ジラウド ディープジョイント (1)

ジラウドならではのジョイント

 

f:id:bakibakibass:20170129160240j:plain

f:id:bakibakibass:20170129160252j:plain

 

ジラウドベースならではの特徴と言えるディープジョイント。

 

ネックの過剰な振動を減らし、豊かなボディ鳴りを得るのに貢献するこの仕様。

デッドポイントの発生を抑えるにも非常に効果的だと感じます。

 

世の中にある楽器のレビューを見ると、ネックが鳴りまくっていることが称賛されていたりもしますが、個人的にはどうかと思う面もあります。

 

音づまりや音痩せが発生するまで共振してしまうのは、ちょっと問題かなと。

 

それが個性になるとも考えられますが、場所によってやたら詰まったり、膨らんだり、変な影響が出てしまうのも困りもの。

 

特定のポジションへの影響が強すぎる場合、正直、アンバランスで扱いにくいだけという気がするところ。

 

かと言って、ガチガチに硬めたつくりでは冷たい印象になったり、味も素っ気もなくなったりする為、このへんのトータルバランスを見極めるのが実に難しい。

 

このディープジョイントなどもそうですが、感覚的な部分と実用性との塩梅がジラウドベースは凄くいい感じですね。

 

楽器ならではの曖昧で深い領域と、カッチリさせるところのバランスがなんとも美味しい。

 

ただ単に綺麗な音が出るとか、安定してるけどつまらないなんてことではなく、ドカン!とくる気持ちよさ、荒っぽさがしっかりあります。

 

派手だったり電気的なことに注目されがちですが、渋くポイントを絞ったサウンドを狙ってもちゃんと答えてくれますし、実は楽器本体そのものへのこだわりが見事。

 

でなければ、こんな受けの悪そうな方法は絶対に選択しませんよね。

 

電気的な部分だけに注力しているようならば、この独特のオリジナルシェイプが誕生することもありえなかったはず。

 

【ブログカテゴリー】