ジラウドのPU位置 実用的なフェンダー基準

実はスタンダードのそれ

 

これまた驚くほどにごく普通な感じだったり。

 

60年代のフェンダーJB、PB、ミュージックマンのスティングレイなど、このあたりのスタンダードなPU位置に設定されているはず。

 

一部に例外もありそうですが、基本的にはフェンダー系のそれ。

新鮮味はないようでも、それだけに安心するポイントでもありますね。

 

先日の多弦の話ではありませんが、変化球を狙うとどうしても音は崩れがちになるのが難しいところ。

 

それを個性と捉えるか可能性と見るか?

自分の好みを言うのであれば、フェンダーから完全に離れてしまっているものは苦手。

 

正直、70年代JBぐらいの変化でもあまり好きになれなかったりします。

そして恐らく、そういった人も結構いるんじゃないかと想像。

 

偉大なるフェンダーベース

 

あれこれ試行錯誤したり色々手に入れてきてたどりついた結論。

 

結局は昔ながらのフェンダーのPU位置が実用的でバランスも良い。

 

特にJBについてはその良さに感心するばかり。

フロント、リア、ミックス、どこでもちゃんと使える音が出てくれます。

 

一方、トータルも何も考えず決めた感じだと、それだけ音の印象も良くありません。

 

「とりあえずハム2個のせれば太い音が出るだろう」

 

こんな感じに作られてそうなものはよろしくない。

そう考えてしまう気持ちもなんとなく分かりますが、現実は甘くないから難しい。

 

実際には干渉しまくったり、それで音が痩せたり抜けなくなるから面倒くさい。

2PUのミックスというのは想像以上に複雑であり、実用化が難しい問題なのかもしれません。

 

いくら木工技術を駆使したところで、駄目なものは駄目。

電気的な部分をおろそかにすれば酷いことになる。

 

どんなに凝った構造にしようと、

 

『エレクトリックベース』

 

これを無視してもらっては困ります。

 

アンチフェンダーだった身としては定番にあらがいたくなるのも分かりますが、新たなPU位置を研究したり追及するのはやはり、一筋縄ではいかないことだと痛感します。

 

その新たな発見や投資で苦労するより、普通に練習したりセッティングを詰めたり、そうした方が健全だし、あれこれ試すのも疲れました。

 

もうあれです、

 

「フェンダーは偉大!」

 

この結論で良いですね。認めるしかありません。

定番になるにはそれだけの理由があるのだと悔しくも納得。

 

ジラウドが自分に合う大きな要因の一つもここにあるのだろうと考えます。

 

【ブログカテゴリー】