ジラウド パッシブトーン (1)

Jiraud Passive Tone

 

「渋い音のプレベが欲しいけどもう楽器は増やしたくない・・」

「5弦のプレベがあればいいんだけどなんかいまいち・・・」

 

そんなことを考え悩んだ末、思いついたのがパッシブトーンの追加。

あえてフロントPUのみに働くようにしたのがポイント。

 

常時通りっぱなしだと自分の好みとはちょっと違ってきてしまう為、ポットの操作一つで簡単にスルーできるようにしてあります。

 

これで元音の変化も劣化もなくバリエーションを増やすことが可能に。

超ハイファイなサウンドから渋くイナたい音までつくりやすくなりました。

 

プレベそのものとは違うけれど、それっぽさが欲しい時になかなかいい感じ。

あれこれ持ち替える必要がなく、一本のベースで本当に幅広くいけます。

 

動画はなんとなく淡泊な感じのフレーズでセッティングは下記参照。

 

www.youtube.com

 

最初パッシブトーンをスルー。

次にフルカット。

少しハイを戻すの順番で弾いています。

 

 

【ブログカテゴリー】