ジラウド 2トーンのネオパッシブ 新たなサウンドバリエーション

ネオパッシブならではの選択肢 

 

アクティブバランサーを使用したネオパッシブならではの方法。

パッシブトーンを極端なセッティングにしてみると面白いことが起きます。

 

パッシブトーンを2個搭載してフロントとリアで個別に働かせると、ミックス時のバリエーションが増えてなかなかユニーク。

 

以前にもちょっと触れましたが、フロントのトーンを絞ればリアのキャラに太さと甘さを追加できますし、リアのトーンを絞ればフロントがバランス良く上品な感じに。

 

「足りないところを完璧に補える!」なんて話までにはなりませんが、バランサーを操作するのとは異なる独特のミックスサウンドが実現できるのは確かです。

 

それがしかもパッシブならではの要素から生まれるのだから、なかなか興味深い。

 

動画

 

そんなわけでちょっと動画でも。

セッティングは下記参照。

ポイントはバランサーは動かしてないのにキャラクターが変わるところ。

 

ジラウドのパッシブトーンはミニスイッチで簡単にオン/オフを切り替えられる為、ツマミの位置をあらかじめ設定しておけば、ほぼワンタッチで音を変化させることが可能です。

 

バランサーの操作まで加えるとちょっと複雑になってきますが、狙う音さえ分かっていればそんなに迷うこともありません。

 

www.youtube.com

 

最初はセンターミックス。

次にリアのトーンを0。

リアを戻しフロントのトーンを0。

最後は両方共に0の流れ。

 

 

【ブログカテゴリー】