ベース弦の飾り糸の意味って何?

ペグとブリッジの保護

 

見た目の意味合いも強いとは思いますが、某所で聞いたのがこれ。

 

主にペグ穴とブリッジ穴になるのかな?

金属同士が直接触れるのと糸が巻いてあるのでは、そのダメージに差があると教えてもらったことがあります。

 

実際にそれほど違うものなのかどうかは分かりませんが、これは確かになるほどな意見。

 

弦を緩める頻度、交換の頻度、チューニングを変えることなどが多いほど、確かにそのダメージは変わるものなのかもしれません。

 

長い目で見るほど、その傷み方や劣化具合が違ってくる可能性はありそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

トラブルの実例はあるのだろうか?

 

このダメージでブリッジ穴が過剰に広がったとか、弦が貫通しちゃったとか、そういうことが本当にあるのかは不明。

 

他にも考えられるとしたら、微妙な凹凸やギザギザなどが生まれることにより、弦が切れやすくなるなんて見方もあるのでしょうかね?

しかしまぁ、ベース弦がそんな簡単に切れるとは思えない為、そのリスクを心配することもない気はしますし、詳細は不明です。

 

ペグ穴が傷む、ブリッジ穴が傷むなど、実際ありそうな一方、現役のヴィンテージフェンダーがある世の中、どこまで考慮すべきかは何ともかんともなところ。

 

飾り糸の悲劇

 

逆に、飾り糸のせいで酷い目に遭った経験があります。

 

ペグ側に巻いてある糸があまりに長すぎた為、なんと、ナットからはみ出してしまうなんてやつがあったという。

ナット溝に上手くはまってくれないし、なんとか張っても音がおかしかったり、散々だった思い出。

 

他にも、ボールエンド付近に糸を巻きすぎているせいでブリッジ穴を通らないとか、同じくペグ穴に入らないとかそんなこともありましたし、正直、飾り糸ってあんまり好きじゃなかったりしますね。

 

綺麗に薄く巻いてあるなら良いんですが、テキトーに分厚く巻いてあるやつは要注意だなと。 

また、そういうのに限って高い弦だったりするから、余計に辛い。

 

今考えてみれば、ライターとかで燃せばよかったのかと思うところでもありますが、いずれにせよ、そんな手間がかかる時点で勘弁願いたい。

 

やっぱり『普通』っていいもんです。