ベース研究・楽器コラム

ジャズベに物足りなさがあるとしたらファンタジー感かもしれない

ジャズベースへの違和感と抵抗 そのクオリティを痛いほど思い知ってきたジャズベース。アンチフェンダーを気取って色々抵抗してきましたが、弾けば弾くほどその素晴らしさを思い知り、実用性にも感服しっぱなし。「これ一本あれば何でもイケる!」と堂々言え…

自己整体、マッサージのお供  腰痛・肩こりを自力で治すフォームローラー生活

もはや人生の必須アイテムフォームローラー 以前にも記事にしたランブルローラーに続き、他社製品もちょこちょこ試しているフォームローラー。まさにどハマり、これがあるおかげで整体へ行く回数が減ったこと減ったこと。軽いギックリ腰もなんのその、自力で…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(7)実は簡単だった4弦ルートのコード

4弦ドロップCにおけるコードの把握 「ドロップCまったく分からん!単音でも混乱するのにコードとか鳴らせるわけない!」なんて思ってた最初。ところがどっこいどうやらそうではない。むしろこっちの方が分かりやすいまである?そんな印象が芽生えてくること…

ベースに美味しいピッチシフターが欲しくなる

ピッチシフターが欲しい ZOOMのMS60Bを購入して以来、こいつは美味しいと注目するようになったピッチシフター。ボリュームペダルと組み合わせると自分のやりたいことが一気に広がるのが実に魅力的。 www.youtube.com そしてXtenderにもハマってるのがここ最…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(6)どーん!があるだけで世界が変わる

低音一発の支配力 ローBハイCがなくては6弦にはならんか? ベースとはそんな不便なものか? 刃牙武蔵のあれが頭から離れなくなってるここ数日。無性に動画を撮りたくなりボリュームペダルでアンソニージャンクソンの真似事を。 www.youtube.com これをやって…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(5) 3弦から4弦、四度下を弾きやすくしたい

ドロップC・3弦から四度下を考える 前々回(3)でも話した通り、オクターブの把握についてはかなり身に付いてきたドロップC。これが分かるだけでも弾きやすさが全然違う、手も足も出ない最初の感じとは雲泥の差が生まれました。 一方、それだけってわけに…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(4)Xtender+Double Stop Lever

Hipshot Bass Xtender Cチューナーにハマる ワンタッチでドロップチューニングを実現、お手軽便利で素晴らしいXtender。定番だけど長らく多弦メインで知らなかった、必要性を感じずスルーしていたアイテム。ジラウドのメビウスPBが最高に気に入りつつあるか…

Hipshot Xtender DチューナーよりCチューナーにするのが最高

Bass Xtender 二音下げ 最近ずっとハマってる4弦ドロップC。いちいち手巻きで二音下げて上げてとやるのが面倒になった為、ついにXtenderを導入。一音下げ・ドロップD専用みたいに勝手に思い込んでましたが、実はそれ以上落とすことも可能だと知って驚き。 ど…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(3)分かりやすい基本の運指を考える

ドロップCと運指・音程の把握 いつもの感覚で弾くと頭がこんがらがって仕方ないドロップC。心が折れる要因そのものって感じ。正直言って「本当に慣れるのだろうか?」と不安があります。 しかしそこで止まってしまうのはあまりにも惜しい。5弦ローBとはまた…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(2)張りの緩さをどうするか?

テンションベロベロ? 二音下げと来れば当然、それだけ張りも弱くなるドロップC。しかも今張ってるのは105の一般的ゲージ。人によってはノーマルチューニングでも弱く感じるぐらいかもしれません。 ただまぁ、自分はもうずっと多弦に慣れてきた身。ローBの張…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる (1) 多弦メインで知らなかった楽しさ

二音下げドロップC 4弦、ジラウドのメビウスPBを手に入れずっとハマってるここ最近。プレベと言うどちらかと言うと粘っこいイメージ、ぶっとく包み込むようなサウンドを求めたくなるもの。 その固定観念を簡単にブチ壊すのがメビウスPB。超絶ワイドレンジな…

プレベのPUのポールピース間が広く作ってある理由が面白かった

PB・プレシジョンベースのPU ベーマガのレオフェンダー特集記事を読んでて驚き。プレシジョンベースのPUのポールピースの間がなぜ広くとられているか? 『スピーカー保護の為』 なんじゃそりゃって目が点になりました。 OPBみたいに弦の直下にポールピースを…

臭う楽器を弾くか臭わない楽器を弾くか?臭う人か臭わない人か?

楽器音楽とニオイ いきなり何のこっちゃってな今回のテーマ。 何となくってイメージを挙げるとすれば、 「国産か?USAか?」 たぶん簡単な感覚。「あ~そういうことね」となるはず。 何でしょう?「おぉ!ロックだねぇ!」「イぇい!ファンキー!」「う~ん…

まだアップライトベースへの未練が残ってるらしい

サイレントベースへの未練 レジンのコントラバス、ハルシュタットのEUB、ヤマハのSLB200LTDと買っては手放してきたアップライトベース達。最初はめちゃくちゃハマるんだけど何だか続かない。心が折れてしまうと言うかやっぱりエレクトリックベースが弾きたく…

興味を惹かれるゲイリーウィリスモデル・アイバニーズの5弦フレットレス

Ibanez Gary Willis GWB20TH-TQF どう考えても自分の好みとは対極。鳴り的には気に入りそうもないゲイリーウィリスモデル。ジラウドを愛用している人間として見るに豊かなボディ鳴りを期待するのは酷。理想のパンチやボトムを求めるベースではなさそう。 一…

PUフェンス付けてスラップしてると20フレットにしたくなる

PUフェンスとスラップと20フレット 入手以来、完全にハマってしまったジラウドのメビウスPB。そして予想外に気に入りつつあるのがPUフェンス。スラップによし。指弾きに使ってもよし。以前は全然合わなかったのが嘘のような状況。 ただ、ちょっと気になるこ…

Classic Pro CP400 お手頃ステレオパワーアンプ 入門・最初の一台にも

クラシックプロの1U・100Wパワーアンプ 前からずっと興味があってついに手に入れたパワーアンプ。これで眠ってたサーウィンベガのPAスピーカーを練習モニター用にも使えるぞと入手。ARTのSLA2を完全ベース用、ステレオで振り分けずブリッジ接続できるように…

タッチの基礎をゆっくりじっくり振り替えるここ最近

タッチの見直し ジェマーソン弦、エクストラスーパーライト、極太と極細の両方を試してみたり色々実験したい衝動に駆られているここ最近。縦振動のタッチの研究に関しても見直している日々を送っています。 そこで気付いたのは、 「弦を押し込む前に弾いてし…

Daddario EPS180 エクストラスーパーライトベース弦を試す

ダダリオの細いベース弦 ジェマーソン弦にハマった反動かまた違う興味か、 「リアPUメインだったら細い方が良いのか?」 こんな好奇心からダダリオのクソ細いゲージを試してみた次第。 【95.75.55.35】 いや、本当に細いですね。4弦がジェマーソン弦の3弦と…

ピエゾPUはおろかマグネットPUも実は苦手なのかもしれない

好きな音はアコースティックサウンド? ジラウドのJJブラッククラウドJFDTフルチューンとメビウスPB。乱暴に言うととんでもなくレンジが広いジャズベとプレベ。この二本を所有しみてさらに実感、より確信しつつある自分の音の好み。 両者のセッティングをし…

パッシブがタッチ鍛えるに良いと思う一方、それじゃ分からない事もある

パッシブ楽器とタッチ 「パッシブはレンジが狭い!」 いきなりこれ言われたら「パッシブを見くびるな!」と自分も反論したくなります。しかし「じゃあジラウドベースのスラップモードよりレンジ広いパッシブ教えて?」と返されたらどうにもなりません。そん…

縦振動のタッチの上達と実感・ボディ鳴りとタッチレスポンスについて考える

OPBが分かりやすくはあるが・・・ 縦振動のタッチと言えばOPB。超シンプルなシングルコイル。小さなポールピース1個を各弦の直下に配置。磁界が限定的で反応がとにかくシビア。弦を押し込んで弾くかどうかで露骨に音が変わるベース。 縦振動のタッチを習得す…

ジラウドハムバッカーの楽しさに目覚める

1PUブラッククラウドの原点回帰 以前にも記事にした通り、いまいち手応えがなかったハムバッカー。扱い方がよく分からない。イメージ通りにならない。どうにもピンと来るものがなく張る弦まで迷走気味。フィンガーランプを付けてハイC?ラウンド弦でスティン…

フェンダー・アメリカンプロフェッショナルのプレベを借りた

アメプロのプレベを借りる 以前にも話したアメプロ使いの友人。ギタリストでありながら「フェンダーなら絶対USAが欲しい!」とこだわって本当に買っちゃった強者。「しばらく弾かないから遊んで鳴らしといて」ってことでそのプレベをちょっと借りることにな…

修羅の門・第弐門の発勁で考えるPUフェンスの利用

修羅の門の発勁とPUフェンス 当たったが最後の必殺技 ゆったり軽く打ってるようにしか見えない。しかし当たれば終わり。かすることさえ許されない必殺技。顎を砕き頭蓋を割る致命的打撃。三千年の歴史を誇る暗殺集団による奥義。 トンデモな技が数多く存在す…

PUフェンスで気付く安定感の向上 無意識のミュート・使ってない弦の処理

PUフェンスの美味しさと弦のミュートと PUフェンスによるタッチとフォームへの影響が面白い ジラウドのメビウスPBにPUフェンスを装着してみた先日。「こんなもん邪魔で弾けねぇよ!」と以前は思ってた代物。色々研究してきたのと好みも変わってきたからなの…

プレベ、ジャズベ、J-BASS、ブラッククラウド、フーリエ、まだある?

プレベの次を考えたら何か皮肉だった ジラウドのメビウスPBを手に入れて大満足な一方、「これをさらに進化させたらどうなるんだ!?」と気になってしまうのもオタクの性。このままでも十分すぎるほど完成されているのは重々承知。しかし興味とは尽きないもの…

縦振動のタッチの研究記事の手直し

縦振動のタッチの研究記事の修正 (1)~(20)までの20記事を修正。不定期にじわじわ作業しています。 その場その時に思い付いたこと、書きたくなったことをまとめてるだけだったりもする為、順不同、興味のある部分だけ読むのもおすすめ。 初期は正直、手探り…

BAGENDの12インチスピーカーが欲しくなってきた話

BAGEND S12への興味 ウーハー追加してスタックにしてみたい欲 18インチウーハーのついて触れた先日。その流れと言うのも変ですが、バグエンドの12インチが欲しくなってきてます。同軸の15インチはすでに持っている為、その下にノンツイーターの12があればな…

18インチサブウーハーへの興味 実はよく知らない重低音世界

18インチサブウーハー物色 「でかい!重い!迷惑!」 三拍子揃った完全無欠の厄介者18インチスピーカー。こいつを追加したら一体どうなってしまうのか? ベースを弾く者としてやはり興味を惹かれてしまいます。 ベース本来の音がどうのとよく目にする耳にす…