JIRAUD W-BASS (4) 3Dシェイプ・アルダーソリッドボディ

JIRAUD W-BASSのボディ

 

f:id:bakibakibass:20170305003002j:plain

 

W-Bassで特徴的なのはネックだけではありません。

ボディも同様にかなり凝った作りになっています。

 

これはジラウドならではの3Dシェイプの極致と言えるかもしれませんね。

弓奏に対応するためのカッタウェイが非常に独特。

 

同社の新型で『New Klien』というバイオリンシェイプのベースがありますが、ジラウドらしい形の意味ではW-BASSの方がそれらしくも思えるところ。

 

基本的にはフェンダーJBの延長線上にありそうなのが面白い。

見た目にもエレクトリックベースである印象の方が強い楽器と言えます。

 

エレクトリックアップライトとは異なる楽器

 

EUBなどの場合、ネックだけみたいな構造になったり、ボディはオマケ扱いだったり、イメージよりも淡白だったり安定しない楽器も多かったりもする印象。

 

一方、このベースはストラップでごく普通に構えることができます。

 

いつもの高さやフォームで弓と指とを両立するのはさすがに厳しいですが、エレクトリックベースの演奏性を崩していないのは大きなメリットですね。

 

スケールも34インチで弦も普通のフラットワウンド。

新しい楽器として何もかも一から身に着けるより、感覚的に入りやすい。

 

また、こういった楽器としては逆に珍しく感じるかもしれないのは、ボディが完全ソリッド構造であるということ。

 

木材もアルダーのみという実にスタンダードな仕様です。

 

それゆえ、締まりも輪郭もないものとは異なるサウンドになりますね。

アコースティック感を意識するあまり腰砕けになったり、不便ばかりが増えてしまうものとは一線を画しています。

 

非常にどっしりとした豊かなボトム、心地よいサスティーンが実に魅力的。

大音量でも当然、ハウリングに怯える必要もないし、耐久性の心配もありません。

 

ポリ塗装でポップなカラーであることも面白いポイント。

まさにアコースティックサウンドなエレクトリックベースと言えます。 

 

【ブログカテゴリー】