ジラウド

ハイC5弦が予想以上に良くてびびる 楽器物欲が裏返ったか突き抜けたか

ハイC5弦にハマる なぜか今更目覚めたハイC5弦の楽しさ 以前に記事にもした通りハイCの5弦が全然弾けなかった自分。 6弦も7弦も違和感なく弾けるのになぜか迷子になってしまう不思議。 感覚的にまったく合わない楽器である認識が非常に強かったです。 それが…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (8) 共通仕様は持ち替えも扱いも楽

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (8) ブラッククラウドの5弦は三本所有 JJ仕様のメインベース。 1ハムバッカー仕様。 そしてこのフレットレス。 PUや木材の違いはあれどシェイプは同じ。 重量に大差もなくネックの握りもほぼ同様。 ゴトーのペ…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (7) フレットラインとポジションマークは必須

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (7) 視覚必須 フレットレスを弾くなら自分は完全にラインド派 このベースならではの要素でも何でもないけれど、重要なポイントであることに違いはありません。 ルックス面から見ればラインがない方が格好良い…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (6) PUはシングルコイル・ノイズ対策はダブルシールド

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (6) 意外とない5弦用の良いPU 自分の好みを簡単に挙げるなら、 ・ワイドレンジ ・高速タッチレスポンス ・前に出てくるパンチがある こんな感じ。 ま~、これがなかなか無いんですよね。 4弦でも探すのに骨が…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (5) アクティブバランサー内蔵・2トーンネオパッシブ仕様

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (5) ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (5) バッファ内蔵バランサー ハイファイだけじゃなし 甘く美味しいネオパッシブ ネオパッシブ実験動画 バキバキスラップサウンド 甘いもバキバキも自由自在…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (4) ボディ・ネックはオールラッカー 指板はポリコーティング

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (4) ボディとネックはオールラッカー塗装 生鳴りへの強いこだわりか、自分の知る限りではブラッククラウドの塗装はオイルフィニッシュ、またはオールラッカーしか見たことがありません。 エージングが進めば関…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (3) ディープジョイント+3Dデザインボディ

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (3) ジラウドと言えばディープジョイント ハイポジションの演奏性に賛否が分かれるであろうディープジョイント。 完全に慣れてしまった身としては、他では味わえない魅力のある仕様として受け止めています。 デ…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (2) 1ピースアッシュ+シャム柿センタートップのボディ

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (2) メインのボディ材は1ピースのアッシュ 見れば明らか自慢は一枚板のアッシュ。 あれこれくっつけて合わせるより豪快で贅沢。 多層構造の楽器が好きではない身としては最高に惹かれるポイント。 好みの問題で…

Jiraud Black Cloud 5 Fretless (1) ジラウドのフレットレスベース

ジラウド ブラッククラウド 5弦フレットレス (1) ブログであまり触れてない事に気付く すでに散々紹介した気になっていたこのフレットレス。 メインのブラッククラウドについては30記事以上にもわたって書いているし、特に触れずともいいかなんて考えてい…

ベースPUの悩みと理想像 好きになりそうでならないハムバッカーの話

ベースのハムバッカーピックアップを考える ベースのハムバッカーピックアップを考える ハムバッカーも使いたくなったのはジラウドの存在あってこそ とは言え何かピンと来ないハムバッカー 実はハムバッカー愛用者だった? ハムバッカーが苦手な原因とは何か…

ベースと左手 (22) ジラウドフルチューンで鍛えるタッチ

ベースと左手 (22) 恐怖のジラウドフルチューン 知っている人ならもはや説明不要。 超高速超解像度仕様。 ちょっとしたバズでも容赦なく再生する恐るべき存在。 押弦技術も離弦技術も自然と磨かれます。 鈍臭い弾き方をしているとシャリシャリうるさくて…

Anthony Jacksonの気になるアンプ MillenniaのマイクプリとAPIのパライコ

Anthony Jacksonの機材 Millennia HV-3B マイクプリアンプ かなり以前のベーマガに載っていたアンソニーの機材紹介。 その中にあったのがミレニアのマイクプリ。 正直、まったく知りませんでしたねこれ。 どちらかと言うとなんてレベルではなく、これはもう…

見て分かるジラウドのディープジョイント その圧倒的凄みと魅力

ジラウドベースとディープジョイント 一目瞭然 ジョイントの違い 左は愛機ブラッククラウドの5弦ベース。 右は小型ボディ&24フレットの4弦ベース。 こう比べてみると何かもう、別の楽器感がありますよね。 どちらが良い悪いと言うより、そもそも求めるべきも…

縦振動のタッチの研究 (43) 今まで失敗してきた事を振り返る

縦振動のタッチ (43) 縦振動のタッチ (43) 積み重ねた失敗 手首をひねって弾く 力任せに鳴らそうとする 指を無理に伸ばそうとする 弦を軽くこするだけ 考えすぎで結果が出ない 縦が分かれば横にも音楽にも活かせる 積み重ねた失敗 「よし!いい感じ…

純パッシブベースと高性能アンプ 軟弱な甘みと温かみではない世界

ジラウドの新しいジャズベースを弾いて 先日の試奏でけっこうな衝撃を受けたパッシブジャズベース。 スタンダードな一本、4弦が欲しい意味でも揺れ動くものがあります。 ただ、見落としていたかもしれない要素がありました。 【JFDT-HA】 自分も所有、長く愛…

良いパッシブジャズベースが欲しいならこれ ジラウド脅威の新作

JIRAUD NEW JAZZBASS JIRAUD NEW JAZZBASS 試作新型ジャズベース デッドポイントがない 気持ち良いボディ鳴り 絶妙な高速タッチレスポンス より個体差が少なくなる? さらに進化するのかジラウドベース!? 試作新型ジャズベース 様々な意味で試作機のジャズ…

縦振動のタッチの研究 (42) 現実は厳しい 理想は果てしなく遠く面白い

縦振動のタッチ (42) いざ教えてもらうとやっぱりヘコむ 先日、久しぶりにジラウドさんの方でタッチのレクチャーを受けました。 完成域にたどり着いたなんて思ったことはないけど、それにしても、まだまだこんな遠いものかと青くなってしまった次第。 や…

ジラウドの新ジャズベースが超良かったらどうしよう!?

ジラウドの新作? 以前から話だけは聞いていた新型のジャズベース。 これの登場で今までの価値観がひっくり返ってしまうのだろうかと注目しています。 と言っても恐らく、見た目はそのまんま普通のジャズベ。 ジョイントもディープジョイントではなくノーマ…

JIRAUD Funk Groover 超絶ぶっといコンプ ぶっとい歪み 未知の存在 

Jiraud Funk Groover 最強のごんぶとサウンド 縦振動のタッチについてずっと研究しているわたくしポングと我がブログ。 とにかくぶっといサウンドを出したいと試行錯誤している次第です。 自分のタッチで音を太くする、オリジナルのサウンドを出せるようにな…

ブログの再構築 過去記事のリライトを開始

地獄の修正作業 溜まってたツケを払う時が来たと言いますか、やばいですねこれ。 500記事全てを見直し修正もするという、想像するだけで目眩がしてくる話。 的確なタグ付けをしたいところでもありますし、もっと便利に見やすくしたくもありますし、もしかし…

20年通っても飽きないジラウドの魅力 なぜ面白いのかその理由を考える

常に新しい製品が出続けてきたジラウド これが本当に大きいですね。 個人工房としては尋常でない数の製品が出てきたんじゃないかと。 「うちはこれだけで行く!」というコンセプトで作っている工房もあるかと想像しますし、それも一つには潔くていいと思いま…

今や幻のベース? JIRAUD 初期 J-BASSへの憧れ

JIRAUD J-BASS ジラウドオリジナルシェイプのベースと言えばやっぱりJ-BASS。 出たのはもう20年以上前なのかな? 現在のバージョンは4になっている通り、初期のものとではちょっと違いがあるみたいです。 ただ、それを確認するのが非常に困難なのが残念な…

JIRAUD W-BASSとMBRACE 取り付け位置と角度を決める・滑り止めを加える

M Brace You Take www.pompombass.com 角度と取り付け位置の決定 色々試してみた結果、アップライトベースの感覚で弾ける方が面白いかなという手応えがありました。 となるとやはり、通常のエレクトリックベースを構える方向性ではないんですね。 もっと縦方…

JIRAUD W-BASSとMBRACE その完成形を模索していきたい

W-BASSとMBRACE www.pompombass.com 昨日に続き、今回もW-BASSとMBRACEについて。 使ってみた感じ、「これだ!」という手応えは確実にありますね。 これまでの場合、 ・指弾きと弓奏の両立が厳しい ・いまいち美味しいポジションが見つからない ・慣れないフ…

Jiraud Black Cloudをフルチューン化した時の話 その恐怖と歓喜と

ジラウドとブラッククラウドとフルチューン フルチューン化の大きなきっかけ 自分がずっとメインで使用しているブラッククラウド。 実はこれ、当初はネオパッシブでして、ずっとそれで行くつもりでした。 ただま~、紆余曲折あったんですよね。 自分のタッチ…

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1 Humbucker Custom (10)

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1PU Custom (10) フィンガーランプの追加 先日の組み合わせでも良かったのですが、どうせならサイズと厚みの統一をしてみるかと思い、さらに追加してみました。 こちらがその画像。 こうなるとあれですね。 PUの方がラン…

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1 Humbucker Custom (9)

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1PU Custom (9) 久しぶりのフィンガーランプ ま~、違和感バリバリですね。 まったく弾きやすくなった気がしません。 どういうタッチで弾いたものかと悪戦苦闘中。 ハムバッカーに慣れてないというのは勿論、そこに加え、弦…

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1 Humbucker Custom (8)

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1PU Custom (8) ハイCの5弦は弾けない 以前から話している通り、ハイCの5弦がどうにも苦手な自分。 ベースらしくないとか楽器として嫌いとかそういうことではありません。 あまりにミスが多くなったり、感覚が狂ってしま…

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1 Humbucker Custom (7)

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1PU Custom (7) コントロール系について ボリュームとトーンだけというこのベース。 シンプルすぎて逆に解説するのを忘れていました。 トーンについてはボリュームノブのプルアップでスルーも可能。 操作するのは1ボリュー…

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1 Humbucker Custom (6)

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1PU Custom (6) 理想の仕様、改造を考える 絶対のメインベースがある中、このベースはどんな立場にすべきか? それがいまだに掴めていないのが正直な話。 今回は自分の中にある理想例や妄想をまとめてみようかと思います。 …