Jiraud Neo Passive パッシブorアクティブ論争を超えた一つの理想

Jiraud Neo Passive

 

 

ネオパッシブってパッシブ?アクティブ?

 

なんだかややこしい印象を受けそうなネオパッシブ。

実際、自分も最初はよく分かりませんでした。

 

「ネオパッシブはアクティブ!」

 

こんなことを言うと、さらに混乱を招きそうですよね。

 

しかし事実、ネオパッシブはアクティブ。

バッファを内蔵している為、電池が必要になります。

そこがパッシブとは決定的に異なるでしょう。

 

「電池いらずの凄いパッシブ」と考えるものではありません。

わけの分からない理屈で無条件に良くなる魔法のようなものでもない。

 

具体的。シンプル。実用的。

非常によく考えられた美味しい仕様だと言えますね。

 

アクティブのメリット・味気ない部分について

 

そもそもを考えると気になるのはこれ。

 

「アクティブに対し求めるものは何か?」

 

個人的にはシンプルに捉えています。

 

積極的な音づくりがどうとかそれ以前の話、

 

「ローインピーダンス出力」

 

これを確実なものにするのが重要なポイントではないかと。

 

楽器本体からそのまま安定した信号を送れるのがアクティブの強み。 

まずはそれがあってこそだと考えます。

 

一方、パッシブらしい美味しさやトーンカットを求めた場合、難しい面もあるのがアクティブの悩みどころ。

 

アクティブによる単純なトレブルカットとはどうもニュアンスが異なるようです。

特にコンデンサーによる独特のハイカットというのはなかなか真似ができない様子。

 

絶妙な甘さや心地よく太い感じなどやはり、パッシブならではの世界が存在するのは間違いない。

そのあたり、アクティブに淡泊さや味けなさ、魅力を感じないのも不思議ではありません。

 

ハイファイでクリアーなほど良いと断言できる単純な世界ではないのが音楽の奥深さ。

アクティブが全てにおいて有利だと単純には言えないから面白い。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ポイントはパッシブトーン

 

そんなもどかしい中、ネオパッシブは何をするか?

 

『PUの信号をバッファに届ける前にパッシブトーンに通す』

 

パッシブならではの絶妙な甘さや太さを得た後、その信号をバッファに送ることで安定した出力との両立が可能に。

 

逆にもっと高域や音抜けが欲しければパッシブトーンはスルーすれば良い。

PUの信号を直接バッファに届けてあげることもスイッチングで簡単に選択できます。

 

それを活かして甘い音とキレの良いサウンドと瞬時に切り替えるのも面白い。

 

www.youtube.com

 

パッシブとアクティブのいいとこ取り

 

ジラウドオリジナルのバッファ

 

『アクセラレータ』

 

余計な要素が一切なく素晴らしい性能を発揮してくれます。

EQなどのブースト機能も搭載されていない純粋で正しいバッファと言えるでしょう。

 

しかし人によってはクリアーすぎる印象を受ける可能性も考えられるところ。

PUの信号・高域を劣化なく出力すると想像以上の結果をもたらします。

 

そこでパッシブトーンを通すという選択肢が活きてくるわけですね。

 

・PUの信号を劣化なくダイレクトに出力するか?

・それともワンクッション挟んで馴染みやすい音にするか?

 

プレイヤーが好みに応じて自由に選択すればいいし操作も簡単。

 

「アクティブのEQとか音づくりは嫌い!」

「でもローインピーダンス出力にはしたい!」

 

こういう人にとっては完璧なシステムにもなってくれるはず。

これは本当、アンプ直にこだわりがある人などにも嬉しい仕様でしょう。

 

パッシブならではの美味しさとアクティブのメリット。

それをシンプルに詰めこんだシステム。

これがネオパッシブの魅力ですね。

 

よりパッシブ的でシンプルな方向性を目指すならば、

 

『簡易ネオパッシブ』

 

こんな仕様も存在します。

これがまた実に良い感じでおすすめ。

 

「甘く渋く超シンプルなアクティブ」

 

こう言うとまた混乱を招きそうではありますが、実際、そう言って差し支えない楽器になります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ネオパッシブは実用的で美味しい!

 

どんなに理想のアンプやエフェクターを用意しようが現実は厄介なもの。

そこにたどりつく以前に劣化しているのでは望んだ音は得られないかもしれません。

 

ネオパッシブ単体で考えた場合、基本的にはパッシブベースのサウンドになりますから、その意味では音は意外と普通だったりもします。

 

一方、楽器本体ですでに的確にローインピーダンス化がされている為、外付け機器の効果が凄いことにもなるのがポイント。

 

前述の動画などもまさにそれを利用したものですね。

パッシブならではの甘い音と超ハイファイなセッティングとを切り替えて弾いてます。

 

ローインピーダンス出力化の意味と恩恵は想像以上に大きい。

 

多くの場合、長いケーブルを使うことが常。

電気的な状況も過酷なのが常であり、悪条件が重なるのも当たり前。 

余程の美学でもない限り、素直にローインピーダンス出力化するのが望ましいはず。

 

皮肉を言うようですが、DI等が必要な状況ならその時点で純パッシブへのこだわりもクソもない気がしますよね。

 

結局、どこかでローインピーダンス化されてしまうのが現実。

 

それを無視してパッシブは純粋、パッシブは誤魔化しがないとか、そういった主張をするのはどうかと考える次第。

 

「アクティブの音なんて偽物!」

「ドンシャリで嫌い!」

「いやいやアクティブ最高だろ!」

「パッシブは時代遅れだ!」

 

こういう話をするのもいい加減、ちょっとアホらしいですよね。

 

頑固な人にも合理的な人にも嬉しい美味しいネオパッシブ。

地味にも派手にも超おすすめな仕様。

 

知れば知るほどその美味しさに痺れます。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com