楽器選び

臭う楽器を弾くか臭わない楽器を弾くか?臭う人か臭わない人か?

楽器音楽とニオイ いきなり何のこっちゃってな今回のテーマ。 何となくってイメージを挙げるとすれば、 「国産か?USAか?」 たぶん簡単な感覚。「あ~そういうことね」となるはず。 何でしょう?「おぉ!ロックだねぇ!」「イぇい!ファンキー!」「う~ん…

まだアップライトベースへの未練が残ってるらしい

サイレントベースへの未練 レジンのコントラバス、ハルシュタットのEUB、ヤマハのSLB200LTDと買っては手放してきたアップライトベース達。最初はめちゃくちゃハマるんだけど何だか続かない。心が折れてしまうと言うかやっぱりエレクトリックベースが弾きたく…

PUフェンス付けてスラップしてると20フレットにしたくなる

PUフェンスとスラップと20フレット 入手以来、完全にハマってしまったジラウドのメビウスPB。そして予想外に気に入りつつあるのがPUフェンス。スラップによし。指弾きに使ってもよし。以前は全然合わなかったのが嘘のような状況。 ただ、ちょっと気になるこ…

Classic Pro CP400 お手頃ステレオパワーアンプ 入門・最初の一台にも

クラシックプロの1U・100Wパワーアンプ 前からずっと興味があってついに手に入れたパワーアンプ。これで眠ってたサーウィンベガのPAスピーカーを練習モニター用にも使えるぞと入手。ARTのSLA2を完全ベース用、ステレオで振り分けずブリッジ接続できるように…

Daddario EPS180 エクストラスーパーライトベース弦を試す

ダダリオの細いベース弦 ジェマーソン弦にハマった反動かまた違う興味か、 「リアPUメインだったら細い方が良いのか?」 こんな好奇心からダダリオのクソ細いゲージを試してみた次第。 【95.75.55.35】 いや、本当に細いですね。4弦がジェマーソン弦の3弦と…

パッシブがタッチ鍛えるに良いと思う一方、それじゃ分からない事もある

パッシブ楽器とタッチ 「パッシブはレンジが狭い!」 いきなりこれ言われたら「パッシブを見くびるな!」と自分も反論したくなります。しかし「じゃあジラウドベースのスラップモードよりレンジ広いパッシブ教えて?」と返されたらどうにもなりません。そん…

縦振動のタッチの上達と実感・ボディ鳴りとタッチレスポンスについて考える

OPBが分かりやすくはあるが・・・ 縦振動のタッチと言えばOPB。超シンプルなシングルコイル。小さなポールピース1個を各弦の直下に配置。磁界が限定的で反応がとにかくシビア。弦を押し込んで弾くかどうかで露骨に音が変わるベース。 縦振動のタッチを習得す…

フェンダー・アメリカンプロフェッショナルのプレベを借りた

アメプロのプレベを借りる 以前にも話したアメプロ使いの友人。ギタリストでありながら「フェンダーなら絶対USAが欲しい!」とこだわって本当に買っちゃった強者。「しばらく弾かないから遊んで鳴らしといて」ってことでそのプレベをちょっと借りることにな…

PUフェンスで気付く安定感の向上 無意識のミュート・使ってない弦の処理

PUフェンスの美味しさと弦のミュートと PUフェンスによるタッチとフォームへの影響が面白い ジラウドのメビウスPBにPUフェンスを装着してみた先日。「こんなもん邪魔で弾けねぇよ!」と以前は思ってた代物。色々研究してきたのと好みも変わってきたからなの…

BAGENDの12インチスピーカーが欲しくなってきた話

BAGEND S12への興味 ウーハー追加してスタックにしてみたい欲 18インチウーハーのついて触れた先日。その流れと言うのも変ですが、バグエンドの12インチが欲しくなってきてます。同軸の15インチはすでに持っている為、その下にノンツイーターの12があればな…

18インチサブウーハーへの興味 実はよく知らない重低音世界

18インチサブウーハー物色 「でかい!重い!迷惑!」 三拍子揃った完全無欠の厄介者18インチスピーカー。こいつを追加したら一体どうなってしまうのか? ベースを弾く者としてやはり興味を惹かれてしまいます。 ベース本来の音がどうのとよく目にする耳にす…

Jiraud Mobius PB Type2 (5) 軽いボディ・シンプルなパーツはやっぱり良い

ジラウド メビウスPB (5) 軽量アッシュボディ 華やかなトップ材など必要なし。単一材ってのはやっぱり良い。軽くて鳴りも良いなら言うことありません。アッシュ=無難でつまらないではなく、 「アッシュが良い!」 加えて強調しておきたいのはアクティブ…

気になる充電式アンプ DJ-TECH FPX-G12BTE・ポータブルPA

DJ-TECH FPX-G12BTE 12インチウーハー+ツイーター・最大80W 充電式と言うと小口径のスピーカーでまとめられているものが多い中、このアンプは堂々の12インチサイズ。ツイーターも完全にPAスピーカーのそれ。明らかに楽器用アンプのナリではありません。 80W…

ジャズベース=EQ処理済み&コンプ搭載? 絶妙なミックスについて考える

アンソニーのコントラから思った事 先日のアンソニージャクソンの話からふと頭をよぎったこと。 「ジャズベって凄いよなぁ・・」 あのコントラバスギターと比べてなんと扱いやすそうだろうかと妙に納得してしまいました。 ボリュームもトーンも付いてないア…

ベースとPAスピーカー・12インチタイプを物色してみる

12インチPAスピーカー 15インチと10インチの記事は書いたけれど意外と触れてこなかったのが12インチ。自分が所有していた中では『アギュラーGS112』がなかなかの手応えでしたが、今でも製造してるかは不明。 愛用・お気に入りのバグエンドについてはツイータ…

良い音しすぎるフレットレスにちょっと引いちゃう話

ウッドじゃないのよエレクトリックフレットレスベース 自分の入る余地がない違和感 脳がとろけそうなぐらい官能的で甘~いサウンド。思わず涙腺が緩んじゃいそうな深い響き。生々しく木の存在を感じる質感など、堪らない魅力を持つものもあるフレットレス。 …

ハイC弦&ボリュームペダル ボトム世界・バイオリン奏法の先の魅力

ハイC弦とボリュームペダル ペダルボイドの魅力 ボリューム操作でアタックを消して鳴らすバイオリン奏法ってあれ。ボリュームペダルを使った場合、自分的には呼び方がいまいちしっくり来なかった為、【ペダルボイド】って勝手に名付けて使ってます。 ボリュ…

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (2) 歓喜と恐怖の超絶サウンド

ジラウドとの出会いと旅路 (2) 全てをブッ飛ばしたジラウドベースの衝撃 初めて弾いたジラウド。 そのあまりの異次元サウンドにこれまでの価値観が崩壊。 ディスクリートがどうの、3Dシェイプがどうの、難しい内容は分からず。 でもハッキリしたことはあ…

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (1) きっかけはベースマガジンと5弦探し

ジラウドとの出会いと旅路 (1) 5弦探しと失意の思い出 もう20年は前のこと。 良い5弦が欲しくなって試奏に明け暮れていた自分。 アトリエZ、サドウスキー、クルーズ、ムーン、ボッサ、フォデラ、レイクランド、その他多数、とにかく気になるものは片っ端…

やっぱり良いぜジラウドネオパッシブ

ネオパッシブ最高 理想的なシンプルアクティブ 「パッシブの方が好き!」 「でも色々不安定になるのは嫌だ・・」 「ローインピーダンス出力の実用性も分かる!」 「ただ変なEQとか要らないんだよな・・」 なんてこだわりや葛藤があるならまさにドンズバ。 実…

爆音バンド・ライブの耳鳴り対策に耳栓 怖い難聴にご用心

爆音・耳鳴り対策に耳栓 聴力・耳の異常の恐怖 「俺、べつに爆音好きじゃないんだけどなぁ・・」 と心の中で思ってるだけでは解決せず。 楽器弾いてりゃ避けられない場面に遭遇することは必然。 そうでないにしても音楽好きなら一度は二度体験するはず。 「…

10~20年後に最強になるのかもしれない・・? と思ったフレットレス

ベース旅の終着点? ジラウド・ブラッククラウド5弦FL 自分が所有してきた中では間違いなく最高に鳴るフレットレス。 メインほど弾き込んではいない為、その点が残念ではありますが、逆にそれだけ楽しみが残ってるとも言えそうです。 ただ、今回語りたいのは…

PJB Micro7が気になる 練習用・小型ベースアンプ コンボ

PHIL JONES BASS Micro7 意外と苦手なPJB いきなりこう言うのも何ですが、個人的にはあまり好きではないPJB。 豪語するほどフラットではない、レンジもそこまで広くない、実はそんなにレスポンスが速いわけでもない、こんな印象が強いところ。 ツイーターを…

VOX MV50 超小型・超軽量ギターアンプヘッドが面白かった話

VOX MV50 ギター用ミニアンプヘッド 540gの手の平サイズ まずもう、このタイトルの時点で意味が分からない気がします。 ベースアンプの小型化と軽量化が著しく進んでいる近年。 もはや知らない人はいないぐらいになっているはず。 例を挙げるならマークベー…

今更だけどジャズベースの良さにびびる ベース選びで迷ったらやっぱりこれ

弾けば弾くほど分かるジャズベの魅力 いやほんと、何なんでしょうねこれ? ジャズベに触れれば触れるほど、 「何でこんないいの!?」 びびらされるものがあります。 過去の自分が嫌悪していた点を挙げるならば、 ①人と同じは嫌だ! ②でかい楽器は使いにくい…

手放した楽器は帰ってこない 二束三文の中古送りより現物大事に

安易に楽器を売った後悔と悔い バッカスのフレットレスの思い出 自分がパッシブに目覚めるきっかけになったのがバッカスのジャコモデル。 加えて言うならアンチジャズベ野郎だった我が身を敗北させた一本。 おまけに初めてのフレットレスでもあるというなか…

Sadowsky NYC 本場サドウスキーの廉価版がある事を初めて知る

Sadowsky NYC Deluxe Satin 身近で当たり前になったサドウスキー Tokyo?TYO?Metro?Express? いつの間にやら色々増えていてよく分からないサドウスキー。 確かな事と言ったらこれ。 「あのサドウスキーが身近な存在になった」 いや本当、一昔前二昔前じゃ…

【30インチ】 MTDのショートスケール5弦ベースの試奏

MTD 530-24 一見するといつものMTD? しかしよく見てみたらびっくり。 「・・ん!何だこれ!?」 明らかにスケールが短いのが分かるモデル。 こんなベースがあったのかと驚き。 話によるとギターのケースに入ってしまうサイズだそうな。 飛行機などで機内へ…

激安PJベースを探してみる 気になったのはYAMAHA BB234

激安PJベース 激安PJベース PJピックアップへの興味 YAMAHA BB234 YAMAHA BB235 SQUIER Affinity Precision Bass PJ 入口か結論か?定番かつ未知が面白いPJ PJピックアップへの興味 最近よく記事にもしている通り、かなりの興味が湧いているPJ。 理想として…

梅雨時期になるとポリ・ウレタン系の塗装が頼もしいと思える

オイルフィニッシュが好きだけど・・ 10年弾いていることもあり、入手当初より明らかに風格を帯びてきたマホガニー。 やっぱりオイル仕上げは良い、我ながらニヤけてしまうものがあります。 ネックの触り心地も最高、感覚も染み込んだまさにメインベースと言…