パッシブ/アクティブ

Jiraud Mobius PB Type2 (4) メビウス五変化・スラップ比較動画

ジラウド メビウスPB (4) メビウストーンの比較動画 しばらく動画を撮っていなかったので購入記念もかねて久々の投稿。1トーンでも非常に幅広く音作り可能なメビウス。それが少しでも伝わったら幸い。 www.youtube.com セッティングの解説 最初はノーマル…

Jiraud Mobius PB Type2 (3) PUから1MΩプリアンプにダイレクト

ジラウド メビウスPB (3) 驚異的ワイドレンジには理由がある 自分が所有するフルチューンブラッククラウドよりもしかしたらワイドレンジでハイファイ?それぐらいの凄まじいサウンドを持つメビウスPB。 普通、プレベはもっとレンジが狭い楽器、渋くて粘り…

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (11) フルチューンとネオパッシブの融合

ジラウドとの出会いと旅路 (11) フルチューンの弱点? JFDTを駆使すれば渋い音も簡単につくれる素晴らしさ。 とにかく自由度が半端じゃないのは前回の通り。 ただ、さすがのJFDTでも実現が難しいサウンド、フルチューンによるEQの効き方でもなかなか望み…

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (10) 脅威のフルチューン・JFDTの威力魅力

ジラウドとの出会いと旅路 (10) 恐怖と憧れのフルチューン 逃げのローファイ路線から一転、究極の高速ワイドレンジ仕様。 もう逃げんぞ、逃げられんぞと覚悟を決めたブラッククラウド。 その期待通りとんでもないモンスターが誕生。 これまでの常識をさ…

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (6) 更なるパッシブへの目覚めと基礎の見直し

ジラウドとの出会いと旅路を振り返る (6) JFDT-HA+OPBの意味と価値を理解し始める OPBに完膚なきまでに叩き潰された前回。 そして理解したのはJFDT-HAの本当の凄さ。 このプリアンプがあることでパッシブベースが威力を発揮する。 真のポテンシャルを知…

やっぱり良いぜジラウドネオパッシブ

ネオパッシブ最高 理想的なシンプルアクティブ 「パッシブの方が好き!」 「でも色々不安定になるのは嫌だ・・」 「ローインピーダンス出力の実用性も分かる!」 「ただ変なEQとか要らないんだよな・・」 なんてこだわりや葛藤があるならまさにドンズバ。 実…

激安PJベースを探してみる 気になったのはYAMAHA BB234

激安PJベース 激安PJベース PJピックアップへの興味 YAMAHA BB234 YAMAHA BB235 SQUIER Affinity Precision Bass PJ 入口か結論か?定番かつ未知が面白いPJ PJピックアップへの興味 最近よく記事にもしている通り、かなりの興味が湧いているPJ。 理想として…

「このベースにジラウドの回路を使えば無敵だぜ!」が通用しなかった話

ジラウドの回路と残酷な現実 散々迷って悩んで辿り着いたのはジラウドのベース 以前は6弦ベースがメインだった自分。 5弦と併用もしてたりはしましたが、「俺は6弦弾きだ!」みたいなプライドっぽいものを持っていたのは間違いありません。 『ポング=6弦』 …

やってはいけない練習? インピーダンスのアンマッチにご用心

練習効率を落とす原因 やべぇ!タッチが悪くなってる!? 「さぁ今日はOPBで鍛えるぜ!」 意気込んで練習を開始した先日。 ここで恐ろしいショックを受けることになりました。 「やべぇ!」 「音細いぞ!?」 「小さいぞ?!」 「終わってる!!」 その出音…

ジャズベースの改造・OPB化 よりシンプルにタッチを鍛える為に

ジャズベをOPBにしてみる 予告通りジャズベにOPBのPUをのせてみました。 と言ってもそれについて触れたのは数か月も前のこと。 タッチを鍛えるためにより分かりやすい楽器が欲しくなり、ようやく実現した次第。 安くは済みましたがやっぱりちょっと手間はか…

純パッシブベースと高性能アンプ 軟弱な甘みと温かみではない世界

ジラウドの新しいジャズベースを弾いて 先日の試奏でけっこうな衝撃を受けたパッシブジャズベース。 スタンダードな一本、4弦が欲しい意味でも揺れ動くものがあります。 ただ、見落としていたかもしれない要素がありました。 【JFDT-HA】 自分も所有、長く愛…

とあるエフェクターの音痩せと違和感 インピーダンスにご注意を 

とあるエフェクターと異常な音痩せ 珍しく衝動買いしたペダル 先日、リサイクルショップでちょっと面白そうなペダルを発見しまして、その安さに思わず購入してしまいました。 で、率直な感想、 「え?これおかしくね?」 「すげぇ音量下がるよ?」 失敗した…

パッシブの魅力とメリットを謎理論と勢いで語ってみる

パッシブとゴリ押し ハイインピーダンスの戦場を生き残れ! ローインピーダンスで抵抗が少ないとか軟弱。 綺麗に整った道をのんきに歩いてきたアクティブなんか坊やの音。 長いケーブルだろうが何だろうが関係ない。 理不尽な荒波に打ち勝って生き抜いた音こ…

音痩せ対策・バッファ購入をやめた友人の話 【ポングの実験室】

音痩せ対策・バッファへの興味と決断 ギタリストのお悩み相談と訪問 先日、エフェクターの実験をしてみたいと友人が遊びに来ました。 ・今のボードの繋ぎ順が正しいか知りたい ・もっと音痩せ対策をしたい ・バッファの効果を知りたい 悩みの内容は大体こん…

3・11と計画停電 エレクトリックベースが終わった日

電気楽器への致命傷 あまりに多くの意味で忘れることができないであろう東日本大震災。 全てにおいて想像を絶すると言うにふさわしいこの出来事。 その影響は埼玉に住む自分にも思わぬ形として現れることに。 『計画停電』 これが本当に音楽的にもショックな…

トゥルーバイパス・パッシブ至上主義への疑問 インピーダンスは無視?

トゥルーバイパスについて考える 最近ではもう特に珍しくもないトゥルーバイパス仕様。 本当にまったく音痩せがないのかと考えると疑問も湧くところがあります。 今回は2008年に書いた自分の記事を再編集しつつ改めて考えていってみたい次第。 トゥルーバイ…

ベース遍歴話 (5) 初めての普通のジャズベはFender Japan 衝撃と転機

近くて遠い、興味のなかった存在 このベースについては以前にも話しましたが、今回、また改めて触れてみようかと思います。 www.pompombass.com 兄貴の家で埃をかぶり、ずっと眠っていたジャズベース。 繰り返しますようにフェンダーに興味のない人間だった…

ベース遍歴話 (3) 初めてのフレットレスとジャズベはBacchus 普通のパッシブ

プレベ・ジャズベは嫌いだった 以前から話に出していたバッカスのフレットレスジャスベース。 ここであらためて振り返ってみようかと思います。 そもそもアンチフェンダー気質でプレベやジャズベを拒絶していた自分。 加えて「パッシブは時代遅れ!非効率!…

多弦ベース派が4弦の魅力とメリットを分析する

4弦ベースのメリットと魅力 4弦ベースのメリットと魅力 4弦は音が良い 4弦は4本の弦張力で済む 4弦は共振が少なくなる 4弦はネックが小さい 4弦はPUが素直 4弦はタッチが良くなる 4弦はフィンガリングが楽 4弦はシンプル 脳も楽になる 4弦は音が良い たまに…

プレベ 選び方のポイント 楽器探しについて考える (7)

プレベ選び プレベ選び フェンダーかそれ以外 ぶっといネックの方がプレベらしい 1~2弦側と3~4弦側のバランスに気を付ける PJ仕様には要注意 プレベの謎 実はジャズベより遥かにハイファイ JIraud Mobius PBに感じるプレベの可能性 JIraud Mobius PB PJ Cu…

オールディスクリート 究極のベースプリアンプ JIRAUD JFDT-HA

JIRAUD JFDT-HA JIRAUD JFDT-HA 至れり尽くせり究極のプリアンプ オールディスクリート構造 パッシブ楽器に最強 ボリュームを上げればもうそれでいい 40V超駆動のJFDT-C A/B INPUT HPM 最強のヘッドホンアンプ DI エフェクトループ チューナーアウト ライバ…

ジラウド 2トーンネオパッシブ 簡易ネオパッシブ (まとめ版)

2トーンネオパッシブ アクティブバランサーを使用したネオパッシブならではと言いますか、パッシブトーンを極端なセッティングにしてみると面白いことが起きます。 パッシブトーンを2個搭載してフロントとリアで個別に働かせることができる点が非常にユニ…

パッシブベースと上達の思い出 (11終) 弘法筆を選ばずで思考停止する疑問 パッシブのすすめ

パッシブベースと上達の思い出 (11終) パッシブとアクティブのどちらが良いか? こんな議論は個人的にはもう馬鹿馬鹿しくなっていたつもりでした。 実際、このブログでもよく話してきたことだと思います。 「いつの時代まで続けんのこれ?」 こうツッコ…

パッシブベースと上達の思い出 (10) ようやく愛器を手に入れる

パッシブベースと上達の思い出 (10) タッチを鍛える 「ブラッククラウドを手に入れ全て解決!」 となれば良かったんですが実際はそう簡単には行きませんでした。 ここからもけっこう迷走な日々だった次第。 今でこそフルチューン+α、自由自在な音づくり…

パッシブベースと上達の思い出 (9) 6弦ベース用の良いPUが無いことに絶望する そして

パッシブベースと上達の思い出 (9) メインだったのは6弦ベース 4弦歴が短く、6弦ベースを主軸にしたかった自分。 パッシブベースでタッチを鍛えていたのは事実ですが、それをメインにすることはありませんでした。 今まで経験したことを踏まえて某所でシ…

パッシブベースと上達の思い出 (8) 良いアンプシステムの重要性を実感する

パッシブベースと上達の思い出 (8) 使用していたアンプについて 自分が縦振動の練習に本格的に取りかかった時のアンプシステム。 ・プリアンプ 【JIRAUD JFDT-HA】 ・パワーアンプ 【ART SLA-1】 ・スピーカー 【Epifani T-110】 この組み合わせがスター…

パッシブベースと上達の思い出 (7) 縦振動のタッチに挑むために環境を変える

パッシブベースと上達の思い出 (7) 結局またフェンダー 縦振動の実感をするにはジラウドのOPBを弾くのが一番分かりやすい。 あれを弾いて何も分からないってことは有り得ません。 とは言え正直、それだけのために20万円クラスの楽器を買うのは厳しいのも…

パッシブベースと上達の思い出 (6) トラウマを植えつけられたOPB

パッシブベースと上達の思い出 (6) 縦振動のタッチ この研究こそがこのブログの主題と言っても過言でなし。 ジラウドの福田さんに教えてもらったその衝撃と言ったらありません。 実際に習って研究を始めてもう軽く10年以上になりますが、いまだ完成になど…

パッシブベースと上達の思い出 (5) 100万円ぐらい楽器に使って分かったこと

パッシブベースと上達の思い出 (5) さらなる敗北 このブログではお馴染みの存在であるジラウド。 自分の今現在のメインベースもジラウドです。 と言うか所有ベースのほとんどがジラウドな状況。 先日の話に出てきたバンドをやっていた当時、実はすでにジ…

パッシブベースと上達の思い出 (4) アクティブJBがバンドで大不評だった話

パッシブベースと上達の思い出 (4) ジャズベの恐怖 パッシブのジャズベースを手に入れたことにより、いろいろ目覚めたまでは良かったんですが、ここでまたちょっと痛い勘違いをしてしまうことに。 ジャズベってやっぱいい!と認めたのはいいけれどまだま…