パッシブ/アクティブ

とあるエフェクターの音痩せと違和感 インピーダンスにご注意を 

とあるエフェクターと異常な音痩せ 珍しく衝動買いしたペダル 先日、リサイクルショップでちょっと面白そうなペダルを発見しまして、その安さに思わず購入してしまいました。 で、率直な感想、 「え?これおかしくない?」 「めっちゃ音量下がるよ?」 失敗…

パッシブの魅力とメリットを謎理論と勢いで語ってみる

パッシブという名の戦場を生き残れ ローインピーダンスで抵抗が少ないとか軟弱ですよ。 そんな整った道をのんきに歩いてきたアクティブなんか貧弱坊っちゃんの音。 理不尽な荒波に勝って生き抜いた音こそが本物。 抵抗なんぞに負けて脱落した信号なんか必要…

音痩せ対策・バッファ購入をやめた友人の話 【ポングの実験室】

音痩せ対策・バッファへの興味 先日、エフェクターの実験をしてみたいとギタリストの友人が遊びに来ました。 ・今のボードの繋ぎ順が正しいか知りたい ・もっと音痩せ対策をしたい ・バッファの効果を知りたい お悩み内容は大体こんな感じだったかなと。 使…

3・11と計画停電 エレクトリックベースが終わった日

電気楽器への致命傷 あまりに多くの意味で忘れることができないであろう東日本大震災。 全てにおいて想像を絶すると言うにふさわしいこの出来事。 その影響は埼玉に住む自分にも思わぬ形として現れることに。 『計画停電』 これが本当に音楽的にもショックな…

トゥルーバイパス・パッシブ至上主義への疑問 インピーダンスは無視?

トゥルーバイパスについて考える 最近ではもう特に珍しくもないトゥルーバイパス仕様。 しかしまぁ。果たして本当にまったく音痩せがないのかと考えると、ちょっと疑問なところ。 今回、2008年に書いた自分のブログ記事を再編集しつつ、改めて考えてみた…

初めての普通のジャズベはFender Japan 衝撃と転機

近くて遠い、興味のなかった存在 このベースについては以前にも話しましたが、今回、また改めて触れてみようかと思います。 www.pompombass.com 兄貴の家で埃をかぶり、ずっと眠っていたジャズベース。 繰り返しますようにフェンダーに興味のない人間だった…

初めてのフレットレスとジャズベはBacchus 普通のパッシブ

プレベ・ジャズベは嫌いだった 以前から話に出していたバッカスのフレットレスJB。 改めて振り返ってみようかと思います。 とりあえずの参考記事はこちら。 パッシブベースと上達の思い出 (2) ジャズセッションに初めて行った時の思い出 そもそもアンチ…

多弦ベース派が4弦の魅力とメリットを分析する

4弦ベース研究 目次 4弦ベース研究 目次 音が良い 張力が弱い 共振が少なくなる ネックが小さい PUが素直 タッチが良くなる フィンガリングが楽 シンプルで脳も楽 音が良い たまに弾くとまずこの点に驚かされます。 「何だこの素直な音は!?」 と唸って…

プレベ 選び方のポイント 楽器探しについて考える (7)

プレベ選び 目次 プレベ選び 目次 フェンダーかそれ以外 ぶっといネックの方がプレベらしい 1~2弦側と3~4弦側のバランスに気を付ける PJ仕様には要注意 実は謎も多い ジラウド・メビウスPB ジラウド・メビウスPJ まとめ・懺悔・雑談 フェンダーかそれ…

オールディスクリート 究極のベースプリアンプ JIRAUD JFDT-HA

至れり尽くせり究極のプリアンプ 今はもう製造していないジラウドのラックプリ。 オークションなどではプレミアが付いていたり、知っている人にとってはよだれが出るほどの逸品。 しかし、そのわりには情報がないと言うか、生産が終了していることもあってか…

アンプの入力の疑問 ハイとかロー アクティブとかパッシブとか (リライト版)

HIGHとLOW 二つの入力があったりする楽器用アンプの世界。 これはインピーダンスのことを指しているのか? それともゲインのことを指しているのか? 実はよく分からない場合も多いんじゃないかって気がするところ。 たとえば、ジラウドのJFDT-HA。 このラッ…

ジラウド 2トーンネオパッシブ 簡易ネオパッシブ (まとめ版)

2トーンネオパッシブ アクティブバランサーを使用したネオパッシブならではと言いますか、パッシブトーンを極端なセッティングにしてみると面白いことが起きます。 パッシブトーンを2個搭載してフロントとリアで個別に働かせることができる点が非常にユニ…

Jiraud Neo Passive (リライト版)

ネオパッシブってパッシブ?アクティブ? なんだかややこしい印象を受けそうなネオパッシブ。 実際、自分も最初はよく分かりませんでした。 「ネオパッシブはアクティブです!」 なんて言うと、さらに混乱を招きそうな? しかし事実、ネオパッシブはアクティ…

ジラウドはアンプを選ぶのか? (リライト版)

ジラウドは環境に左右される? 「アンプを選ぶし実用が難しい!」なんて声を聞くことがありますが、気持ちはなんとなく分かる反面、実際はその逆じゃないかと思うのが正直なところ。 インピーダンスの処理にこだわっている意味は非常に大きく、実際は環境を…

パッシブベースと上達の思い出 (11終) 弘法筆を選ばずで思考停止する疑問 パッシブのすすめ

パッシブとアクティブのどちらが良いか? なんて議論をするのは個人的にはもう、ばかばかしくなっていたつもりでした。 実際、このブログでもよく話してきたことだと思います。 「いつの時代までこの話題続けるの?」って、うんざりするかなと。 何十年やっ…

パッシブベースと上達の思い出 (10) ようやく愛器を手に入れる

「ブラッククラウドを手に入れ全て解決!」 となれば良かったんですが、実は、ここからもけっこう迷走な日々だったり。 今でこそフルチューン+αにして、自由自在な音づくりが可能になってますが、オーダー当初の仕様は違いました。 タッチを鍛える! という…

パッシブベースと上達の思い出 (9) 6弦用の良いPUが無いことに絶望する そして

メインは6弦ベース 4弦歴が短く、6弦の演奏を主軸にしたかった自分。 パッシブベースでタッチを鍛えてたのは事実ですが、それをメインにすることはありませんでした。 今まで経験したことを踏まえ、シンプルなパッシブの6弦を作ってもらい(ジラウド製で…

パッシブベースと上達の思い出 (8) 良いアンプシステムの重要性を実感する

使用アンプ 自分が縦振動の練習に本格的に取りかかった時のアンプシステムは確か、 ・プリアンプ 【JIRAUD JFDT-HA】 ・パワーアンプ 【ART SLA-1】 ・スピーカー 【EPIFANI T-110】 という組み合わせでした。 スピーカーに関…

パッシブベースと上達の思い出 (7) 縦振動のタッチに挑むために環境を変える

結局またフェンダー 縦振動の実感をするには、ジラウドのOPBを弾くのが一番分かりやすくていいと思います。 とは言え正直、それだけのために20万円クラスの楽器を買うのは厳しかった為、自分の場合、まずは普通のプレベで練習を開始しました。 でまぁ、…

パッシブベースと上達の思い出 (6) トラウマを植えつけられたOPB

縦振動のタッチ この言葉をこのブログでよく使いますが、これはジラウドの福田さんに教えてもらったものです。 その研究を始めてもう軽く10年以上になりますが、いまだ完成になど至りませんし、まだまだ先は長いと感じる次第。 ベースという楽器は本当に奥…

パッシブベースと上達の思い出 (5) 音楽の学校に行ったり100万円ぐらい楽器に使って分かったこと

先日の話に出てきたバンドをやっていた当時、実はすでにジラウドを知ってはいました。 しかし、まだその頃のイメージでは、「すごいワイドレンジで派手な音がするベース」ぐらいの判断しかできず、その価値にもまったく気付けずにいたという。 「電気的なと…

パッシブベースと上達の思い出 (4) アクティブJBがバンドで大不評だった話

ジャズベの恐怖 パッシブのジャズベースを手に入れたことにより、いろいろ目覚めたのはよかったのですが、ここでちょっと痛い勘違いをしてしまうことに。 「ジャズベってやっぱいい!」と認めたのはいいけれど、まだまだ未熟だったんですね。 「ジャズベであ…

パッシブベースと上達の思い出 (3) 高級ベース信仰・木目信仰が崩壊した瞬間

先日から続くパッシブベースの話。 音楽学校の卒業後もショックな体験は続いていくことになります。 再び悩みはじめる バッカスのジャズベはフレットレスだった為、やりたいことにちょっと限界があったんですよね。 いくら良い楽器だとは言っても、スラップ…

パッシブベースと上達の思い出 (2) 音楽学校時代、成長していくのをはっきり実感した話

初パッシブ・初フレットレス 二つの意味で自分の中で初めてのベースだったバッカスのジャコモデル。 「弾き方でこんなに音が変わるものなのか!」 「パッシブってこんな楽しいものなのか!」 という、それをすごく感じましたね。 また、ジャコが好きというの…

パッシブベースと上達の思い出 (1) 音楽学校時代の敗北感

メインで使っていたのはアクティブ 音楽学校に通っていた当時、ワーウィックの4弦、ムーンの6弦、G&Lの5弦など、アクティブベースをメインに使っていました。 さすがに「アクティブ至上主義」とまではいかなくても、「パッシブなんか時代遅れ!」ぐら…

パッシブ使うなら高いケーブル買うよりバッファ

論より証拠でまず動画 パッシブベースにバッファを通してみました。 前半と後半で明らかに音が違っていますが、言うまでもなく、後半はバッファONです。 www.youtube.com パッシブ楽器に対するバッファの効果 前者の方がいいって人もいるとは思いますが、…

アクティブの恐怖 電池が入ったベースがある事を知る 初心者・中学時代 (27)

音が出なくなる トラウマと言ったら大袈裟なようですが、ある日、愛用していたベースの音が急に出なくなりパニックになったことを覚えています。 アンプに繋げて最初は音が出るんだけど、「ヒュゥゥン・・・」って感じに音がみるみる減衰していき、最終的に…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (27) ダイレクトサウンド

実は操作が複雑なのは苦手 「操作が面倒なのは嫌いだ!」 と、ツマミが多い楽器を嫌う人も多くいるんじゃないかと思うこの世の中。 実のところ自分もそっち側の人間だったり。セッティングを細かく決めるのは苦手な方です。 メインで使ってるこのブラックク…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (20) JFDT-C フルディスクリート・フルチューン

ディスクリート バッファであるアクセラレータもそうですが、JFDTの特徴はフルディスクリート構成になっていることではないかと思います。 と言っても、そのあたりについては自分では詳しく説明できないところですが、簡単にまとめると、いわゆる『IC』を…

Jiraud Black Cloud 5 Limited (17) アクセラレータとアクティブバランサー

アクセラレータ ジラウドならではと言えばこのバッファの存在も外せません。 本当に素晴らしいオリジナル製品ですね。 入力インピーダンスが3.2Ωにもなるものですが、これが実に凄い。 その性能と効果が分かってくると、他は目に入らなくなってくるんじゃ…