ベース研究・楽器コラム

使用ベース弦まとめ

Richard Cocco ステンレス弦 10年以上愛用のメイン弦 長寿命でめっちゃくちゃお得 タッチと音作りでより魅力的に長寿命に 浮気しても結局はリチャードココに戻ってきた LA BELLA 0760M フラット弦 最強極太フラットワウンド ネックが反るのは覚悟 セットアッ…

Jiraud Mobius JB Type5 fretless

ジラウド メビウスJB フレットレス 定番の安心感とジラウドらしさの融合 何だかんだ定番は良い 一見普通、でもやっぱりジラウド メビウスシリーズは選択肢が豊富 ネオパッシブについて パッシブ?アクティブ?どっちやねん! 超シンプルで美味しいアクティブ…

ベースとパワーアンプ・記事まとめ

ベースとパワーアンプ ART SLA1 初めてのパワーアンプ SLA-1の解説の前にD級アンプについて 軽くて重い SLA1の魅力 現在はSLA2を使用 ベースアンプ嫌いを語る もはや身近なPA用パワーアンプ ベースアンプ嫌いの加速とジラウド オーディオ気取りベースアンプ…

ベースの速弾き 精神論、具体的、何でもありに上達を考える

速弾きへの憧れと挫折 速弾き至上主義の道は苦かった 諦めた速弾きの道 速弾きやめたら速くなった そもそも深く考えてなかった 速弾きする為の脳と道具について 道具でつまづくな マシンが遅くちゃダメ 高速仕様のベースを弾く 小難しい哲学練るより脳のリミ…

Jiraud Black Cloud 5 JJ Limited

ジラウド ブラッククラウド 5弦 ボディについて 木材と仕様 1ピースホンジュラスマホガニー マホガニーのイメージが覆る 絶品のオイルフィニッシュ シャム柿・センタートップ まさにジラウド最速ベース 設計と思想について 生鳴りあってのジラウドベース 生…

ベース・1フィンガー奏法の研究

一本指奏法 グルーブに悩んだら1フィンガー アップストロークを入れると世界が変わる 一本指と言えばレイキングも外せない アップストロークの強化を目指す 問題点はとにかく貧弱な事 弦を持ち上げない 過剰な溜めを作らない まずはダウンあってこそ 肉厚で…

Jiraud Mobius PB Type2

ついに手に入れたプレベ・4弦 ついに手に入れたプレベ・4弦 基本スペック まさに向こうからやってきたベース まだ全然分かってないのでノンビリ更新予定 メビウスプリアンプについて 驚異の1トーンプリアンプ 混乱必至&美味しいメビウスモード 可能性が広が…

note更新。テーマは『本音で語るジラウドブラッククラウド』

気持ちを乗せられたnote記事 久しぶりにnoteを更新。軽い気持ちで書くつもりがあれよあれよと12000文字をオーバー。ブラッククラウドをただ褒めるだけではなし。自慢だけするのでもなし。11年間弾いてきた葛藤も含め、これほど本音で語ったことはないんじゃ…

音は後天的に太くできる。タッチは変えられる。ベースはもっと面白くなる。

タッチも音も変えられる 勝手気ままに続けているこのブログ。誰かの役に立ちたいなんて崇高な意思も特になく好きにやっているのが常。 そんな中、「真面目に人に伝えたいことがあるとしたら何だろう?」なんてふと考えてみて出てきた答えはこれ。 『音は後天…

指を終始内側に丸めようとするのではなく最後に伸ばし放つタッチを考える

タッチを変える まずは実験動画。やっていることは完全に思い付き。されどずっと構想していたのも確か。そもそも指の使い方を間違っていたんじゃないか?そこに踏み込む内容。 弦を掴んだ右人差し指の関節を左手で押して伸ばす・・・かなり意味不明で極端な…

こりゃ好きなピック MASTER 8 JAPAN INFINIX HARD POLISH

やっぱベースでピックも良い 前からMASTER 8 JAPANのピックは気に入っておりまして、今回もなかなか手応えが良かったのでご報告。自分的に最高峰。痒いところに手が届かなかったのがこいつで解決って感じが実にナイス。 何が良かったを語るよりまず他のピッ…

ヘッドレス・ファンフレット、IBANEZが相変わらず飛ばしてて安心する

アイバニーズの安定の飛ばしっぷりよ イロモノ扱いどころかもはや本命?確実に市民権を得てきているように感じるヘッドレス。自分がこの手のもので衝撃を受けたのはステイタスの6弦。あんな弾きやすく扱いやすい6弦があるのかとま~っびっくりしました。 あ…

過渡特性の実感と重要性 JBLアルニコラージモニターの衝撃

オーディオでも知った過渡特性の実感 ジラウドの福田さんが所有していた古いJBLのラージモニター。オールアルニコ仕様、恐らくマニア垂涎の品なんじゃないかと思います。こいつの音がま~超強力でした。 とにかくブッ飛ばされたのはスティングの【Brand New …

コロナで暇ならサイレント楽器でも買って遊んだらいいんじゃね?

ひきこもるならサイレント てんやわんやな世の中、暗くなるのも必然、先行き不透明は辛すぎる、家にずっといるのは嫌だって人も多いんじゃないかと想像。 はっきり言ってもう発想を変えた方が早いでしょう。家にいなくちゃいけないんだったら家で出来ること…

オーダーメイドでベース作るなら10本作る覚悟と資金が欲しい

オーダーメイド・底無しの恐怖と歓喜 フルオーダーとセミオーダーと合わせてこれまで五本作ってもらったことがある自分。現物を確認できない以上、完全に博打的なのも否定できないこの世界。その熱さ喜びを知っている反面、同じぐらいの恐怖も味わっています…

ジャズベに物足りなさがあるとしたらファンタジー感かもしれない

ジャズベースへの違和感と抵抗 そのクオリティを痛いほど思い知ってきたジャズベース。アンチフェンダーを気取って色々抵抗してきましたが、弾けば弾くほどその素晴らしさを思い知り、実用性にも感服しっぱなし。「これ一本あれば何でもイケる!」と堂々言え…

自己整体、マッサージのお供  腰痛・肩こりを自力で治すフォームローラー生活

もはや人生の必須アイテムフォームローラー 以前にも記事にしたランブルローラーに続き、他社製品もちょこちょこ試しているフォームローラー。まさにどハマり、これがあるおかげで整体へ行く回数が減ったこと減ったこと。軽いギックリ腰もなんのその、自力で…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(7)実は簡単だった4弦ルートのコード

4弦ドロップCにおけるコードの把握 「ドロップCまったく分からん!単音でも混乱するのにコードとか鳴らせるわけない!」なんて思ってた最初。ところがどっこいどうやらそうではない。むしろこっちの方が分かりやすいまである?そんな印象が芽生えてくること…

ベースに美味しいピッチシフターが欲しくなる

ピッチシフターが欲しい ZOOMのMS60Bを購入して以来、こいつは美味しいと注目するようになったピッチシフター。ボリュームペダルと組み合わせると自分のやりたいことが一気に広がるのが実に魅力的。 www.youtube.com そしてXtenderにもハマってるのがここ最…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(6)どーん!があるだけで世界が変わる

低音一発の支配力 ローBハイCがなくては6弦にはならんか? ベースとはそんな不便なものか? 刃牙武蔵のあれが頭から離れなくなってるここ数日。無性に動画を撮りたくなりボリュームペダルでアンソニージャンクソンの真似事を。 www.youtube.com これをやって…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(5) 3弦から4弦、四度下を弾きやすくしたい

ドロップC・3弦から四度下を考える 前々回(3)でも話した通り、オクターブの把握についてはかなり身に付いてきたドロップC。これが分かるだけでも弾きやすさが全然違う、手も足も出ない最初の感じとは雲泥の差が生まれました。 一方、それだけってわけに…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(4)Xtender+Double Stop Lever

Hipshot Bass Xtender Cチューナーにハマる ワンタッチでドロップチューニングを実現、お手軽便利で素晴らしいXtender。定番だけど長らく多弦メインで知らなかった、必要性を感じずスルーしていたアイテム。ジラウドのメビウスPBが最高に気に入りつつあるか…

Hipshot Xtender DチューナーよりCチューナーにするのが最高

Bass Xtender 二音下げ 最近ずっとハマってる4弦ドロップC。いちいち手巻きで二音下げて上げてとやるのが面倒になった為、ついにXtenderを導入。一音下げ・ドロップD専用みたいに勝手に思い込んでましたが、実はそれ以上落とすことも可能だと知って驚き。 ど…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(3)分かりやすい基本の運指を考える

ドロップCと運指・音程の把握 いつもの感覚で弾くと頭がこんがらがって仕方ないドロップC。心が折れる要因そのものって感じ。正直言って「本当に慣れるのだろうか?」と不安があります。 しかしそこで止まってしまうのはあまりにも惜しい。5弦ローBとはまた…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる(2)張りの緩さをどうするか?

テンションベロベロ? 二音下げと来れば当然、それだけ張りも弱くなるドロップC。しかも今張ってるのは105の一般的ゲージ。人によってはノーマルチューニングでも弱く感じるぐらいかもしれません。 ただまぁ、自分はもうずっと多弦に慣れてきた身。ローBの張…

4弦ベース・二音下げドロップCにハマる (1) 多弦メインで知らなかった楽しさ

二音下げドロップC 4弦、ジラウドのメビウスPBを手に入れずっとハマってるここ最近。プレベと言うどちらかと言うと粘っこいイメージ、ぶっとく包み込むようなサウンドを求めたくなるもの。 その固定観念を簡単にブチ壊すのがメビウスPB。超絶ワイドレンジな…

プレベのPUのポールピース間が広く作ってある理由が面白かった

PB・プレシジョンベースのPU ベーマガのレオフェンダー特集記事を読んでて驚き。プレシジョンベースのPUのポールピースの間がなぜ広くとられているか? 『スピーカー保護の為』 なんじゃそりゃって目が点になりました。 OPBみたいに弦の直下にポールピースを…

臭う楽器を弾くか臭わない楽器を弾くか?臭う人か臭わない人か?

楽器音楽とニオイ いきなり何のこっちゃってな今回のテーマ。 何となくってイメージを挙げるとすれば、 「国産か?USAか?」 たぶん簡単な感覚。「あ~そういうことね」となるはず。 何でしょう?「おぉ!ロックだねぇ!」「イぇい!ファンキー!」「う~ん…

まだアップライトベースへの未練が残ってるらしい

サイレントベースへの未練 レジンのコントラバス、ハルシュタットのEUB、ヤマハのSLB200LTDと買っては手放してきたアップライトベース達。最初はめちゃくちゃハマるんだけど何だか続かない。心が折れてしまうと言うかやっぱりエレクトリックベースが弾きたく…

興味を惹かれるゲイリーウィリスモデル・アイバニーズの5弦フレットレス

Ibanez Gary Willis GWB20TH-TQF どう考えても自分の好みとは対極。鳴り的には気に入りそうもないゲイリーウィリスモデル。ジラウドを愛用している人間として見るに豊かなボディ鳴りを期待するのは酷。理想のパンチやボトムを求めるベースではなさそう。 一…