5弦/6弦/多弦ベースコラム

意外と荒っぽいコントラバスギター・Anthony Jacksonの謎を考える

アンソニージャクソンを語る ミシェルペトルチアーニトリオに感動 先日、久々にペトルチアーニトリオのDVDを爆音で聴いてみたらま~感動。ペトルチアーニが素晴らしいのはもちろん、アンソニージャクソンもスティーブガッドもやばいやばい。 元々ビデオテー…

アンソニージャクソンと絶品のボリュームペダルワールドを語る

Anthony Jackson Vo.Pedal Anthony Jackson Vo.Pedal John Tropea Standard Influence Michel Petrucciani Trio in Tokyo Steve Khan The Suitcase Lee Ritenour & Friends やっぱアンソニーのペダルボイドは最高だぜ! John Tropea Standard Influence まず…

ハイC弦&ボリュームペダル ボトム世界・バイオリン奏法の先の魅力

ハイC弦とボリュームペダル ペダルボイドの魅力 ボリューム操作でアタックを消して鳴らすバイオリン奏法ってあれ。ボリュームペダルを使った場合、自分的には呼び方がいまいちしっくり来なかった為、【ペダルボイド】って勝手に名付けて使ってます。 ボリュ…

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (7) 6弦ベースの希望と絶望

ジラウドとの出会いと旅路 (7) 他社へ6弦ベースをオーダー 「パッシブの話はどこ行ったんじゃ!」というツッコミごもっとも。 パッシブで鍛えていた甲斐あって音も太くなっていきましたし、腱鞘炎にも悩まなくなったり、本当に良いことずくめ。 基礎を見…

所有ベースの紹介と解説 ジラウド5本&他2本 

使用ベースの紹介とまとめ 使用ベースの紹介とまとめ Jiraud Black Cloud Limited JJ 5st Jiraud Black Cloud Limited 1Humbacker 5st Jiraud Black Cloud JJ Fretless 5st Jiraud Mobius JB Fretless Jiraud W-Bass History SZP-2M Medium Scale Bass Fende…

【30インチ】 MTDのショートスケール5弦ベースの試奏

MTD 530-24 一見するといつものMTD? しかしよく見てみたらびっくり。 「・・ん!何だこれ!?」 明らかにスケールが短いのが分かるモデル。 こんなベースがあったのかと驚き。 話によるとギターのケースに入ってしまうサイズだそうな。 飛行機などで機内へ…

スルーネックのベース メリット・デメリット・苦手な理由を考える

ベースとスルーネック ベースとスルーネック 重いボディ材は苦手 硬すぎるボディ材は苦手 スルーネックの利点の疑問 ボルトオンでは実現困難なシェイプと心地よさには惹かれる フェンダーから離れた世界は魅力か違和感か 楽器オタクこじらせ損をしないように…

多弦ベース弾きが身をもって知った4弦の衝撃的な事実

4弦はE弦が落ちる いや、これびっくりしましたね。 「よっしゃ!グオォンっていったるで!」 と派手にグリス決めようとしたら、 「グオォ! 」 「べしょん・・」 「あっ!?」 まさに驚愕。 『4弦はE弦が落ちる』 頭の中から完全に抜けていたこの事実。 ず~…

フレットレスベース入門と初心 受けてきた影響・道を振り返る

フレットレスベースの門 フレットレスベースの門 好きなミュージシャン・お手本を知れば弾き方も分かってくる 【 Jaco Pastorius (ジャコ・パストリアス) 【 Marco Mendoza (マルコ・メンドーサ) 【 Kai Eckhardt (カイ・エクハルト) ほぼ絶対的にライ…

5弦ベース入門・慣れるには6弦ベースを弾くのも道 多から少への解放感

5弦ベース入門と慣れ 5弦ベース入門と慣れ 4弦から6弦 そこから5弦へ 多弦ベースを弾きたいならびびらず飛び込んじゃうのが一番おすすめ もはや多弦の老舗・YAMAHA 6弦と言えばTRB まずは4弦を極めてとか必要なし 多弦が弾きたいなら多弦を弾け 4弦から6弦 …

High-Cの5弦の継続 急に距離感が出来てきたLow-Bについて考える

どうしたローB マジかハイC ハイC5弦はすぐ飽きてやめるのがお約束だった これまでの経験から言ってハイCにして楽しいのはせいぜい一週間。 ・指板上で迷子になるのが嫌 ・自分の好きな音が出ない ・そもそも楽器として相性が悪い こんな印象が強く継続した…

4弦・5弦を6弦ベースの音域にして遊んでみる ハイCに落ち着くかそれとも?

6弦でなくとも十分か確かめていきたい ローB弦の1フレットからハイC弦24フレットまで この音域を4弦で出せないかと実験。 ピッチシフターさんに出張ってもらいます。 単調なスケール練習でも意識にちょっと刺激が出ます。 www.youtube.com 高域のヘリウムガ…

ハイC5弦が予想以上に良くてびびる 楽器物欲が裏返ったか突き抜けたか

ハイC5弦にハマる なぜか今更目覚めたハイC5弦の楽しさ 以前に記事にもした通りハイCの5弦が全然弾けなかった自分。 6弦も7弦も違和感なく弾けるのになぜか迷子になってしまう不思議。 感覚的にまったく合わない楽器である認識が非常に強かったです。 それが…

ピッコロベースの弦 GHS P3045 使ってないベースが生き返る面白さ

ピッコロベース ギター弦の流用は難しい ピッコロベースを弾きたくなってつまずくのは弦の調達。ギター弦を流用できれば本当はそれが安くていいんですが、残念ながら長さが足りないことがほとんど。 特にフェンダータイプのようなベースの場合、1弦側のペグ…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (1) ジラウドのフレットレスベース

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (1) ブログであまり触れてない事に気付く すでに散々紹介した気になっていたこのフレットレス。 メインのブラッククラウドについては30記事以上にもわたって書いているし、特に触れずともいいかなんて考えてい…

今更フェンダーが気になる悲しさ ジャズベ・プレベに惹かれるお年頃?

アンチフェンダーよ何処へやら ジラウドへ4弦をオーダーしようと予定しているわたくし。 4弦に気が行くなんてほぼ皆無だった為、どうせなら徹底的に的を絞ったものを手に入れようと考えている次第。 そこで気になったのがフェンダー。 エレクトリックベース…

縁がないヘッドレスのベース メリット・デメリット・憧れを考える

ヘッドレスベースを考える ヘッドレスベースを考える 好きなベースの基本形はフェンダー 驚かされたSTATUSのヘッドレス6弦 ヘッドレスの問題点 ヘッドレスの利点とは何か? 個人的にヘッドレスに期待・妄想する事 好きなベースの基本形はフェンダー 今現在の…

GODIN A4 A5 エレアコベースの完成形 アコースティックサウンド

GODIN A4 A5 エレクトリックアコースティックベース アコースティックの難しさ アンプを通すとなると話が一変してくるのがアコースティックの世界。 どんなに生音が素晴らしくとも実用的な楽器になるかはまったくの別。 ただでさえ扱いが難しいのがベースと…

COMFORT STRAPP ベース・ギター 超定番楽々ストラップ

COMFORT STRAPP 楽したいならコンフォートのストラップ 長年、定番として君臨しているこのストラップ。 「迷ったらとりあえずこれ使っとけ!」 こう言っても良い存在だと思います。 初心者用セットに付いてくるようなペラッペラのものを比較すると、割と本気…

Sire (サイアー) Marcus Millerの現在のベース 初心者への決定打なるか?

SireとMarcus Miller SireとMarcus Miller マーカス・ミラーの愛機と言ったらあのベース Sireの衝撃 安物の不安をブッ飛ばした楽器を思い出す Sire V7 実にスタンダードな木材 サーキットはかなり欲張りスタイル PUはアルニコV 裏通しも可能なブリッジ 70年…

【ベース遊び】 ピッチシフターとボリュームペダルの組み合わせが面白い

ピッチシフターとボリュームペダル ZOOM MS-60B & BOSS FV30L 自分の中であまり発想がなかった、アッパーオクターバーとボリュームペダルの組み合わせ。 ギターの6弦~3弦、ピッコロベースと同じ音域に変化させ、それをボリュームペダルでアタックを消して鳴…

Anthony Jacksonの気になるアンプ MillenniaのマイクプリとAPIのパライコ

Anthony Jacksonの機材 Millennia HV-3B マイクプリアンプ かなり以前のベーマガに載っていたアンソニーの機材紹介。 その中にあったのがミレニアのマイクプリ。 正直、まったく知りませんでしたねこれ。 どちらかと言うとなんてレベルではなく、これはもう…

ハーフラウンドベース弦 KEN SMITH COMPRESSOR

KEN SMITH COMPRESSOR ハーフラウンド ラウンド弦とフラット弦について 今日では完全なるスタンダードになっているラウンドワウンド。 ちょっとマニアックになりつつも根強い人気があるフラットワウンド。 ものすごく簡単に言うと、 「前者はジャリジャリ」 …

【ポングの物欲】 今現在欲しいベースについて考えてみる

ベースと物欲 最近、強烈に湧き上がってきたベース物欲。 しかも、自分としては有り得なかったものなのが驚き。 具体的に何かと言いますと、 『4弦』 いやほんと、多弦メインでず~っと生きてきた人間なので、4弦が欲しくなったとか以前では考えられませんで…

ベースとブリッジ 扱いやすいおすすめはHIP SHOT B style

HIP SHOT B style ベースとブリッジ ブリッジにほぼ興味なし いきなりこれを言うのもどうかと思いますが、ブリッジ変更による音質の向上などにはほとんど期待していないわたくし。 正直申しまして、 「サスティーンが凄く良くなった!」 「アタック感が全然…

IBANEZという名の定番と狂気 阿修羅7弦ベースとSRH500

IBANEZという名の定番異端児 IBANEZという名の定番異端児 阿修羅ベース IBANEZ SRAS7 ASHULA 魔の7弦ベース IBANEZの前にちょっとCITRONを語る。 IBANEZ SRH500 新種のアコースティックベース 初めてのベースはIBANEZ 阿修羅ベース 一見は普通っぽい6弦ベー…

縦振動のタッチの研究 (40) ローB弦の立ち上がりと音程感の改善

縦振動のタッチ (40) ローB弦の鳴らし方と実験 先日のおさらい 先日の記事の内容。 こちらでもあらためて触れておきたいと思います。 www.pompombass.com まずはこちらの動画をご覧ください。 タッチが酷いと音量も低音も出てくるのが遅くなるという実験…

ローB弦の鳴らし方のコツ 5弦ベース、6弦、多弦の肝 まずはタッチ

ローB弦を鳴らすコツ・そのタッチの意識について ローB弦を鳴らすテスト動画 まずは動画をどうぞ。 あえて酷い弾き方をした後、ローB弦がしっかり鳴るように弾いています。 弾き方が悪いと音のピークがめちゃくちゃ遅れてやってくるのが分かるはず。 電気的…

個性派ベース10本のレポ 記憶に残る強烈さ 試奏だけでも分かるその面白さ

【個性派ベースの試奏】 所有してきたメイン級のベースは軽く20本以上。 遊びの分を含めれば軽くその倍かそれ以上。 試奏については何百本か千本単位で弾いてきたかと思われます。 その結果たどり着いたのが今のジラウドベース。 自分に最も合っている楽器だ…

6弦ベースへの希望 もっとシンプルなTRBかBBの6弦でもあればなぁと思う話

YAMAHA TRBシリーズへの希望 元6弦ベース弾き 以前からちょくちょく話している通り、自分は元々6弦がメインの人間。 ジラウドさんからJ-BASS6が出るのであれば、今でも欲しいと思っている身です。 しかし、自分が欲しいスペックの6弦ってのがとにかくこの世…