え方をするにしても、かえって窮屈な気が。

 

と言うかそうであればこそ、弦振動にもっと注目すべきかなと。

 

・ボディとネックが弦振動にどんな変化をもたらすのか?

・PUは楽器と弦の振動を完全に分けて反応してくれるのか?

・木材やその質に楽器の形は音にまったく関係ないのか?

 

こう考えてみると初段階ですでに影響が発生してるのが分かります。

 

「ボディもネックも振動なんかしない!」

「弦の振動に影響なんかない!」

「マグネットPUは完全無欠の超安定増幅装置!」

 

こうやって関係ないと無視を決めこむのはあまりに無理筋。

それこそ、幼稚なひねくれにも思えるところ。

 

振動に影響されないPUなど存在するのか?

 

そもそもボディが鳴ることでマグネットPU自体が振動していたらどうなるのか?

その影響は明確に完璧に否定できるものなのか?

 

それを断言することは自分には無理ですね。

 

普通に考えて、

 

・ジャズベでもプレベでもPUが同じなら同じ音

・ストラトもレスポールもスタインバーガーもPUが同じなら全部同じ音

・どんなボディ材でもネックでもPUが同じなら同じ音

・マグネットPUならセミアコもフルアコも同じ音になる

 

こんな風に認識しようとする方が無茶苦茶というものではないかと。

 

「不確定要素を排除したい」

「弦振動に対する干渉をなるべく防ぎたい」

「ボディもネックも極力振動しないようにする」

 

このコンセプトで楽器を作るのであれば、それは分かりやすい話にはなります。

実際、なんでもかんでも鳴りまくってればよいというものではありません。

 

ただこれって、

 

「エレキに生音は関係ない!」

 

この理屈と主張とは似たようで異なる考えですよね。

 

その影響を認めているからこそ、その前提があるからこそ、そういったコンセプトが生まれるわけでして、単に思考停止しようと頑張るのとは違うでしょう。

 

そもそも超アナログで時代遅れな世界

 

エレクトリックと言いつつ、恐ろしいほどにアナログなのが現実。

 

なんたって真空管が現役なんていうとんでもない世界です。

音抜きに考えたらちょっと狂ってますよね。

 

時代遅れにもほどがある。

 

その曖昧さにつけこんだり、物を売りつけたり、それは確かに嫌悪を感じます。

明らかに怪しくおかしな表現で興味をひこうとするのは気に入りません。

 

しかし、あまり意固地になって否定してしまうのも面白くない。

否定と批判、結論ありきで語るのはいかがなものかと。

ゆえに、その主張に無理がある場合も多い印象。

 

お堅くなるならそれを確実に証明する理屈が欲しいところですよね。

感情先行で否定しているのであれば、納得はできないかなと。

 

個人的にはあれです、感覚的に面白い方がいいです。

 

得体の知れない奇妙で摩訶不思議な領域

 

これがあるべきだと考えてます。

それがなんだかよく分からなくてもいいと思っています。 

それを長く長く楽しんでいきたいなと。

 

その意味ではボディがよく鳴ってる楽器の方が好きですね。

弾いてて楽しく感じるし、わざわざ拒絶したり意地悪く否定する必要もない。

 

「エレクトリックなんだから曖昧な余地などない!」

「電気楽器はデジタルに音を作る世界!」

「PU・アンプ・エフェクターで音の全てが決まる!」

 

こういう勘違いはしたくない次第。

 

そもそも人間が弾く時点で不確定要素満載。

どうやっても楽器は完璧な存在にはなりません。

 

【ブログカテゴリー】