中学・初心者時代

ベースを始めた理由を振り返る & ベース人口とはどれほどのものなのか?

ベースを始めた理由 人口の興味 エレクトリックもコントラバスもジャンルもキャリアも関係なく、そもそもどれほどのベース人口ってのが日本に存在しているのか、ちょっと興味深いところ。 実は一万人とかいるものなんでしょうかね? それとも、遥かそれ以上…

ポングの初心者・中学時代 (終) 左手で弦を押さえる事を知らなかった話

ド素人以下 最初にすべき話が最後になってしまいましたが、初めてベースに触った時のこと。 今考えても、あまりに無知すぎて呆れてしまいますが、なんと、 「ベースは弦を押さえて弾く楽器」 ということすら知らなかったのが本当の話。 タブ譜の読み方だけは…

ポングの初心者・中学時代 (29) 生まれて初めて試奏したベースはSPECTOR

一歩踏み出す 前回の続き。 スペクターを発見したはいいけどやはり、とても手を出せる代物ではありませんでしたね。 中学生に20万オーバーの壁はあまりに高すぎ厚すぎました。 しかし、憧れ・幻のベースがそこにあるという事実に諦めきれず、その店に何度…

ポングの初心者・中学時代 (28) 憧れだったベースはSPECTOR

小型で良い音のベースが欲しかった 「もっと日本人の体格にあったベース作って欲しいよなぁ~。」 なんて兄貴がよく言っていましたが、当時の自分も同じことを考えていましたね。 ミディアムスケール&小型軽量ボディのアイバニーズが最初のベースだったので…

ポングの初心者・中学時代 (27) アクティブの恐怖 電池が入ったベースがある事を知る

中学時代 (27) アクティブと電池の恐怖 音が出なくなる トラウマと言ったら大袈裟なようですが、ある日、愛用していたベースの音が急に出なくなりパニックになったことを覚えています。 一応、アンプに繋げて最初は音が出るんだけど、 「ヒュゥゥン・・…

ポングの初心者・中学時代 (26) Jaco Pastoriusの衝撃 A REMARK YOU MADEの感動

ジャコ・パストリアス お約束かもしれませんが、自分もジャコには凄い衝撃を受けた身です。 例のごとく、「凄いベースを弾く奴を教えてくれ!」と兄貴に頼んだのがジャコを知ったきっかけ。 「だったらジャコパスだろ!」 「Word of Mouthが傑作だぞ!」 と…

ポングの初心者・中学時代 (25) Dream Theater、John Myungの衝撃

ドリームシアターとの出会い MR.BIGやブルーマーダーのコピーも始めたり、音楽的な視野も更に広がっていく中学生。 こうなると好奇心は留まることを知らず、またまた兄貴に色々たずねることに。 もっと凄いのがあるのかと期待したところ、 「だったらドリー…

ポングの初心者・中学時代 (24) MARCO MENDOZAに度肝を抜かれる

Screaming Blue Murder 先日の続きになりますが、このライブアルバムでのマルコのアプローチはそうそう聴けるものではないでしょう。 6弦フレットレスを縦横無尽に弾くだけでも強力ですが、とにかく自由に弾いてる感が凄い。 決まったフレーズを弾いている…

ポングの初心者・中学時代 (23) JOHN SYKESとBLUE MURDERの衝撃

サイクスとブルーマーダー ゲイリー・ムーアからの流れで兄貴に教えてもらったのが『ジョン・サイクス』 そして彼がリーダーを務めるバンド『ブルーマーダー』 MR.BIGだとちょっと爽やかすぎる、ゲイリーのブルース路線だと渋すぎるか、ワンマンすぎてバンド…

ポングの初心者・中学時代 (22) GARY MOOREの衝撃 カウボーイビバップからの影響

初の号泣 とにかく兄貴から情報を仕入れていた中学時代。 メタルに限らずジャンル広かったのも良かったかなと思うところ。 その中でもゲイリー・ムーアは衝撃的な存在でしたね。 【Still Got The Blues】などは音楽を聴いてて生まれて初めて涙を流した曲だっ…

ポングの初心者・中学時代 (21) 楽器の上達、相方の話についてなど

相方の上達ぶりに戦慄 文化祭バンドをやって以降、相方的存在になったギターのT.G(仮名)ですが、MR.BIGを余程に気に入ったのかコピーに挑戦してみたくなったらしく、ベスト盤だけでなく譜面も買っていた覚えがあります。 ただ、当然ながら、いきなりポール…

ポングの初心者・中学時代 (20) MR.BIGの良さに目覚める

中学時代 (20)MR.BIGの魅力に気付く 文化祭以降、好みが変わりはじめる スレイヤーでメタルに対する挫折を感じていた中、以前はあまり魅力を感じなかったMR.BIGがなかなか良いぞと気付くことになっていきます。 家にあったライブビデオをよく見るように…

ポングの初心者・中学時代 (19) SLAYERで挫折を味わう メタルモードに陰り

中学時代 (19) SLAYERと挫折 文化祭を終えさらに燃える中学生 「文化祭が終わったから今度は受験だ!」 幸か親不孝か? こんな気持ちにはまったくならかった自分。 やっと好きな音楽に戻れることもあり、ますますベースにのめりこんでいきます。 「もっ…

ポングの初心者・中学時代 (18) 文化祭ライブ、その成功の要因を考える

中学時代 (18) 文化祭ライブと成功と 生のエネルギーと迫力 文化祭ライブは成功。 なかなか評判も良かった記憶。 それを見て楽器をやりたくなったり、実際にギター買って始めてみたり、そんな話も聞きました。 恐らく、見てる方もけっこう印象的だったん…

ポングの初心者・中学時代 (17) ロックを体感した文化祭ライブ

中学時代 (17) 文化祭とロックのライブ いざ出陣!・・の前に衝撃の事実発覚 いよいよ突貫バンドの出番。 ここで何気に衝撃だったのが直前でのボーカルとの会話。 「俺さぁ・・」 「ノミの心臓なんだよ」 いきなり弱音丸出しで驚愕。 同時にちょっと笑っ…

ポングの初心者・中学時代 (16) 文化祭ライブ本番の話

中学時代 (16) 文化祭ライブ本番 いよいよ本番 出順決定 トップバッターはミスチルバンド。 次に自分のバンド。 助っ人で参加した突貫イエモンバンドがトリって順番に決定。 あまり好きになれなかった例の先生ですが、この順番を考えるとけっこう気を使…

ポングの初心者・中学時代 (15) バンドの個性の違いと面白さ 初爆音の衝撃

中学時代 (15) バンドの個性の実感・衝撃体験 正体不明VSリア充 音楽室でのリハで印象的だったのは、デモを審査した例の先生。 ミスチルコピーバンドの方のベースを「何だお前上手いじゃねーか!やるじゃん!」としきりに褒めていまして、こっちはバンド…

ポングの初心者・中学時代 (14) 完璧主義への疑問 文化祭リハでの衝撃など

中学時代 (14) 完璧主義への疑問・文化祭リハ 四の五の言わずとにかく動く 突貫工事ではありましたが、なんとか形になった二つの我がバンド。 自分が好きなメタルをやるなんてわけには行かなかったけど、これは本当、上を見たらキリがないし、時間内にも…

ポングの初心者・中学時代 (13) 頭の良さと楽器の上達 突貫バンドは優等生

中学時代 (13) 頭の良さと楽器の上達 一番上手かったギター 前回の通り、なかなかパニックな展開になった一方、大きな救いがあったのも確かだったりします。 こっちのギターは他のメンバーとはまったく比較にならない実力の持ち主。 間違いなく学校で一…

ポングの初心者・中学時代 (12)文化祭直前、急遽助っ人を頼まれる展開に

中学時代 (12)文化祭と助っ人 他のバンドのゴタゴタに巻きこまれる 文化祭に出るバンドは自分達を含めて三つ。 ところが、その内の一つに致命的なトラブルが起こったことを今でも覚えています。 喧嘩でもしたのか内部崩壊でも起こしたのか? その詳細は…

ポングの初心者・中学時代 (11) 文化祭ライブに出る為の審査と苦い思い出

中学時代 (11) 文化祭ライブと審査 初オーディション? バンドを始めたのは本当に楽しかった第一歩。 一方、しょせんは超初心者の寄せ集めだったのも事実。 やはり、お世辞にもクオリティが高いとは言えませんでした。 しかもそこに追い打ちをかけるよう…

ポングの初心者・中学時代 (10) 文化祭に向けバンドの苦労と楽しさを味わう

中学時代 (10) 文化祭ライブとバンドづくり 人生初・メンバー集め 「さあ文化祭でライブだ!」 となると当然、メンバーを集めなければいけません。 しかし、軽音楽部なんて洒落たものがあるはずもなかった為、人選は本当にいいかげんでした。 こう言って…

ポングの初心者・中学時代 (9) 人生初ライブは文化祭 それに向け機材も変わる 

中学時代 (9) 初ライブを目指す IbanezからB.C.Richへ ベースを始めて1年半ぐらいかな? お約束な流れで、自分も中三の時に文化祭でライブなんかをやりました。 それが今でも記憶に残っていたりします。 そしてそれがきっかけだったか、ずっと音に悩んで…

ポングの初心者・中学時代 (8) GAMMA RAY スラップソロにブッ飛ぶ

中学時代 (8) GAMMA RAYとスラップのベースソロ 初めて見たスラップのベースソロ 色々驚きっぱなしな中学時代。 これまた超ブッ飛んだのが、ガンマレイのダーク・シュレヒターによるスラップ。 当時は「チョッパー」って呼んでたベースソロに驚愕。 『Hea…

ポングの初心者・中学時代 (7) ベースの神様 STEVE HARRIS

中学時代 (7) STEVE HARRISの鋼鉄サウンド Iron Maidenの衝撃 メガデスでブッ飛んだのは確かな一方、実のところ、ベースプレイ自体に関しては想像の範疇だったのも否定できないところ。 ベースのフレーズ自体に対しては、そこまでの衝撃を受けることはな…

ポングの初心者・中学時代 (6) MEGADETHで金属臭と重いサウンドに目覚める

中学時代 (6) MEGADETHとの出会い MEGADETH ハロウィンのその曲の分かりやすさとインパクト、ハイトーンなボーカルにギターサウンドの格好良さに心底痺れた中学生。 その一方で実のところ、ベースサウンドの違いを意識することにはまだそこまで目覚めなか…

ポングの初心者・中学時代 (5) HELLOWEENなどメタルに手を出す

中学時代 (5) 海外のメタルに手を出す Xの次を求める ベースに限らず楽器のことが分かってくると、音色やスタイル、その好みなどもだんだん独自に出来上がってくるものだと思います。 BOOWYとXと聴いたりコピーしたり、そして中学生はどんどん生意気に。 …

ポングの初心者・中学時代 (4) 初のヒーローはXのTAIJI

中学時代 (4) 初のヒーローはX TAIJI BOOWYの次を求めだす 生意気な中学生 クソガキだった自分。 「もっと難しいのやってみてぇ!」 「もう同じのは飽きたわ!」 やっぱりこんな風にイキがるわけですね。 そこで次に何を手を出したかと言うと、 『 X 』 …

ポングの初心者・中学時代 (3) ベース人生はLAST GIGSのコピーからスタート 

中学時代 (3) BOOWY LAST GIGSのコピー 最初の一枚 LASTGIGS 兄貴の影響でベースを始めたのは(1)の話の通り。 その兄貴のアドバイスを元にコピーを始めたのが、 【LAST GIGS】 BOOWYのライブアルバム。 実際、自分もこのアルバムが好きでよく聴いてい…

ポングの初心者・中学時代 (2) BOOWYのコピーで印象に残ってる曲

中学時代 (2) BOOWYのコピー B・BLUEとLIKE A CHILD 先日の【NO.NEW YORK】はもちろん、この二曲も自分としては外せません。 必死に練習していたのを思い出します。 B・BLUE B-BLUE BOØWY ロック ¥250 provided courtesy of iTunes この曲に関しては、イ…

 

【ブログカテゴリー】