2018-06-01から1ヶ月間の記事一覧

ベースが凄かった? とある発表会を手伝って体験した謎

友人の手伝い 「あさって生徒の発表会があるんだけどさ」 「手違いでベースがいなくなっちまった」 「ちょっとやってくれ」 ということで友人を手伝った際のこと。 なんとも不思議な体験をした言いますか、印象的な出来事がありました。 今日はそれについて…

【ベース談義】 太い音の出し方を考える (16) 高めなければ高まらない

継続して高めてこそ どんなにキャリアがあっても関係ない 例えば草野球とかで考えてみましょう。 野球歴も30年、40年、50年とします。 これと言った強いトレーニングも特にしない設定。 ・何をやらせても一流 ・打てばホームラン投げれば160km ・…

壁掛けギター・ベーススタンドのすすめ HERCULES GSP39WB

壁掛けスタンド 憧れだったと言うと大袈裟なようですが、引っ越しの際に絶対にやりたかったのがベースを壁掛けにすること。 所有する全てのベースがジャズベースのように非対称シェイプである為、安全面を考慮する意味でも壁掛けが良い感じ。 安いスタンドだ…

パッシブの魅力とメリットを謎理論と勢いで語ってみる

パッシブという名の戦場を生き残れ ローインピーダンスで抵抗が少ないとか軟弱ですよ。 そんな整った道をのんきに歩いてきたアクティブなんか貧弱坊っちゃんの音。 理不尽な荒波に勝って生き抜いた音こそが本物。 抵抗なんぞに負けて脱落した信号なんか必要…

ベースとグルーブ リズム感を良くする方法を物理的に考えてみる

まずは手拍子をしてみる ※無理せず怪我をしないようにお願いします。 ちょっと速めの8ビートの曲でも流してみてください。 何も考えず、乗りやすく手拍子してみましょう。 次は腕を頭上に思いっきり伸ばし、それで手拍子してみましょう。 腕を楽にしようと…

言語化の拒否が拒絶と恐怖を生むのか 思考停止は楽だからそれに安心するのか

知らない言葉は難しく感じる まず、奏法に関する言葉を適当に10個並べてみます。 ・ハンマリングオン ・プリングオフ ・チョーキングorベンド ・スラップorチョッパー ・アポヤンドorアルアイレ ・タッピング ・カッティング ・スウィープピッキング ・ス…

5弦ベースを弾くようになったきっかけは6弦ベースに疲れたから

4弦から6弦 6弦から5弦へ 今は5弦を完全にメインにしている自分。 しかしどうもまだ、5弦に順応しきっていないような感覚もあったりします。 それぐらい6弦を弾くことが当たり前だった為、何となくふわっとしているような気がしないでもなかったり。 …

GOTOH EPR-2 ロックピンのすすめ ストラップ節約・恥と悲劇の防止に

GOTOH EPR-2 ロックピン 個人的に必須アイテムなのがゴトーのロックピン。 こいつがめっちゃくちゃ便利で助かりますね。 自分が使っている全てのベースにEPR-2対応のストラップピンを取り付けてます。 ちょっとひねれば付くし外れるし、とにかく扱いが楽で簡…

おすすめのベース・買ってはいけないベースについて考える

買ってはいけないベースとは何か? 『物欲しか満たせない物』 これではないかと。 要するに何の生産性も創造性もない、ただお金を使いたいだけ、手元に置いておきたいだけ、その時の気分を満たすためだけの存在。 経験上、そういう楽器って高確率で手放すの…

ベースと速弾き (12) 痛みは放置せず休む・脳の使い方も考える

怪我や痛みは勲章でもなんでもない ・いくら弾いても疲れを感じない ・とにかく弾きたくて仕方がない ・上達が手に取るように分かる こんな状態であれば長時間弾き続けるのも悪くありません。 『ノッてる状態』とでも言いますかね? やってて楽しいなら好き…

ベースと速弾き (11) 音を太くする・音量幅を持っておく

力み・緊張の悪影響 音を太くすることを意識するとついつい、力を入れてしまいがちなもの。 実際、音量が上がればそれっぽくなるし、迫力も分かりやすく出てきます。 しかしこれというのは「それっぽい」だけだったり、実際は音が潰れてしまって音程感も存在…

ベースと速弾き (10) 開放弦を取り入れる・フレーズを分析する

開放弦のパターンを作っておく お手軽に音数を増やすのであれば、開放弦も活躍してくれます。 例えば、1弦で6連のパターンを弾くとしましょう。 右手で開放弦を鳴らし、人差し指で3フレットをハンマリング。 続いて薬指か小指で5フレットもハンマリング…

ベースに使ってみたいオクターバー NANO POG ELECTRO-HARMONIX

NANO POG 気になるオクターバー 友人が所有しているちょっと良さげなオクターバー。 それのミニサイズ版。 この手のペダルってピッチの検出が甘いだけではなく、和音に対応していなかったり誤作動を起こすイメージが強い為、それで敬遠しているのが正直な話…

ベースと2フィンガー 一生使える万能の奏法 note

note第4弾は2フィンガーについて 2フィンガーというのは本当に重要な奏法。 あらためて考えてみても、そうでなくとも、ベースにとってスタンダードな弾き方であることを嫌でも痛感させられます。 極論するならば、スラップやタッピングを失うことになって…

音痩せ対策・バッファ購入をやめた友人の話 【ポングの実験室】

音痩せ対策・バッファへの興味 先日、エフェクターの実験をしてみたいとギタリストの友人が遊びに来ました。 ・今のボードの繋ぎ順が正しいか知りたい ・もっと音痩せ対策をしたい ・バッファの効果を知りたい お悩み内容は大体こんな感じだったかなと。 使…

ベースと速弾き (9) ハンマリングとプリングについて

ハンマリングとプリング 速弾きにおいて左手の支配力がものを言うのは以前にも話した通り。 どんなに高速な右手を完成させようと、左手で積極的に音程を変えないことにはそれらしくはなってくれません。 極論、左手さえ速く動けば、それで十分に速弾きっぽく…

ベースと速弾き (8) フィンガーランプの効果とそのすすめ

ベースとフィンガーランプ 今やすっかり定番アイテムと化した感もあるフィンガーランプ。 簡単に言うなら指が深く入らないようにするための板。 それによって音量も粒も揃えやすくなります。 どんなプレイヤーが使っているか参考にするならば、 『マシュー・…

ベースと速弾き (7) 指弾きと言えばレイキング

ベースとレイキング ベースの奏法として重要な存在になるのがレイキング。 語源がなんなのかは知りませんが、右手の効率化を目指す上でこれほど美味しい奏法はありません。 たとえば1弦を人差し指アポヤンドで弾いた場合、2弦に指が寄りかかることになりま…

ベースにおすすめなピック MASTER 8 JAPAN INFINIX

ベースとピックとその好みについて 個人的な好みを簡単にまとめますと、 ・基本的にラージサイズが好き ・厚みがありすぎるのは好きじゃない ・先端は鋭い方が好き という感じになります。 これ、何気に選択肢が限られると言うか、該当するものがほとんどな…

ブログ更新は今日はお休み

友人の手伝い 友人に急遽呼ばれてちょろっとだけベースを弾いてきました。 ただ、イベント自体が長丁場だった為、拘束時間についてはちょろっとでは済まないことに。 帰ってきたのも遅いのでまぁ、ブログは試しにお休みしてみようかなと。 ただ、毎日更新が…

ベースと速弾き (6) 速く指弾きしたいなら弦を引っぱらない

指のスタート地点 前々回の左手の話でも触れた指のスタート地点について。 これはそのまま、右手の方にも当てはまります。 前回の内容についてもそうですが、弦を鳴らして指をそこから離す際、無理に持ち上げようとしたり、そこで指と弦との距離をつくってし…

ベースと速弾き (5) 指弾きの高速化 弦の抵抗・摩擦について考える

どうしたら指弾きが速くなる? レイキング、3フィンガー、4フィンガー等、速く弾くための方法はいろいろ存在しますが、この場ではそういった技巧的なことはちょっと置いてみたいと思います。 「そもそもどうやったら指が速く動くようになるのだろうか?」 …

ベースと速弾き (4) 左手のスピードと効率化が命

速弾きしたいなら左手の強化を 右手の超高速3フィンガーや4フィンガー。 そういった技術に魅力を感じるのも確かですが、それで延々と一つの音程を弾いたところで、速弾きらしくは聴こえません。 手癖で通すにせよ複雑に練ったフレーズにせよ、音程が変わっ…

EUB・アップライトベース始めるならSLB200 ウッドの消音練習にも 

YAMAHA SLB サイレントベース 目次 YAMAHA SLB サイレントベース 目次 コントラバスと消音 SLB100かSLB200か? SLB200の魅力 SLB200ならLTDもおすすめ 延長フレームとスタンドも大事 あえて欠点を言うならば? 無難な音 セットアップ推奨 EUB探すならまずSLB…

ベースと速弾き (3) 速く弾きたいなら速く弾けるようにする

速弾きしたいなら速くすることだけ考える 前回に続き、また滅茶苦茶な話のようですが、実に分かりやすい方向性ではないかと。 速く弾こうとするとついつい難しく考えがちですが、一つには罠だとも感じます。 ・脱力を目指す ・指が暴れないようにする ・より…

ベースと速弾き (2) 速く弾きたいなら速く弾ける楽器を使う

使うベースが遅くちゃダメ いきなり前回の話を覆すようですが、とにかくMAXスピードを上げたいのであればまず何より、高速仕様のマシンを選ぶべき。 軽トラックを必死にチューンしてスピード勝負しようとしても不毛です。 最初から高性能なスポーツカー、…

ベースと速弾き (1) 速く弾くのをやめたら速くなった

ベースと速弾き メタル大好き人間だったので当然、「もっと速く!」と猛練習をしていた過去もある自分。 テクニカル系が好きな流れでフュージョンやジャズに行ったりもしましたし、「日本一速く弾けるようになってやる!」みたいに躍起になってた時期もあっ…

ベースと腱鞘炎 怪我をしない為の左手作りと心構え note

note第三弾 note.mu このブログとは別に書いているnote。 今回もまた過去の自分に読ませたい記事になりました。 弦高低い癖に左手の母指球がいつもパンパン。 痛くて拳が握れなくもなったり、腰もやっちゃったり本当に酷かったですからね どれだけ理に適って…

AMPEG MICRO CL STACK アンペグ ミニスタック ザ・ベースアンプ

Ampeg Micro CL Stack ベースアンプが嫌いだとずっと言い続けているこのブログ。 一方、ベーアンの音がまったく分からなくなってしまうのもそれはそれで困る為、練習用に持っていたりします。 練習用とは言っても、10インチ2発でかなりの音量も出るので、…

ベースの才能って何? 速弾き・スラップ・タッピングできないと駄目なの? 

才能って具体的には何? 当然のごとく使われる言葉ではありますが、実際のところは具体的に何を指すものなのかよく分からなかったりして? 「才能ない・・」とやめる人について言うならば、「いやいや、まだ全然それを語る段階にないでしょ」という印象を抱…

 

【ブログカテゴリー】