トゥルーバイパス・パッシブ至上主義への疑問 インピーダンスは無視?

トゥルーバイパスについて考える

 

最近ではもう特に珍しくもないトゥルーバイパス仕様。

しかしまぁ。果たして本当にまったく音痩せがないのかと考えると、ちょっと疑問なところ。

 

今回、2008年に書いた自分のブログ記事を再編集しつつ、改めて考えてみたいと思います。

 

 

余計なものは通したくない


エフェクターをオフにした際、バッファなどを通らないようにしておくというのは、確かに分かる話。

 

そうすることにより、そのペダルを通すだけで強制的に音が加工されてしまうような事態はなくなるでしょう。 

 

繋いだだけで音の変化や劣化が分かってしまうようなものと比べれば、原音重視派にとって必須の仕様と言えるのは間違いありません。

 

異なる様々なバッファを5個も6個も通るなど、歓迎したくはない状態ですよね。

それを避けるならばやはり、トゥルーバイパスは必須の仕様と言えそうです。

 

ケーブルは長くなる・接点も増える

 

いくらトゥルーバイパスとは言え、素の状態から変化があることは確実。

 

エフェクターを使用するという時点でもう、ケーブル全体の長さは増すことになります。

いくつものジャックを通ることも絶対に避けられません。

 

楽器本体からアンプまでの距離が遠くなってしまうと考えれば、その時点で音の劣化は多少なりとも起きているはず。

 

実際、1mのケーブルと長いケーブルを比較すると、音はけっこう違うものです。

適正なインピーダンス変換をしたアクティブベースでも、その違いは明らかでした。

 

現実的には1mのケーブルなんて使わないし、ちょっとひねくれた見方でもありますが、いずれにせよ、まったく劣化が起きないということはちょっと考えられない話ではないかと。

 

間違っても「トゥルーバイパス=万能」みたいなことは有り得ません。

 

トゥルーバイパスにも色々あるらしい

 

「トゥルーバイパス」と一口にしても、製作者によってその解釈が違う印象。

 

内部のスイッチや回路をどこまでスルーしているのかいまいち分からないし、実際、トゥルーバイパスと言いながらも電源を通さないと音が出ないようなものもありました。

 

ものによっては、オン/オフ時に盛大にノイズが出るやつなんかもあるから怖いんですよね。

ライブのサウンドチェックで爆発音じみたやつを炸裂させてしまったことがありますが、あれはほんとにアカンです。

 

『ポップノイズ』って言うらしいですが、トゥルーバイパスの凄く嫌なところですね。

あれを爆音で鳴らしてしまうリスクを考えると、ライブじゃBOSSとかの方が安心ってのが凄く分かります。

 

このあたりについてあまり考慮されていないトゥルーバイパスというのは使用をためらってしまう面があるかなと。

 

たとえどんなに劣化もなく優れた方式だったとしても、あのリスクはなかなか許容しがたいものがある。

 

そのあたりK&Rなんかは独自のバイパス方式を取っているらしく、使う方としては非常にありがたく安心なのですが、詳細の方は不明。

 

こういうのが標準になってくれると嬉しいんですけどねぇ・・・

 

【スポンサーリンク】

 

 

油断できないパッシブ楽器

 

「トゥルーバイパスだから大丈夫!」

 

と安心するのはちょっと早い。

 

パッシブ楽器を使ってオールトゥルーバイパスなんて場合、電気的にも音的にも最悪の状態になってしまっていることが考えられます。

 

高品質なバッファーなどを一発目に繋いであるなら話は別ですが、何も考えずにハイインピーダンス出力のまま放っておいてしまうのは、あまりに安易でお粗末ではないかと。

 

前述の通り、エフェクターを使用するということは、長いケーブルや沢山のジャックを通ることにもなるわけです。

 

バッファも何もまったく通さず、ハイインピーダンスのまま放置するのが良い状態だとはとても思えません。

 

アンプの入力インピーダンスが低い場合、パッシブ楽器は音量も元気もなくなりがち。

長いケーブルを使う状況では音痩せしないどころか、ヘロヘロに痩せた信号を送ることにもなりかねない。

 

「トゥルーバイパスだから原音そのまま!」

 

なんて信じてしまうと痛い目を見るはめにもなります。

 

高級ケーブルにこだわるよりバッファ

 

論より証拠。

バッファの効果についてはこの動画を見ると早いでしょう。

 

www.youtube.com

 

長いケーブルを使うだけでもかなり不利になりますが、アンプの入力インピーダンスが低い場合、パッシブ楽器だと音量は落ちるし元気もなくなるし、ちゃんとした高域も出てこなくなります。

 

早い話、音抜けがすごく悪くなってしまうということですね。

 

動画だと温かみがあるとかそう感じられるかもしれませんが、実際は頼りなくモコモコしてるだけって感じの音なのが本当の話。

 

バッファを通した後者の音はドンシャリとかうるさいとか感じる可能性も高いかと想像します。

しかしこれはバッファの癖ではなく、この楽器とPUの特性がそのまま出ているだけだと考えてください。

 

安物のPUからジャックに直結。

弦高も低めであえてジャリジャリ言うように弾いているのは前者か後者か?

これはもう、答えを言うまでもないでしょう。

 

そのうるさい粗さにしても結局、トーンを絞るなどすれば甘く温かいサウンドにすることも可能なのが現実です。

 

最初から特性が壊滅的になってしまい加工どころではなくなってしまう前者にメリットがあるとは思えません。

 

パッシブ楽器にオールトゥルーバイパスの疑問

 

現実的なことを考えていくと、ただ無闇にトゥルーバイパスなんてこだわるのはちょっと疑問ですよね。

 

パッシブ楽器を使うのであればやはり、どこかでローインピーダンス化をさせた方が劣化は少なくて済むでしょう。

 

音痩せなんか気にせずエフェクター通しまくりなんて方が音痩せしていないという、そんな皮肉なことになる可能性もあるわけです。

 

「俺はアンプ直で行くぜ!」

「これなら劣化は関係ねぇ!」

「ごまかさない本物の音だ!」

 

なんて調子に乗っておいてまぁ、パッシブでクソ長いケーブルを使っているなど、かなり不味いパターンだと分かるはず。

 

それと同様、

 

「楽器の原音こそが命!」

「トゥルーバイパス最高!」

「全然音痩せしない!」

 

なんてパッシブで長~いケーブル通しておいてしかも、オールトゥルーバイパス状態にしてるとか、そりゃどうなんよとツッコミを入れたくなってくる次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

大袈裟な言葉に幻想を抱くべきではない

 

何を持って劣化と言うのか?音が痩せると言うのか?

それもこれも結局、プレイヤーがどう捉えるかの問題であり、実はすごく曖昧な話なんでしょうね。

 

言葉に執着しすぎて肝心の音が二の次になってしまうのは本末転倒。

値段や売り文句、スペック優先というのはあまりよろしくないことだと感じます。

 

スルーした時に劣化がなくても肝心のオン時にバリバリに劣化するとか、それは笑えません。

ましてや、根本的に好みの音がまったく出ないとか、それではバイパスがどうもクソもない。

 

トゥルーバイパスであろうがなかろうが、まずは関係ない。

エフェクターが欲しいのであれば、出したい音が出せるヤツを選んだ方が良いはず


最高に気に入ったやつを見つけた上でこそ、劣化を最小限に抑える意味というのが出てくるんじゃないかと。

 

まぁ今の時代、トゥルーバイパスなんてそんな大きな売りにもならないだろうし、過剰な期待なんてものもないとは思いますが、一時期はけっこう幻想みたいなのありましたからね~。

 

「トゥルーバイパスじゃないと痩せる!

「通すだけで音が変になってしまう!」

「一流はみんなトゥルーバイパスだ!」

 

みたいな強迫観念を植え付けみたいなのすらあったと言うか、トゥルーバイパスってだけで高級仕様みたいな扱いになってたかもしれません。

 

皮肉を言うようですが、変にこじらせてわけの分からない方向に行くなら、普通にBOSSとか安心の定番品でいいと思います。

 

と言うかむしろ、実用性を第一に考えればそれが一番の可能性すらあったりして?

 

前述の通り、洒落にならないレベルの切り替えノイズとか本当に笑えませんからね。

「おいおい・・何してくれてんだよ・・・」と冷ややかな視線と空気に晒されるのは結構きつい。

 

とりあえず、トゥルーバイパス幻想みたいなのを持つことには反対です。

パッシブ楽器についてもそうですが、イメージ先行のこだわりだったらそこに執着することに意味は感じません。