Jiraud 微電流用トグルスイッチ 地味に大事なパーツ

ジラウド初のオリジナル製品?

 

f:id:bakibakibass:20170223220251j:plain

 

「何もそんなところまで・・」なんて気もするこの部品。

 

しかし意外な話、実はジラウド初のオリジナルパーツはこれになる様子。

電源スイッチに使われるようなものが平然と楽器に使用されていることに憤慨したとのこと。

 

・いかに信号のロスなく届けるか?

・いかに音痩せの原因をなくしていくか?

 

それを真剣に考えるからこそ、一つ一つの要素を見直していく必要があるのでしょう。

そしてそこに対応していくのは実に理にかなっている話。

 

楽器業界はいいかげん

 

これ、理屈を考えれば当たり前にも聞こえますが、楽器の世界って不思議ですね。

なぜだか放置されてる要素が意外とあるものだったりするという。

 

インピーダンスの処理などに関してもそうですが、高級ハンダだのコンデンサーだのにこだわったり、そんなことで根本的な部分が解決するとは考えられません。

 

厳選した材料を活かしたいのであればこそ、しっかりやるべきことがあるはず。

 

ツマミやスイッチを増やせば増やすほど音が痩せるとか、実は理想から遠ざかっていくなんてのまったく笑えませんよね。

 

なにも考慮せずに無神経にいいかげんに部品を増やすだけだったら、そりゃ良くなるはずがないよなと納得します。

 

微電流スイッチはジラウドの必需品

 

ジラウドのベース本体に取り付けられているスイッチは微電流仕様。

 

JFDT-Cのスラップモードなどにとっても重要なアイテムになるはず。

これがあるからこそ劣化も音痩せも少なく、デメリットなしに切り替えられることを可能にしているのだと想像。

 

ジラウドにもシリーズorパラレルと切り替え可能なハムバッカーはありますが、配線を無闇に引き回すことを嫌ってか、PU本体のカバーにスイッチを付けているのが面白い。

 

こうすることで長いケーブルを使用することによる劣化、アンマッチングなスイッチによる音痩せを防ぐことに成功しているのでしょう。

 

なかなか目に映らないこだわりと仕事、ジラウドには本当に沢山ありますね。

ベース専門店初のオリジナルパーツがただのミニスイッチというのだから凄い。

 

ある意味、これほどジラウドの姿勢をあらわしているパーツもないかもしれません。

 

たとえごく小さな部品であっても、音への影響があるならばちゃんと見直す。

 

・欲しいものを作る

・無いものを作る

・良いものを作る

 

凄く分かりやすい話ですね。

 

その全力っぷりが素晴らしい!

 

【ブログカテゴリー】