JIRAUD JB-05 5弦用PU ありそうでない最高のシングルコイル

多弦用PUの悩み

 

多弦歴の方が長く、楽器の買い替えも多かった自分。

 

ジラウドとは別件ですが、オーダーなどで非常に困ったのは、好みの多弦用PUが見つからなかったことですね。

 

「やっぱり4弦の方が気持ちいい音がするなぁ・・」

 

なんて感じる人も多いことかと思いますが、楽器そのものの鳴り方の他、電気的な特性も強く絡んでいる気がしてなりません。

 

「なんでこんなパンチないの?」

「なんて抜けてこないの?」

「なんでこんなバランスが悪いの?」

 

こんな印象で多弦に対しガッカリする人も多いはず。

 

バキーン!と気持ちよくスラップできる多弦ベースはなかなかありません。

新品弦の倍音が美しく力強く響く多弦って悲しいほどに存在しない。

 

先日も話しましたが、スタンダードな方向性からは離れていくPU、その大体の傾向において自分の好みと合わなかったりするから困る話。

 

とにかく高域特性が悪く、癖も強いものばかりだったり、ニュアンスも付けにくい。

お約束とばかりに使われる定番のプリと組み合わせるのも食傷気味。

 

「シングルコイル=レンジが広くクリアー」

 

なんて単純な話があるわけもなく、望んだレンジやレスポンス、音抜けからは程遠いものがほとんど。

 

「単体では奇麗な音だけどバンドや大音量では存在感がなくなる」

 

多弦にはそんなパンチも表情もない残念なものが多い印象。

 

そもそもパッシブでも使う気になれる多弦がどれだけあるものか?

そこに明確な答えがあるんじゃないかと。

 

ジラウドの多弦はちゃんと専用設計

 

その点、ジラウドの5弦はしっかり専用に研究・製作されていると感じます。

 

PUについても単純に弦一本分増やしたなんて手抜きな作りではなく、5弦でも気持ちよく音が抜けてくるしレンジも広く実用的。

 

安易に個性を主張したり、妙な癖を押し付けてくるPUとはまったく違いますね。

 

今や5弦ぐらいでは多弦とは言わない時代になってきた気もしますが、それだけにスタンダードな方向をもっと見直すべきなのではないかと思います。

 

普通であることはつまらないかもしれませんが、奇をてらった変化球が前提だったり、その方向を主とするのもどうなのかなと。

 

アルニコとエナメル線でごく当たり前に作られた5弦用PU。

欲しいものがあるというのは素晴らしいことですね。

 

妙な小細工をするより遥かに優れた性能、可能性を秘めています。

 

【ブログカテゴリー】