ジラウド ヘッドデザインとテンションバランス

ヘッドデザインとテンションバランス

 

f:id:bakibakibass:20170202130439j:plain

 

正しい言葉かどうかはともかく、「テンションバランス」というニュアンスはよく分かりますし、非常に重要なポイント。

 

高音弦はやたら硬くて低音弦はボヨンボヨンとか、こういうのは弾きづらくて仕方ありません。

 

昨今、低音側と高音側でスケールが違うものを見かけるようにもなってきましたが、あれもそういった問題の解決目的のためにあるものなのかもしれませんね。

 

斜めのフレットになかなかのインパクトを感じますし、弾いてみると意外と違和感がなかったりすることを考えると、ただのハッタリではなくちゃんとした根拠を感じます。

 

ただ正直言って、自分の好みとは違いますし、あれに完全になれた体を今からつくるのも辛い。

 

ジラウドのこだわり

 

そんなテンションバランスについてですが、ジラウドはこのあたり、かなりうるさいんじゃないかという印象

 

実際、ヘッドデザインに対する相当なこだわりを感じます。

5弦についてもペグ位置の配置が絶妙ですね。

 

適切なペグ位置の設定というのは本当に重要です。

ローB弦のような極太弦に対する影響力は馬鹿になりません。

実際、他の楽器で痛い目にあったことがあります。

 

また、弦をまっすぐ張れるようになっているのもポイント。

 

物によっては弦に対して横方向に変な角度がつき、ナットからペグまでの間に斜めになってしまったりもしますが、あれは個人的には勘弁して欲しいです。

 

ベース弦は太いんです。

そこがギターとは決定的に異なります。

 

単純な話なんですが、残念ながら意外と考慮されてないものがあるのが悲しい。

極太弦を無理に曲げたり、窮屈に角度を付けたりするのは結構きつい話。

 

ジラウドのオリジナルシェイプの楽器はヘッド角を付けていますが、現実的な範囲で実用的にできているように感じます。

 

「弦にはビシッと張りがあってほしい!」

「弾き応えのある物の方がいい!」

「しっかりボディを鳴らしたい!」

 

そんな好みの人だったら間違いなく合う仕様でしょう。

適切なペグ位置とあいまって、楽器の鳴りに大きく貢献してくれるはず。

 

【ブログカテゴリー】