楽器選び

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (2)

ジラウドとの出会いと旅路 (2) 全てをブッ飛ばしたジラウドベースの衝撃 初めて弾いたジラウド。 そのあまりの異次元サウンドにこれまでの価値観が崩壊。 ディスクリートがどうの、3Dシェイプがどうの、難しい内容は分からず。 でもハッキリしたことはあ…

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (1)

ジラウドとの出会いと旅路 (1) 5弦探しと失意の思い出 もう20年は前のこと。 良い5弦が欲しくなって試奏に明け暮れていた自分。 アトリエZ、サドウスキー、クルーズ、ムーン、ボッサ、フォデラ、レイクランド、その他多数、とにかく気になるものは片っ端…

やっぱり良いぜジラウドネオパッシブ

ネオパッシブ最高 理想的なシンプルアクティブ 「パッシブの方が好き!」 「でも色々不安定になるのは嫌だ・・」 「ローインピーダンス出力の実用性も分かる!」 「ただ変なEQとか要らないんだよな・・」 なんてこだわりや葛藤があるならまさにドンズバ。 実…

爆音バンド・ライブの耳鳴り対策に耳栓 怖い難聴にご用心

爆音・耳鳴り対策に耳栓 聴力・耳の異常の恐怖 「俺、べつに爆音好きじゃないんだけどなぁ・・」 と心の中で思ってるだけでは解決せず。 楽器弾いてりゃ避けられない場面に遭遇することは必然。 そうでないにしても音楽好きなら一度は二度体験するはず。 「…

10~20年後に最強になるのかもしれない・・? と思ったフレットレス

ベース旅の終着点? ジラウド・ブラッククラウド5弦FL 自分が所有してきた中では間違いなく最高に鳴るフレットレス。 メインほど弾き込んではいない為、その点が残念ではありますが、逆にそれだけ楽しみが残ってるとも言えそうです。 ただ、今回語りたいのは…

PJB Micro7が気になる 練習用・小型ベースアンプ コンボ

PHIL JONES BASS Micro7 意外と苦手なPJB いきなりこう言うのも何ですが、個人的にはあまり好きではないPJB。 豪語するほどフラットではない、レンジもそこまで広くない、実はそんなにレスポンスが速いわけでもない、こんな印象が強いところ。 ツイーターを…

VOX MV50 超小型・超軽量ギターアンプヘッドが面白かった話

VOX MV50 ギター用ミニアンプヘッド 540gの手の平サイズ まずもう、このタイトルの時点で意味が分からない気がします。 ベースアンプの小型化と軽量化が著しく進んでいる近年。 もはや知らない人はいないぐらいになっているはず。 例を挙げるならマークベー…

今更だけどジャズベースの良さにびびる ベース選びで迷ったらやっぱりこれ

弾けば弾くほど分かるジャズベの魅力 いやほんと、何なんでしょうねこれ? ジャズベに触れれば触れるほど、 「何でこんないいの!?」 びびらされるものがあります。 過去の自分が嫌悪していた点を挙げるならば、 ①人と同じは嫌だ! ②でかい楽器は使いにくい…

手放した楽器は帰ってこない 二束三文の中古送りより現物大事に

安易に楽器を売った後悔と悔い バッカスのフレットレスの思い出 自分がパッシブに目覚めるきっかけになったのがバッカスのジャコモデル。 加えて言うならアンチジャズベ野郎だった我が身を敗北させた一本。 おまけに初めてのフレットレスでもあるというなか…

Sadowsky NYC 本場サドウスキーの廉価版がある事を初めて知る

Sadowsky NYC Deluxe Satin 身近で当たり前になったサドウスキー Tokyo?TYO?Metro?Express? いつの間にやら色々増えていてよく分からないサドウスキー。 確かな事と言ったらこれ。 「あのサドウスキーが身近な存在になった」 いや本当、一昔前二昔前じゃ…

【30インチ】 MTDのショートスケール5弦ベースの試奏

MTD 530-24 一見するといつものMTD? しかしよく見てみたらびっくり。 「・・ん!何だこれ!?」 明らかにスケールが短いのが分かるモデル。 こんなベースがあったのかと驚き。 話によるとギターのケースに入ってしまうサイズだそうな。 飛行機などで機内へ…

激安PJベースを探してみる 気になったのはYAMAHA BB234

激安PJベース 激安PJベース PJピックアップへの興味 YAMAHA BB234 YAMAHA BB235 SQUIER Affinity Precision Bass PJ 入口か結論か?定番かつ未知が面白いPJ PJピックアップへの興味 最近よく記事にもしている通り、かなりの興味が湧いているPJ。 理想として…

スルーネックのベース メリット・デメリット・苦手な理由を考える

ベースとスルーネック ベースとスルーネック 重いボディ材は苦手 硬すぎるボディ材は苦手 スルーネックの利点の疑問 ボルトオンでは実現困難なシェイプと心地よさには惹かれる フェンダーから離れた世界は魅力か違和感か 楽器オタクこじらせ損をしないように…

ベースと木材 マホガニーの謎について調べてみる

ベースとマホガニーボディ ベースとマホガニーボディ ホンジュラスマホガニー愛用者ポング 全帯域超高速サウンド マホガニーってマイルドな音なんじゃないの? ホンマホですら実は代用品だったらしい 見た目が似てりゃマホガニーな世界と困惑 出会った楽器で…

ウッドベース・アップライト・EUBに使ってみたいアンプを探す

ウッドベースのアンプ探し 条件は10kg前後まで・10万円前後までにしたい 先日、ウッドベース・アップライトベースの話をしていて気になったのがアンプについて。 元々、小型軽量アンプへの興味をずっと持っていた身なこともあり、良さげなアンプがあれば知っ…

ベースと木材 アッシュの特性・傾向について考える

ベースとアッシュボディ ベースとアッシュボディ 重量のばらつきが激しいイメージ 重さ関係なく感じる傾向は『明るい』 固定観念・先入観に気を付けたいのもアッシュ アッシュはドンシャリ? アッシュ自体を避けてしまうのは疑問 フレットレスに使ったって問…

ベースと木材 アルダーの特性・傾向について考える

ベースとアルダーボディ ベースとアルダーボディ イメージは『遅い』 帯域の立ち上がり・スピード、傾向を考える 軽くて詰まった奴が欲しい 実際に弾いて判断するのが一番 アルダーは長い目で見ていきたいボディ材 イメージは『遅い』 独断と偏見から言えば…

ベース購入の予算と自分ルール 一本に50万円以上は出さない

ベース購入自分ルールを考える 幾らでも出す!はもうやめた すでに納得いくベースを持っていることも大きいですが、それ以上に抵抗が生まれてしまった考え方、 「良い物だったら幾らでも出す!」 これは本当、自分の中になくなってきた実感があります。 たと…

コントラバス・ウッドベース・アップライトベースの挫折に今思う事

コントラバス・ウッドベースの挫折と今 コントラバス・アップライト・ウッドベース挫折 どの呼び方が良いかはともかく、今は弾かなくなってしまった、手放してしまったのは間違いないこの世界。 せっかくなら一番欲しいのを買ってしまおう、納得できるものを…

2ハムバッカーのベースが苦手な理由は弾くポジションに困るから

2ハムバッカーは苦手な仕様 音的な問題もありますが、それとはまた別に苦手意識を抱える2ハムバッカー。 自分的に苦手な理由はこれ。 『強制フィンガーランプ感』 弾いた後に指がPUに当たってしまうのがどうにも苦手。 「ここ!」ってポイントで弾いてしっく…

何でPJのベースが欲しくなったのかを考える

PJ物欲を考える アンチから一転、超気になる存在に 「俺がPJ使うとか有り得ない!」 ぐらいに考えてたのが一変したのはジラウドがとんでもないPJを作ったから。 先日も触れましたがPJの改良に踏み込んだ素晴らしいベースの登場で状況が変わりました。 www.po…

PJのベース メリット・デメリット・魅力を考える

PJPUのベースを考える リアPUがあるメリット 話を分かりやすくしたい為、ベース本体はプレベ、そこを前提に進めたいと思います。 PJの何がメリットってこれは超簡単な話、 『リアPUが使える』 2PUになればそれだけサウンドバリエーションが増えます。 「当た…

ベース・楽器の肩こり腰痛対策 ランブルローラーの効果と感想

肩こり腰痛にランブルローラー 肩こり腰痛にランブルローラー 整体離れをしたかった プロアスリートお墨付きのアイテム 全自動を期待するべからず 楽に救ってくれる器具ではない 大人しそうなフォームローラーから始めるのも良さそう 疑うだけで何もしないん…

FENDER アメプロのベース 友人が本当にUSAのプレベを買った話

フェンダー アメリカンプロフェッショナル ベース 動かずにはいられない素晴らしさよ ※参照記事 FENDER USAのプレベを欲しがってる友人の話 以前に話したことがあるこいつ。 まさか本当に買ってしまうとは思いませんでした。 ベーシストなら分かるけど本業は…

良いタッチで弾きたいスパイラルサドル なんだかんだ好きなベースのブリッジ

スパイラルブリッジ 名前だけ聞くと必殺技みたいで凄そうなこいつ。 実際はごく普通、超基本、超スタンダードなのがスパイラルタイプ。 フェンダー、プレベ・ジャズベと来たらまずはこれでしょって定番。 細かい機能が欲しい場合、あまりに簡素すぎて不満が…

フレットレスベース入門と初心 受けてきた影響・道を振り返る

フレットレスベースの門 フレットレスベースの門 好きなミュージシャン・お手本を知れば弾き方も分かってくる 【 Jaco Pastorius (ジャコ・パストリアス) 【 Marco Mendoza (マルコ・メンドーサ) 【 Kai Eckhardt (カイ・エクハルト) ほぼ絶対的にライ…

5弦ベース入門・慣れるには6弦ベースを弾くのも道 多から少への解放感

5弦ベース入門と慣れ 5弦ベース入門と慣れ 4弦から6弦 そこから5弦へ 多弦ベースを弾きたいならびびらず飛び込んじゃうのが一番おすすめ もはや多弦の老舗・YAMAHA 6弦と言えばTRB まずは4弦を極めてとか必要なし 多弦が弾きたいなら多弦を弾け 4弦から6弦 …

ベースとエージングの実感 スピーカーもどっかんどっかん鳴らしたい 

ベースとスピーカーのエージング 否定しようにも実感済みのエージング 迷信か思いこみだと扱われそうなエージング。 弾きこむほど成長する。 鳴らし続けていくことにより音が良くなる。 そう言われて抵抗を覚えるか否か? 人によって考え方は異なるものだと…

ベースのタッチレスポンスについて考える ただのドンシャリ・高域がうるさいとは異なる世界

ベースとタッチレスポンス 最強ジラウドブラッククラウド 読んで字のごとくタッチに対するレスポンス。 その応答と速度に優れているものが自分は好き。 今現在のメインベースであるジラウドのブラッククラウドはその点において最強格。 下から上までここまで…

MOORADIAN ベース・ギターの定番 超軽量ケース とにかく軽くしたいならこれ

ムーラディアンのケース ムーラディアンのケース ベース・ギター用 超定番ケース 十分なクッションかつ超絶軽い 2本収納タイプでも軽い さすがに古臭さは感じる イメージは最強のソフトケース ベース・ギター用 超定番ケース 自分が最高に気に入ってるケース…