ベースとブリッジ こだわる必要を感じないその理由

ジラウドの面白いところ

 

その隅々にまで徹底的なこだわりがありそうなジラウドベース。

それについてこのブログでもずっと語ってきたと思います。

 

ところが使用するブリッジについては、そこまでの執着はない印象。

それこそ、ごく普通のスパイラルタイプのものも普通に使用。

 

バダスなどについては溝の切り方などにポイントがありそうでしたが、「これじゃなきゃ駄目!」みたいな思い入れがあるようには見えませんでした。

 

やはり、ブリッジへのこだわりや執着は基本的になさそうな感じ。

 

タッチ=自分のサウンド

 

ブリッジにそこまでこだわらない理由。

店主である福田さんの音を実際に体験してみれば、それもすぐに納得できます。

 

『縦振動のタッチ』

 

これを身につけるほど、実に多くのことに気付かされます。

そして、ブリッジ程度の影響などものともしないサウンドが出来上がってくる。

 

このタッチと音の出し方について語り出すと長くなってしまう為、とりあえずここではブリッジの話に戻しましょう。

 

話すとキリがありません。

 

ブリッジについては語ることがない

 

話を戻すと言っても、どうしましょうね?

大して語りたいことがないのが正直なところ。

 

調整方法や取りつけ位置などについては以前に話しましたし、個人的にもまぁ、ブリッジの音質についてはあまり関心がなかったりします。

 

見た目とイメージの問題で使ってみたいものもあるけれど、それも正直、サウンド面に対して劇的な効果を期待することはありません。

 

これはたぶん、縦振動の練習を本気でしてみれば分かります、

やればやるほど、同じような気持ちになるんじゃないかと想像。

 

4弦だったらほんと、スパイラルタイプでも十分な気がしてくるから面白い。

 

と言うか経験上、凝った構造なものほどろくな結果にならなかった印象が強い為、シンプルで扱いやすいブリッジの方が自分は好みですね。

 

これもある意味、フェンダーの凄さを感じるところでしょうかね?

何も変える必要がないような楽器を最初に作っちゃうって反則です。

 

小細工しても良い音は出せないと痛感させられます。

 

【ブログカテゴリー】