楽器選び

ハーフラウンドベース弦 KEN SMITH COMPRESSOR

KEN SMITH COMPRESSOR ハーフラウンド ラウンド弦とフラット弦について 今日では完全なるスタンダードになっているラウンドワウンド。 ちょっとマニアックになりつつも根強い人気があるフラットワウンド。 ものすごく簡単に言うと、 「前者はジャリジャリ」 …

ベースの音作りとエフェクター・プリアンプ 目的と方向性を見失わないようにする

ベースの音作りとエフェクター等に対する疑問 ベースの音作りとエフェクター等に対する疑問 ドラムマシンにエフェクターをかけてみる ベースで考えてみる 狙う音作りは面白い効果音作りなのか? エフェクターは悪じゃないけど絶対でも万能でもない アンプ直…

見て分かるジラウドのディープジョイント その圧倒的凄みと魅力

ジラウドベースとディープジョイント 一目瞭然 ジョイントの違い 左は愛機ブラッククラウドの5弦ベース。 右は小型ボディ&24フレットの4弦ベース。 こう比べてみると何かもう、別の楽器感がありますよね。 どちらが良い悪いと言うより、そもそも求めるべきも…

ベース弦と張り替え 目安、頻度、交換時期に悩むより大切なこと

ベース弦の張り替えを考える ベース弦の張り替えを考える 交換の目安は『好みによる』 楽器の選択も弦の選択も誤っているのは辛い 元々のレンジの広さの違いが分かる動画 弦の選択で迷いたくない おすすめはRichard Coccoのステンレス弦 フラットワウンドは…

ベース・楽器のローン 48回払いの分割で買った事を振り返る

ベースと楽器とローン まず結論 『金がないと余計に金がかかる』 これですね。 約50万円のベースの48回払い購入。 金利だけで10万円近く値段が上がってしまった悲しさ。 いくらしゃーなかったとは言え、振りかえるときつい話です。 「月に2万も払わずにこん…

ベースとブリッジ 扱いやすいおすすめはHIP SHOT B style

HIP SHOT B style ベースとブリッジ ブリッジにほぼ興味なし いきなりこれを言うのもどうかと思いますが、ブリッジ変更による音質の向上などにはほとんど期待していないわたくし。 正直申しまして、 「サスティーンが凄く良くなった!」 「アタック感が全然…

純パッシブベースと高性能アンプ 軟弱な甘みと温かみではない世界

ジラウドの新しいジャズベースを弾いて 先日の試奏でけっこうな衝撃を受けたパッシブジャズベース。 スタンダードな一本、4弦が欲しい意味でも揺れ動くものがあります。 ただ、見落としていたかもしれない要素がありました。 【JFDT-HA】 自分も所有、長く愛…

ベースとキャビ 軽量&安価な15インチPAスピーカーを探してみる

軽量15インチスピーカー探し 軽量15インチスピーカー探し ベースアンプよりPAスピーカーから Electro-Voice ZLX-15 Electro-Voice ELX115 CLASSIC PRO CP15E BEHRINGER EUROLIVEシリーズ YAMAHA CBR15 & BR15 どんどん手軽になるPAシステムとフルレンジ ベー…

良いパッシブジャズベースが欲しいならこれ ジラウド脅威の新作

JIRAUD NEW JAZZBASS JIRAUD NEW JAZZBASS 試作新型ジャズベース デッドポイントがない 気持ち良いボディ鳴り 絶妙な高速タッチレスポンス より個体差が少なくなる? さらに進化するのかジラウドベース!? 試作新型ジャズベース 様々な意味で試作機のジャズ…

ニワカが語る ウッドベース・コントラバスのPU その選び方について

ニワカのウッド・コントラバス談義 ニワカのウッド・コントラバス談義 ウッドベースとPU UNDERWOOD FISHMAN BP100 DAVID GAGE THE REALIST SCHERTLERなど他 唯一神を求めるのは厳しい ウッドベースとPU すでにアップライトベース類は全て手放しているわたく…

フレットレスと指板のコーティング メリットとデメリットを考える

フレットレスとコーティング指板 フレットレスとコーティング指板 フレットレスはマイルドでソフトなほど良い? コーティングのメリット コーティングのデメリット 好きでもあり嫌いでもあるコーティング指板 フレットレスはマイルドでソフトなほど良い? 「…

ベースとエボニー指板 高級材の定番 響きもレスポンスも別格な存在

ベースとエボニー指板 ベースとエボニー指板 THE・高級の代名詞 フレットレスの定番 エレクトリックベースにはどうなの? エボニー指板をすすめるなら? エボニーは希少材 THE・高級の代名詞 安易なイメージかもしれませんが、でもまさにそんな存在。 真っ黒…

ベースとローズウッド指板 定番中の定番 でも実はよく知らないその特性

ベースとローズウッド指板 ベースとローズウッド指板 定番中の定番の指板 ローズウッド 色々種類が存在するらしいローズウッド ローズウッドは硬い木材 楽器オタクが仇にならないように 定番中の定番の指板 ローズウッド 「指板と言ったらこれ!」 メイプル…

ジラウドの新ジャズベースが超良かったらどうしよう!?

ジラウドの新作? 以前から話だけは聞いていた新型のジャズベース。 これの登場で今までの価値観がひっくり返ってしまうのだろうかと注目しています。 と言っても恐らく、見た目はそのまんま普通のジャズベ。 ジョイントもディープジョイントではなくノーマ…

ベース・ギター・楽器の運搬にカート 移動に便利なコロコロ 

楽器の運搬とカート 楽器の運搬とカート 徒歩移動という苦行 コロコロ それは徒歩移動の強い味方 キャスター・タイヤは大きめな方がおすすめ 耐久性を過信しない方がいい 私的ワンポイント マグナカート 便利なコロコロ その魅力と面白さ 徒歩移動という苦行…

Marcus MillerとMarkBass もはやベースアンプは軽量の時代?

Marcus MillerとMarkBass フェンダーでもSWRでもないマーカスミラー!? いや、これ全然知りませんでした。 最近はあの77年のジャズベじゃないやつを使ってるとか、それぐらいの情報は入ってましたが、まさかマークベースと契約してるとはびっくり仰天。 SWR…

MUSICMAN STINGRAY SPECIAL スティングレイの新型が出たらしい

MusicMan StingRay Special MusicMan StingRay Special 2018年 ニューモデル 楽器本体について ボディ ネック 指板 PUとプリアンプについて PU プリアンプ STERLINGを思い出す ミュージックマンベースの集大成? 2018年 ニューモデル 調べものをしてたら新し…

楽器に愛着を持たなかった話・ベースを買い替えまくって出た結論

楽器と愛着 音色を楽器側に依存していた 「こいつが最高!」 「もう次はいらない!」 こんなのを何回繰り返してきたことか、思い返すと青くなるわたくし。 メインにしたつもりが二年と持たないのが当たり前。 本当にそんな人間でした。 それも今考えてみると…

タダでベース・楽器を買って楽しむ方法? ネットさまさまの時代

ベース・楽器とお金の話 タダでベースを楽しむ タダと言っても、誰かにベースをもらうわけではありません。 誰かに気に入ってもらうとか、どこかと契約して提供してもらうなんて話でもない。 買うのは自分。 お金を出すのも自分自身です。 それがなんでただ…

Compact Bassが面白い 侮れないミニベースの可能性

Compact Bass ギターサイズのミニベース? 見て分かる通り、ギターと同じぐらいのサイズ。 スペック表によると現行品は29インチとのこと。 2万円もしないで買えるぐらいなので、値段的にも手頃で可愛いやつです。 ほぼ確実にオモチャのようなイメージを持つ…

失敗したベース選び 失敗しない・失敗したくないなら原因を把握する

失敗を恐れるならばこそ ダメージを恐れるあまり、 「失敗したくない・・」 こういう方向で考えてもしまいがちな楽器選び。 でも、これというのはちょっと後ろ向きな姿勢ですよね。 一生の愛機になるかもしれない存在を選ぶのに、リスクばかりを意識するのも…

究極の電池? アルカリ超えの凄い奴? 9V・006Pの極み?

究極の9V電池!? 究極の9V電池!? EMGと究極の電池 ULTRA LIFE リチウム電池 問題点について 高い でかい 分からない まさに浪漫 EMGと究極の電池 存在を知ったのは20年ぐらい前のこと。 Player誌のEMGの広告と一緒に載っていたインパクトが忘れられません…

K.Yairiのアコースティックベースを語る アコベの魅力と面白さ

アコースティックベースの難と魅力 その実用性にどうしても難があるアコースティックベース。 どう考えたって大音量に向いた楽器だとは思えません、 エレクトリックがメインの人間としてはやはり、常にハウリングのことを気にしなければいけないという時点で…

個性派ベース10本のレポ 記憶に残る強烈さ 試奏だけでも分かるその面白さ

【個性派ベースの試奏】 所有してきたメイン級のベースは軽く20本以上。 遊びの分を含めれば軽くその倍かそれ以上。 試奏については何百本か千本単位で弾いてきたかと思われます。 その結果たどり着いたのが、今のジラウドベース。 自分に最も合っている楽器…

NAZCA ベース用ギグバッグ 変形にもおすすめ 超軽量・便利なケース

NAZCA ベース用ギグバッグ 最高のケース 今まで所有してきた中でここまで自分に合ってるケースはありませんでしたね。 「とにかく軽い!」 「とにかく便利!」 「とにかく楽!」 声を大にしてしまいます。 このブログでIGIGやサドウスキーのケースなども紹介…

充電式パワーサプライ ライブのノイズ対策・手間削減にもおすすめ

充電式パワーサプライのすすめ 充電式パワーサプライのすすめ Eneloop Music Booster Music Boosterは生産終了 ELECTRO-HARMONIX Power Tank WARWICK RockBoard Power LT XL VITAL AUDIO POWER CARRIER VA-R8 技術進化のありがたい世の中 Eneloop Music Boos…

LANDSCAPE SWB アップライト・EUB 納浩一さんのセミナーの感想

【2009年の記事をリライト】 某SNSに上げていた記事を読み直してみたら、これがなかなか面白かった為、せっかくなのでリライトしておこうかなと。 ランドスケープのアップライトは一時期すごく憧れましたね~。 なんと言っても、あのルックスが素晴らしい。 …

友人の面白いギターの選び方 短い付き合い・小さな音じゃ分からない世界

【2013年の記事をリライト】 今回は某SNSで書いてた記事を修正。 ま~、これもけっこう印象的な出来事でしたね。 器用さや即戦力で楽器を選ぶのではなく、将来を見越して信じて選択するという、なかなかできないことをやっているのが凄く面白かった。 で…

IGIG G315B おすすめのベースケース ギグバッグの進化系 

IGIG G315B ベースギグバッグ IGIG G315B ベースギグバッグ 愛用ベースギグバッグ 脅威の収納スペース レインカバー付き ストラップとフィット感が素晴らしい 安心のネック枕 いや、もはや布団? 地味に嬉しいフック YAMAHA SLB200も入る? IGIGは進化系ギグ…

一生使えるベースの選び方 不毛で無個性な楽器探しについて考える

自分の音が出る楽器を選ぶ 結論から言うとこれでしょう。 『人様の音は人様の物』 自らにその『人様』であることを求め続けるのは不毛かなと。 「この人の音が欲しい」 その希望を楽器に求め続ける、探し続けたところで現実は厳しい。 それは一生手に入らな…

 

【ブログカテゴリー】