ベースとギグバッグ Sadowsky Portabag 背負えるセミハードケース

ソフトケースはもう死語?

 

ソフトケースなんて呼ばれているものは無くなっていき、『ギグバッグ』とかそういう分類をされるようになってきた感もある昨今。

 

依然としてペラッペラのやつもあったりはしますが、言うまでもなく、強度を期待するものではありません。

重いベースを入れるにはストラップが貧弱だったり、ポケットもただのオマケ扱いだったり、様々な不安要素が気になるものですね。

 

一方、機動性に優れながらも非常に優れた強度を持つケースが登場しているのが今の時代。

自分が使用しているNazcaやIGIGなどもそうですが、「こんなケースが学生時代から欲しかったなぁ」とその使い勝手に驚かされます。

 

このあたりについては以前にも触れた通り、Nazcaが特にお気に入り。

 

軽くて丈夫、ストラップもハンドルの使い勝手も文句なし、ネックの枕もあるなど、ギグバッグとしてこれ以上を望むのはなかなか難しいんじゃないかと満足できる逸品ですね。

 

www.pompombass.com

 

ハードケースとセミハードケース

 

優れたギグバッグがある一方、どうしても強度的な不安が残るのも正直な話。

楽器の扱いが荒い人の場合、Nazcaですら不安がある可能性は考えられます。

不意のトラブルなどから守る意味でもやはり、ハードケースは頼りになる存在。

 

ただし言うまでもなく、ハードケースは重いです。

使い勝手も最悪だし、普段からハードケース専門という人はなかなかいないでしょう。

 

そこで気になるのが、セミハードケース。

ハードケースよりも遥かに軽量であり、強度も十分安心できる優れもの。

値段もそこまで高価ではなかったり、「これはいい!」と自分も手を出したことがあります。

 

でまぁ、お察しの通り、駄目だったんですよねぇ。

とにかく移動が不便でやってられません。

背負うんじゃなくて、肩からかけることしかできないのがアウト、

 

いくら軽くてハードケースより扱いやすいと言っても、形が長方形のあれでは使い勝手は最悪なまま。

ハードケースより軽いとは言ってもそこそこの重さはあるし、使い勝手の悪さも相まって歩ってて嫌になります。

 

これについては、ヤマハのSLB200でも思い知りましたね。

 

めっちゃコンパクトにまとまって最高なのは確かな一方、結局、背負うことは厳しいし、ストラップが良くなかったり扱いも難しい。

自分みたいな軟弱者はそれで心が折れてしまうという。

 

あの専用ケースのサイズって本当に革命的であり、セミハードケースのお手軽さも魅力的だったんですが、悲しいかな、その先の使い勝手まではさすがに面倒を見てくれなかったということか、後一歩があればと感じた次第。

 

Sadowsky Portabag Plus

 

さてはて、満を持して登場なのがサドウスキーのこのケース。

「背負えるセミハードケース」とも呼ぶべき面白い存在です。

地味~にモデルチェンジしてるのも好印象であり、より実用的に仕上げているのがナイス。

 

初期モデルの場合、本体と同じぐらいのサイズのポケットが付いていたものですが、あれ、いっぱい入るようで意外と使い勝手が悪いものなんですよね。

 

後、個人的に致命的なのは、前面のハンドルがないこと。

あれがあるとないとで、ケースの使い勝手がまったくの別物になると言っても過言ではありません。

電車から降りる時とかにあれが存在しない場合、割と本気で困ったりします。

 

で、モデルチェンジした二代目はそれが解消されてこりゃいいぞと思いきや、ストラップの金具が最悪でゲンナリ。

あれも個人的に耐え難いポイントでしたね~。

安定感が悪いし、常に背中に金属が当たってる感じも不快だし、強度はともかく普段から使うにはイマイチすぎた。

 

恐らく、同じ意見が多かったり、評判もいまいちだったんでしょうね。

さらにモデルチェンジしてストラップが縫い付けタイプになったり、軽量化まで図られていたり、執念とも言うべき改良っぷりにちょっと驚かされてしまいます。

 

個人的にさらに注文を付けるのであれば、『Sadowsky』の文字を外して欲しいところですが、これはいくらなんでも難癖か、いちゃもんレベルの話になってしまいそうなので、そこは仕方ないかと諦めるところ。

 

いずれにせよ、背負えるタイプのセミハードケースが欲しいなら、まずはこいつが思い浮かぶのは間違いありません。

 

SADOWSKY  BASS PORTABAG PLUS

SADOWSKY BASS PORTABAG PLUS

 

前面のハンドルが大事

 

同じ話を繰り返しちゃいますが、このハンドルないやつってやっぱり、自分は駄目なんですよね~。

車で轢いても大丈夫とか、二階から投げても大丈夫とか、強度が売りのギグバッグもあったりはしますが、大体はこのハンドルが付いてないから個人的にはアウト。

 

自分の持ってるIGIGも素晴らしいものなんだけれど、ここが唯一の欠点だと認識しています。

あのハンドルを自然と掴む動きが染みついてしまっているので、手に取るものがなくツル~ンって感じだと違和感全開。

 

そんな自分の不満点をほぼ全て解消しているのがNazca。

これは本当に素晴らしいですね。

とにかく軽くて楽だし、使い勝手が最高。

これで軽量なヘッドレスとかだった場合、さらに楽に移動ができるのかと憧れるものすらあります。

 

ただ、前述の通り、より高い安心感を求めるのであれば、ハードケースかセミハードケース。

そして、そこからさらに利便性や機動性も考慮するなら、サドウスキーがベストになりそうかなと感じる次第。

 

頑丈になる分だけ重くなるのがケース選択の悩みどころ。 

軽量を取るか?安全性を取るか?

なんなら、気分で使い分けるのも有りだと思います。

 

カートを使って運ぶという手もあるけど、あれを使う場合、IGIGやサドウスキーのような形状だと滑っちゃって逆に不便に感じたり、意外な落とし穴が存在するんですよね。

 

これは本当、完璧な正解というものが見つからないのが正直な話。

自分の目的と好みに合ったものを自分自身で見つけるしかない。

 

まぁたぶん、採算度外視で超贅沢に作れば、超絶軽量で超絶頑丈とかも実現できるのだとは想像しますが、登場に期待するだけ無駄というものでしょう。

 

「100万円のギグバッグ!」とか言われてもどうにもなりませんもんねぇ。

 

ってか、本気で作ったら100万でも済まないのかもしれないし、これはあまりに方向性が違いすぎて求めるだけ虚しくなりそうです。

 

そんなこんな、ケースの話ふたたびでした。

意外と好きなんですよね、ケースの話題。

なにか面白いものがあったら、必ずチェックしておきたいところ。