ベースブログ 月間10,000PVを超えてみて思ったこと

月間1万アクセス

 

ありがたいと言うべきか困惑とも言うべきか、先月は1万PVを超えました。

半年前は3千PVですら遠いようなそんな世界でしたが、いや、続けてみるものですね。

 

まぁ、こんな話は実際にブログをやっている人間しか興味のないものですし、正直、そこを目的にやっていたらとても続いていなかったのがこのブログでもあります。

 

ゆえに何が驚いたかって、

 

好き勝手に話してるだけ

 

という適当なブログでしかも、ニッチな内容でやっててもそんなアクセスがあったのだから面白い話ですよね。

 

教養も語集もないのはもちろん、文学に興味がなく本とか一切読まないなど、そんな人間でも書き続けることができたのも驚きですし、1万なんて数字が出たことにもびっくりな次第です。

 

【スポンサーリンク】

 

 

年間12万PV

 

そんな都合のいいことになるかどうかなんて分かりませんが、もしもこのままのペースで行けるならば、本当にそれだけのアクセスになるという事実。

 

10年で見るならば120万PVです。

そう考えてみると、実はとんでもないことだって気がしてくるかもしれませんよね。

 

ネットの世界の話なんざどうでもいいと見ることもできますし、実際、現実への影響力なんか微塵も存在しないでしょう。

 

しかし、この数値を出せる何かというのを自分が起こせるのか、または起こせたのかと問われると、答えにつまるのが正直な話。

 

たった一年ちょいでの積み重ねでもそういう数字に繋がってくるのだと考えると、やはり、『継続は力なり』というものを感じるところ。

 

レベルが低い意味でも高い意味でもたぶん、自分と同じことを話せる人間は他にいないはずですし、そう考えれば、言いたいことがあるならば一刻も早く主張しておくべきなんじゃないかとも思えてきますよね。

 

言葉にするのも形にするのも遅れるほど、それを他の誰かに奪われる可能性は高くなるし、積み重ねるのにも時間がかかってしまう。

 

とりあえず500記事までは確実に書きたい

 

今現在、360記事を超えてますし、とりあえずはまだまだ続けられるだろうと考えています。

 

ただ、そこまで行くとさすがに惰性感やマンネリ感が出るはずなので、そこから先はもっと適当にノンビリやろうかな~と思っています。

 

それこそ、満足して全部消すなんて可能性もありますし、どうなるかは分かりません。

 

上では10年がどうとか言ってますが、ブログメディアがこれから先もずっと生き残るかどうかなんて自分には読めないし、そもそも、経営している大本の方が安泰かどうかなんてのも分からない。

 

もっと言えば、命だってあるか分からないんだし、「また後で見よう~」というのも「後で書こう~」というのも通用しないかもしれない。

 

世の中って本当にどうなるか分かりませんからね。

 

一方、そうは言ってもこのブログでやることって変わらないので、その点については自分も安心できるところ。

 

ベースと音楽の話ができればもうそれでいい。

違うことは他のブログでやってますし、ここはここのままがいい。

 

もうほんと、ず~っとベースだけの空間にしておきたいですね。

意外とそういうブログとかってないものなので、自分にとってこれほど良い遊び場はありません。 

 

楽しいから続く

 

まさにその見本になったので自画自賛したい気分です。

それがなかったら絶対こんな延々地味~な作業なんか続かないなと。