ベース本体

Hipshot Xtender DチューナーよりCチューナーにするのが最高

Bass Xtender 二音下げ 最近ずっとハマってる4弦ドロップC。いちいち手巻きで二音下げて上げてとやるのが面倒になった為、ついにXtenderを導入。一音下げ・ドロップD専用みたいに勝手に思い込んでましたが、実はそれ以上落とすことも可能だと知って驚き。 ど…

プレベのPUのポールピース間が広く作ってある理由が面白かった

PB・プレシジョンベースのPU ベーマガのレオフェンダー特集記事を読んでて驚き。プレシジョンベースのPUのポールピースの間がなぜ広くとられているか? 『スピーカー保護の為』 なんじゃそりゃって目が点になりました。 OPBみたいに弦の直下にポールピースを…

臭う楽器を弾くか臭わない楽器を弾くか?臭う人か臭わない人か?

楽器音楽とニオイ いきなり何のこっちゃってな今回のテーマ。 何となくってイメージを挙げるとすれば、 「国産か?USAか?」 たぶん簡単な感覚。「あ~そういうことね」となるはず。 何でしょう?「おぉ!ロックだねぇ!」「イぇい!ファンキー!」「う~ん…

まだアップライトベースへの未練が残ってるらしい

サイレントベースへの未練 レジンのコントラバス、ハルシュタットのEUB、ヤマハのSLB200LTDと買っては手放してきたアップライトベース達。最初はめちゃくちゃハマるんだけど何だか続かない。心が折れてしまうと言うかやっぱりエレクトリックベースが弾きたく…

興味を惹かれるゲイリーウィリスモデル・アイバニーズの5弦フレットレス

Ibanez Gary Willis GWB20TH-TQF どう考えても自分の好みとは対極。鳴り的には気に入りそうもないゲイリーウィリスモデル。ジラウドを愛用している人間として見るに豊かなボディ鳴りを期待するのは酷。理想のパンチやボトムを求めるベースではなさそう。 一…

PUフェンス付けてスラップしてると20フレットにしたくなる

PUフェンスとスラップと20フレット 入手以来、完全にハマってしまったジラウドのメビウスPB。そして予想外に気に入りつつあるのがPUフェンス。スラップによし。指弾きに使ってもよし。以前は全然合わなかったのが嘘のような状況。 ただ、ちょっと気になるこ…

フェンダー・アメリカンプロフェッショナルのプレベを借りた

アメプロのプレベを借りる 以前にも話したアメプロ使いの友人。ギタリストでありながら「フェンダーなら絶対USAが欲しい!」とこだわって本当に買っちゃった強者。「しばらく弾かないから遊んで鳴らしといて」ってことでそのプレベをちょっと借りることにな…

PUフェンスで気付く安定感の向上 無意識のミュート・使ってない弦の処理

PUフェンスの美味しさと弦のミュートと PUフェンスによるタッチとフォームへの影響が面白い ジラウドのメビウスPBにPUフェンスを装着してみた先日。「こんなもん邪魔で弾けねぇよ!」と以前は思ってた代物。色々研究してきたのと好みも変わってきたからなの…

Jiraud Mobius PB Type2 (1) ついに手に入れたプレベ・4弦

ジラウド メビウスPB(1) 基本スペック ボディ:アッシュ2ピース ネック:メイプル 21フレット 指板:ローズウッド PU:Jiraud JP-01 プリ:メビウス 塗装:ブラックオイル まさに向こうからやってきたベース 「欲しい楽器は向こうから勝手に来る!」という…

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (8) 他責から自責が芽生えたメインベース

ジラウドとの出会いと旅路 (8) Jiraud Black Cloud 再生産の望みは限りなく薄いこのベース。 アッシュバージョンなら今でもオーダーは可能。 しかし古木のホンジュラスマホガニーで注文するのは恐らくは無理。 とんでもなく貴重な楽器だと断言できます。 …

所有ベースの紹介と解説 ジラウド5本&他2本 

使用ベースの紹介とまとめ 使用ベースの紹介とまとめ Jiraud Black Cloud Limited JJ 5st Jiraud Black Cloud Limited 1Humbacker 5st Jiraud Black Cloud JJ Fretless 5st Jiraud Mobius JB Fretless Jiraud W-Bass History SZP-2M Medium Scale Bass Fende…

10~20年後に最強になるのかもしれない・・? と思ったフレットレス

ベース旅の終着点? ジラウド・ブラッククラウド5弦FL 自分が所有してきた中では間違いなく最高に鳴るフレットレス。 メインほど弾き込んではいない為、その点が残念ではありますが、逆にそれだけ楽しみが残ってるとも言えそうです。 ただ、今回語りたいのは…

Sadowsky NYC 本場サドウスキーの廉価版がある事を初めて知る

Sadowsky NYC Deluxe Satin 身近で当たり前になったサドウスキー Tokyo?TYO?Metro?Express? いつの間にやら色々増えていてよく分からないサドウスキー。 確かな事と言ったらこれ。 「あのサドウスキーが身近な存在になった」 いや本当、一昔前二昔前じゃ…

激安PJベースを探してみる 気になったのはYAMAHA BB234

激安PJベース 激安PJベース PJピックアップへの興味 YAMAHA BB234 YAMAHA BB235 SQUIER Affinity Precision Bass PJ 入口か結論か?定番かつ未知が面白いPJ PJピックアップへの興味 最近よく記事にもしている通り、かなりの興味が湧いているPJ。 理想として…

コントラバス・ウッドベース・アップライトベースの挫折に今思う事

コントラバス・ウッドベースの挫折と今 コントラバス・アップライト・ウッドベース挫折 どの呼び方が良いかはともかく今は弾かなくなってしまった、手放してしまったのは間違いないこの世界。せっかくなら一番欲しいのを買ってしまおう、納得できるものをと…

FENDER アメプロのベース 友人が本当にUSAのプレベを買った話

フェンダー アメリカンプロフェッショナル ベース 動かずにはいられない素晴らしさよ ※参照記事 FENDER USAのプレベを欲しがってる友人の話 以前に話したことがあるこいつ。まさか本当に買ってしまうとは思いませんでした。ベーシストなら分かるけど本業は完…

フレットレスベース入門と初心 受けてきた影響・道を振り返る

フレットレスベースの門 フレットレスベースの門 好きなミュージシャン・お手本を知れば弾き方も分かってくる 【 Jaco Pastorius (ジャコ・パストリアス) 【 Marco Mendoza (マルコ・メンドーサ) 【 Kai Eckhardt (カイ・エクハルト) ほぼ絶対的にライ…

5弦ベース入門・慣れるには6弦ベースを弾くのも道 多から少への解放感

5弦ベース入門と慣れ 5弦ベース入門と慣れ 4弦から6弦 そこから5弦へ 多弦ベースを弾きたいならびびらず飛び込んじゃうのが一番おすすめ もはや多弦の老舗・YAMAHA 6弦と言えばTRB まずは4弦を極めてとか必要なし 多弦が弾きたいなら多弦を弾け 4弦から6弦 …

気になる国産パッシブジャズベース FENDER MADE IN JAPAN JAZZ BASS

避けては打ちのめされたフェンダーベース フェンジャパの思い出とトラウマ 「何度目やねん!」とツッコミが来そうなぐらい語ってきたかもしれないフェンダージャパンのジャズベースの思い出とトラウマ。 「周りと同じなんて絶対嫌だ!」 「フェンダーなんか…

ハイC5弦が予想以上に良くてびびる 楽器物欲が裏返ったか突き抜けたか

ハイC5弦にハマる なぜか今更目覚めたハイC5弦の楽しさ 以前に記事にもした通りハイCの5弦が全然弾けなかった自分。 6弦も7弦も違和感なく弾けるのになぜか迷子になってしまう不思議。 感覚的にまったく合わない楽器である認識が非常に強かったです。 それが…

ピッコロベースの弦 GHS P3045 使ってないベースが生き返る面白さ

ピッコロベース ギター弦の流用は難しい ピッコロベースを弾きたくなってつまずくのは弦の調達。ギター弦を流用できれば本当はそれが安くていいんですが、残念ながら長さが足りないことがほとんど。 特にフェンダータイプのようなベースの場合、1弦側のペグ…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (1) ジラウドのフレットレスベース

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (1) ブログであまり触れてない事に気付く すでに散々紹介した気になっていたこのフレットレス。 メインのブラッククラウドについては30記事以上にもわたって書いているし、特に触れずともいいかなんて考えてい…

Sire (サイアー) Marcus Millerの現在のベース 初心者への決定打なるか?

SireとMarcus Miller SireとMarcus Miller マーカス・ミラーの愛機と言ったらあのベース Sireの衝撃 Sire V7 スタンダードな木材 サーキットはかなり欲張りスタイル PUはアルニコV 裏通しも可能なブリッジ 70年代JBのPU位置モデルも有り 5弦モデルも存在 2nd…

ジャズベースの改造・OPB化 よりシンプルにタッチを鍛える為に

ジャズベをOPBにしてみる 予告通りジャズベにOPBのPUをのせてみました。 と言ってもそれについて触れたのは数か月も前のこと。 タッチを鍛えるためにより分かりやすい楽器が欲しくなり、ようやく実現した次第。 安くは済みましたがやっぱりちょっと手間はか…

良いパッシブジャズベースが欲しいならこれ ジラウド脅威の新作

JIRAUD NEW JAZZBASS JIRAUD NEW JAZZBASS 試作新型ジャズベース デッドポイントがない 気持ち良いボディ鳴り 絶妙な高速タッチレスポンス より個体差が少なくなる? さらに進化するのかジラウドベース!? 試作新型ジャズベース 様々な意味で試作機のジャズ…

IBANEZという名の定番と狂気 阿修羅7弦ベースとSRH500

IBANEZという名の定番異端児 IBANEZという名の定番異端児 阿修羅ベース IBANEZ SRAS7 ASHULA 魔の7弦ベース ちょっとCITRONを語る IBANEZ SRH500 新種のアコースティックベース 初めてのベースはIBANEZ 阿修羅ベース 一見は普通っぽい6弦ベース。中身は4弦フ…

History SZP-2M ミディアムスケールのプレベ その感想

History SZP-2M ミディアムスケールのプレベ 短いスケールと心残り 前から気になってたプレベをついに購入。 いや、久しぶりにベース買った気がしますね。 偶然と言うか必然と言うか、お得な出物があったので即決しました。 以前から何度か話しているように…

MUSICMAN STINGRAY SPECIAL スティングレイの新型が出たらしい

MusicMan StingRay Special MusicMan StingRay Special 2018年 ニューモデル 楽器本体について ボディ ネック 指板 PUとプリアンプについて PU プリアンプ STERLINGを思い出す ミュージックマンベースの集大成? 2018年 ニューモデル 調べものをしてたら新し…

Compact Bassが面白い 侮れないミニベースの可能性

Compact Bass ギターサイズの可愛いベース 見て分かる通りギターと同じぐらいのサイズ。スペック表によると現行品は29インチとのこと。2万円もしないで買えるぐらいなので値段的にも手頃で可愛い逸品。 ほぼ確実にオモチャのようなイメージを持つだろうこの…

K.Yairiのアコースティックベースを語る アコベの魅力と面白さ

アコースティックベースの難と魅力 その実用性にどうしても難があるアコースティックベース。 どう考えたって大音量に向いた楽器だとは思えません、 エレクトリックがメインの人間としてはやはり、常にハウリングのことを気にしなければいけないって時点で大…