Richard Cocco ベース用ステンレス弦のおすすめ 指でもスラップでも

Richard Cocco ベース弦 目次

 

 

リチャード・ココ

 

美味しいステンレス弦

 

もうかれこれ10年以上は愛用しているであろう弦。

ニッケルもいいですが、自分の中ではステンレスの方がスタンダードですね。

 

ステンレス弦と言うと大体の場合、ジャリンジャリンのバッキバキな傾向がある中、この弦はかなり落ち着いた傾向にある印象。

 

高域がうるさいだけでボトムは薄いなんてことがなく、スラップ専用なんてこともありません。

むしろドッシリ弾くのに向いている特性が非常にベースらしくて良い。

 

強い個性を追求するとなると主張が弱く感じる面も考えられますが、トータルのクオリティや実用性を考えた場合、この弦より上のものを探すのはなかなか難しいのではないかと感じる次第。

 

独特の弾力が素晴らしい

 

弾き心地もステンレスにありがちな硬った~い感じとは異なり、独特の弾力があるのが魅力。

これ、話しているだけだと伝わらないと思いますが、凄く重要なところなんですよね。

 

ステンレス弦の場合、寿命的に美味しいピークがものすごく短いものがある中、このRココはちょっと弾きこんでからが本番という使い方もできるから素晴らしい。

 

前述の弾力がさらに良い感じになり、楽器の鳴りとも馴染んでいく感覚が実に癖になってしまいます。

 

ステンレス弦ですから、さすがに張りたてだと硬い印象やジャリついたところもある一方、それが落ち着いてからのその味わいと弾き心地こそ、この弦の最高に美味しいポイントと考えることもできるんじゃないかと。

 

長寿命

 

前述の弾力も大きく関係しているのが寿命について。

 

そうそう簡単にボヨンボヨンになるなんてことはない為、新品至上主義なんて話でもなければ、かなり長く使用していくことが可能でしょう。

 

実際、自分が使用しているフレットレスに関しては、Rココのステンレス弦を年単位で張りっぱなしです。

 

使用頻度がフレッテッドよりも少ないことはありますが、交換の必要性をほとんど感じません。

 

弦のコーティング液なども必要ない、塗ると音がおかしくなってむしろ寿命が縮んでしまう、そんな印象を感じる素のクオリティが本当に素晴らしい。

 

定番の弦よりちょっとお高いのも確かだけど、実はものすごく経済的に使えるのが大きな魅力。

 

ベースを複数所有する人間としては、寿命が長いってそれだけでめちゃくちゃ助かります。

 

R COCCO  RC4G S

 R COCCO RC4G S

 

良いタッチと音作りでより魅力的に

 

弾き方で弦の寿命は変わる

 

『弦の寿命と節約について』という記事の方でも触れた通り、弦の劣化というのは汗などの汚れ以外からも来るものだと考えています。

 

弾き方が乱暴であればそれだけ弦が傷むスピードは加速するわけですから、コーティングすれば何とかなるという問題ではありません。

 

バスが大きく出るならそれだけフレットも弦も不要に削っていることになりますし、弦が大きくたわむならば、それだけ芯線がゆがみ傷んでいることにもなるんじゃないかと。

 

左手の強力なフィンガリング、弦を確実に振動させ豊かなサウンドを得る右手のタッチ、これを意識して鍛えていくだけでも弦の寿命は確実に延びます。

 

巻きも作りもしっかりしているRココならば、よりダメージ少なく長期にわたって使用することができるようになるはず。

 

レンジの広いベースならさらに超寿命

 

論より証拠と言いますか、前述のRココ張りっぱなしのフレットレスのサウンドがこちら。

 

最初はトーンカットして甘い音のセッティング、スイッチでそれをスルーしてフレットレスとは思えないスラップサウンドに切り替えています。

 

www.youtube.com

 

年単位で張りっぱなしでもジラウドのようなレンジの広いベースの場合、セッティング次第で強烈なサウンドにすることが簡単にできます。

 

上手く使えば、腰のあるぶっとい指弾きのサウンドとキレの良いスラップサウンドを両立することも可能になるでしょう。

 

新品の場合、シャリシャリとうるさいところというのがどうしても出てきてしまいますが、その新しい弦ならではの倍音やアタックが魅力的なのも確かではありますよね。

 

その感覚を使いこんだ弦でも味わえるとしたら、ま~、こんなに寿命長く使えるようになることもないんじゃないかと。

 

どうしてもステンレスが合わないなら普通にニッケルの方もおすすめ。

こちらはさらに弾力感があって使いこむと良い感じ。

 

R COCCO  RC4G N

 R COCCO RC4G N

 

浮気しても結局はRココに戻ってきた

 

「何か前と変わったかな~?」とか「ちょっと物足りないかなぁ・・」なんて感じたことがありまして、他に良い弦がないかとあれこれ試した時期が実はあったりもします。

 

で、実際、

 

「おぉ!Rココより元気だ!」

「このローBいいな!」

「RココはちょっとローBあれかな~?」

「なんだ他にもいいもんあるじゃん!」

「Rココ一択とか視野が狭かったな!」

 

なんて喜んで使っていた記憶。

 

しかしですねぇ・・・

これ、ほんの一時しか持たないことがほとんどだったんですよね。

 

一週間もすると、

 

「うわ・・もう駄目だわこの弦・・」

「指弾きだと良くねぇなこの弦・・・」

「ぜんぜん張りがない・・なんだこれ・・」

 

なんてまぁ、失望を通り越して絶望的な気分を味わうことになります。

 

瞬間的にはRココより良かったり、特化して使えば効果的な印象もあるのですが、寿命とコストとサウンドと全部トータルで見た場合、Rココが自分に一番合っているのだと痛感しました。

 

結局、その弦探しのせいで数万円が1~2ヶ月で飛ぶことになりましたし、色々とアホらしくなってしまい、もうRココ一択で行こうと決意した次第。

 

個性という意味では地味な弦かもしれません。

一回の買い物としては高い方かもしれません。

飾り糸も何もなく見た目の特徴もないかもしれません。

 

しかしこれほど『質実剛健』という言葉が似合う存在もないですね。

 

一瞬で虜になるか?時間をかけて魅力に気付くか?

どちらの可能性も十分にありますが、個人的には後者を狙って試してみるのも面白いかと思います。

 

供給も安定している印象ですし、その点についても安心できる存在ですね。

なんちゃってな流行ではなく、ちゃんと定番になる実力を持っている弦ということでしょう。