ジラウド パッシブトーン (2)

Jiraud Passive Tone

 

フロントPUにパッシブトーンを追加した理由はもう一つ。

リアPUのサウンドバリエーションを増やすことにもあります。

 

フロントのトーンをカットした状態で両PUをミックスした場合、硬質なリアのサウンドに対し、フロントの太さと甘さを足せる感じに。

 

もちろん、リアの音抜けとキャラクターそのままというわけにはいきませんが、リア単体とは明らかに異なるサウンドをつくることが可能になります。

 

動画ですがセッティングは下記参照。

www.youtube.com

 

【両PUをミックスフロントPUリアPU→フロントPUのトーンをカットしてリアPUとミックスそこから少しリアに寄せる】

 

バランサーの調整と一つのパッシブトーン。

それだけでも様々な音がつくれるから面白いところ。

 

個人的には、最後のセッティングが好みです。

 

【ブログカテゴリー】