JIRAUD JFDT-C

 ジラウドと言えばこれ!

 

そんな存在であるのがこのプリアンプ。

 

同社のスラッパーが有名だと想像しますが、その中身がこのJFDT。

基本はベースとトレブルの2バンドなので、操作も実に楽です。

 

スラップモードを駆使して超絶ワイドレンジにするのも良いけど、そればかりに注目するのはもったいない。

実のところ、そのままフラットで使うかカットして使うのが本命のようにも感じたり。

 

ドンシャリで扱いにくいとか、バンドだと弱いなんて声を聞くこともありますが、それは正直、セッティングがまずいだけじゃないかと。

 

ミドルのツマミがないことが不便に思われがちなんでしょうかね?

 

でもそれなら、トレブル・ベースをカットして使ってみることも覚えるべきでしょう。

そうするだけで自然とミドルが持ち上がってくるのだから簡単な話。

 

トレブルとベースと両方0にしても十分つかえる音になりますし、異常な音量変化や音やせなども感じずとにかく扱いやすい。

 

どうしてもさらにミドルをコントロールしたいということであれば、内部にミドルを操作できるミニトリムがありますので、それを活用するのもおすすめ。

 

動画ですが、セッティングは下記参照。

 

www.youtube.com

 

リアPUだけにして前半はプリスルー。

後半はプリONでトレブルとベースを0。

 JFDT-Cを使用している方がミドルが効くようになっています。

 

ドンシャリ専用ではなく使い方次第ですね。

 

【ブログカテゴリー】