ジラウドはアンプを選ぶのか? インピーダンスの認識のすすめ

ジラウドはアンプを選ぶのか?

 

 

ジラウドは環境に左右される?

 

「アンプを選ぶし実用が難しい!」

「ジラウドの店の中じゃないと良い音が出ない!」

 

なんて声を聞くことがありますが、気持ちはなんとなく分かる反面、実際はその逆じゃないかと思うのが正直なところ。

 

インピーダンスの処理にこだわっている意味は非常に大きく、実際は環境を選ぶどころかむしろ、常に安定した信号を送ることができます。

 

その時点でプレイヤーの大きな心配事の一つがなくなると言ってもよいでしょう。

変な欲を見なければ、これほど実用的に楽に音づくりできる楽器もありません。

 

パッシブのデメリット

 

パッシブ楽器の場合、アンプ側の入力インピーダンスが低いと最悪です。

 

問答無用で音量は落ちるし、音抜けも悪くなる。

素直な特性だとか楽器本来の音がどうとか、そんな騒ぎじゃない。

 

それに加え、長いケーブルまで使用するなら、状況はさらに辛くなります。

これは大袈裟ではなく、どんな高級ケーブルを使おうが避けられない問題のはず。

 

だったらそんなところに大枚はたいて投資するより、良いバッファでも買った方が圧倒的に分かりやすく、大きな効果も期待できます。

 

www.pompombass.com

 

アクティブなら安心?

 

残念ながら、たとえアクティブ楽器でも油断はできません。

きちんとインピーダンスの処理がされていないことがあるのが現実。

 

実際に遭遇しましたが、アクティブなのにアンプの入力インピーダンス切り替えの影響を露骨に受けてしまうものは存在します。

 

またはバッファと言いつつ、ローインピーダンス出力になってないものもあったりするから困った話。

 

製作側がそのあたりをちゃんと意識・理解しているかどうか?

やはり、それが非常に重要な問題と言えるでしょう。

 

EQなどの利便性云々よりインピーダンスの処理をまず第一に考える場合、まず現実を見ることが大切です。

 

「理屈はいらねぇ!」

 

なんて言って思考停止しても解決しません。

 

ありがちな論争、

 

「アクティブは嘘くさい音!」

「パッシブこそ真の音!」

「両方切り替えられて万能!」

 

こんな話もどうでもいいでしょう。

 

その内に書きますが、ジラウドのネオパッシブなんかはそのあたりの一つの答えかもしれませんね。

 

双方のメリットを理解し、高い実用性と魅力を完成させています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

時代遅れなアンプを疑うべき

 

よくよく考えるとあれです。

 

「アンプを選ぶ」と言うのも、なんだかおかしな話。

 

・根本的に酷い特性でレンジが狭いアンプ

・音に締まりがなくレスポンスも悪いアンプ

・癖の固まりで何でもかんでも濃い味付けをしてしまうアンプ

・ベースサウンドを安易に考えてる時代遅れにも程があるアンプ

 

そんな物が溢れているのになぜなんでしょうね?

 

「楽器の方が悪い!」

 

この結論になってしまうのは実に不思議、理不尽な話ではないかと。

 

実際はアンプの方が人も楽器も選んでいる。

味付け過多で使える音のバリエーションも少ない。

ベースの可能性を著しく狭めてしまっているように自分は感じます。

 

その狭い枠の中で理想の音を出そうとなると、それはまぁ確かに、相性が悪いという話にすることも出来るのかもしれません。

 

ワイドレンジからは対極、レスポンスも鈍重で抜けてこないとか、いまだにそんなベースアンプが幅を利かせている世の中です。

 

そもそもの条件が劣悪と言えるでしょう。

 

ツイーターすらないスピーカーで10kHz以上の音を綺麗に再生したいとか、上から下まで全部バランスよく出力したいとか、そりゃ無茶ってもんです。

 

ジラウドのスラップモードをフルレンジで鳴らすなど夢のまた夢。

 

しかし現実問題、それぐらい劣悪な特性のアンプがベースの世界でのスタンダードだったりするから厄介。

そして、この問題が何十年も放置されたまま改善されないという異常。

 

ブーブーモーモー鳴るのがベースアンプらしさ?

いやいや、勘弁してください。

 

それ、ベースのこと馬鹿にしてるとしか思えません。

 

ジラウドベースは懐が広く実用的

 

酷い特性のアンプばかりが溢れていますが、ちゃんとローインピーダンスの信号を送れていれば、まず一つ安心です。

 

その意味でジラウドは強力な楽器に仕上げられていますね。

 

レンジの狭いアンプであってもプリアンプを駆使すればかなり自在に対応できますし、実際、自分はかなり助かってます。

 

JFDTのスラップモードにしても、安易なドンシャリサウンドをつくるのが目的じゃないんですよねあれ。

 

「マグネットPUの中域山なりの波形をなるべくフラットにする」

 

この効果を得られるのが本当のところ。

フラットな波形になるという意味では、アコースティックですらあると言えます。

 

「スラップ向き=ドンシャリ!」なんて安っぽいな話ではなく、上手く使えば非常にクリアーで心地よい音づくりに貢献してくれますね。

 

派手な音は狙わずEQを絞るのも良いですね。

渋く美味しいミドルが出てくるようにするのもおすすめ。

実のところ、それでこそ本領発揮って面もあると感じます。

 

相性が悪いと判断する多くの場合、それは無暗なブーストとかEQの扱いがデタラメなのが原因ではないかと想像。

 

出てない帯域を無理に持ち上げるぐらいだったら、要らない部分をカットした方がまだ自然に落ち着きます。

 

無理矢理なハイファイサウンドとかフラットな特性を目指すより、実用的で美味しいポイントを見極める方向で音づくりした方が正解でしょう。

 

【スポンサーリンク】
 

 

動画

 

そんなわけで、試しにアンペグを使った動画でも。

 

練習用に入手したアンペグのミニスタックでEQはあえて全てセンターで。

ベースは最初プリオフ、そこからプリオンでスラップモード。

フレーズはちょっと細かい感じのスラップで。

 

 

スラップモード時はもう少しローカットした方が良さそうですが、 ボフボフと音が団子になってしまうイメージとは違うはず。

 

アンペグでも十分、キレ良く弾けますね。

 

渋い音でもローファイな音でも、なんでも対応可能。

弾き手に自由をもたらしてくれます。

 

【ブログカテゴリー】