Jiraud W-Driver ベースの歪み・音痩せに悩むならこれ 

ジラウド ダブルドライバー 

f:id:bakibakibass:20180409234333j:plain

音痩せしない歪み

 

という売り文句のペダルって世の中にどれぐらい溢れているんでしょうね?

たぶん、ベース用である時点で全てのエフェクターがそう言われているんじゃないかと思います。

 

「ベース本来の」

 

とかよく聞く言葉ですよね。

でもその実、ふつ~に音が痩せるものばかりという印象。

 

「歪んでいる=痩せている」と考えることもできますが、そういう問題ではなく根本的に音が引っ込んでしまったり、低音・音圧がなくなるというのが困る話。

 

つまみが沢山付いていたり多機能だったり、そういうものもよくあるけれど、個人的にはあまり好きになれません。

 

そのままガンガン音が前に出てくれりゃいいのになぁって気がするんですが、後付けでなんとか帳尻合わせましたって感じだとちょっとがっかりします。

 

Jiraud W-Driver

 

そんな中、これほどストレートにそのまま音が出てくる歪みって他に存在しなかったですね。

 

シミュレーター的に綺麗にまとまったサウンドが欲しいなら、反応が良すぎて困ることになるかもしれませんが、全音域をバンバン前に出したいなら間違いなく最強の存在ではないかと。

 

レンジが広いだのレスポンスが良いだの音抜けが良いだの音痩せしないだの、そういう称賛というのはどのエフェクターにも言われている話なので、同じように文字で解説したところで恐らくは何も伝わらないでしょう。

 

じゃあ動画ならどうか?

まぁ、これも微妙かなと。

 

特に自分みたいなデジカメで適当に撮るようなタイプの人間が動画を作ったところで、「なんだよ!大したことねぇじゃん!」と見られて終わりではないかと。

 

「弾かなきゃ分からない」

 

そういう要素のかたまりですねこれは。

実際に弾いたことがない人間が何を言っても意味がありません。

 

興味があるなら試そうとする、興味がないなら一生弾くこともない。

世の中ってそういうもの。

 

まずは実際に試してみるのが一番です。

 

【スポンサーリンク】

 

 

バッファ・クリーンブースターとしても

 

と、突き放すだけではなんなので、このブログでよくのせている実験動画でも。

 

前半はダブルドライバーをOFF・後半はONです。

歪ませずただ単にバッファとして使用しているだけになります。

ハイのブーストも何もしていません。

そもそもそんな機能はありません。

 

www.youtube.com

 

比較した場合、後者の方が粗くジャリジャリに聴こえるはずですが、これはべつにダブルドライバーがこういう特性だからというわけではありません。

 

・バズが出るぐらい弦高低め

・タッチは粗く気にせず

・安いPUをジャックに直結

 

前半と後半、そういった特性をどちらの方が正直に出しているかと問われたら、これはもう答えを言うまでもないでしょう。

 

もう一つ言うのであれば、入力インピーダンスが低いアンプの場合、バッファの有無でこれだけの差が生まれてしまう可能性もあるということですね。

 

前半の音は実際に聴くともっとモコモコのサウンドなので使い物になりません。

パッシブだから素直で誤魔化しがないと言うのであれば、これはどう評すべきなのか?

 

そんな疑問に触れる意味でもダブルドライバーは面白く使えるかもしれませんね。

 

無意味にパッシブにこだわったり、または変な回路を通したり、そんなことを大事にするよりもっと現実的に考慮すべき要素というものがあるはず。

 

それこそダブルドライバーでも通してバッファ・クリーンブースターとして使った方が、音は素直にそのまま出てきてくれますね。

 

シンセベースっぽく

 

これまた誤解を招く元になりそうですが、せっかくなのでのせておこうかと思います。

 

www.youtube.com


オーバードライブCHとディストーションCHと両方あるのがダブルドライバー。

ただ、その言葉通りのイメージをしたり期待をすると違うところもあるかもしれません。

 

それを利用した面白いサウンドがこのシンセベースっぽいセッティング。

ディストーションCHの方を使い、ハイカットして弾いています。

 

現行品はもっと強力にパッシブトーンが働く為、もっとそれっぽいサウンドがつくれて面白かったですね。

 

また、このシンセベースサウンドづくりで重要になるのが実はプレイヤーのタッチ。

 

立ち上がりやサスティーン、歪み具合を自分の手でちゃんとコントロールすることを意識しないとそれっぽくならないから難しい。

 

奥が深くて楽しいエフェクターです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

真空管いらず

 

「ナチュラル!」

「音が痩せない!」

「温かみがある!」

 

なんて言われるであろう真空管の世界。

 

「歪みと言えばチューブ!」

 

こんなこともよく語られているのではないかと。

 

しかしまぁ、実は自分はそれをよく知らなかったりするんですよね。

 

ダブルドライバーがあれば無理にそれを求める必要もなかったし、メンテとかそういう手間が必要になったり不便になるものをわざわざ選ぶ必要もない。

 

たかが9V電池一個で真空管を満足に駆動できるのかというのも疑問だったり、真空管内蔵型のエフェクターにも疑問が湧く次第。

 

音痩せのなさにしてもタッチへの反応にしても、その自然さやクオリティを求めるとやっぱりダブルドライバーが一番でした。

 

K&Rのグルーブドライブも2種類持っていますが、あれは原音とのブレンドを狙ったりギター的なサウンドを狙うために所有しているので、またちょっと方向性と狙うキャラが違います。

 

素のクオリティで勝負するならばダブルドライバーに敵うものはない。 

他を探す必要もありませんね。

 

せっかくなので動画

 

「弾かなきゃ分からない!」

 

というのが強い本音ですが、そこはまぁ、せっかくのベースブログ。

普通に歪ませた動画の方ものせておきたいと思います。

 

歪みは軽いセッティングで最初はOFF・次にON。

そしてそのまま軽いタッチでコードプレイって順です。

 

www.youtube.com

 

ゴリゴリ弾くのから一転、優しいタッチでコードを鳴らすにもちゃんと反応して鳴ってくれるのがダブルドライバーの魅力。

 

クリーンか歪みか、それをプレイヤーのタッチかボリュームのコントロールで自在に操作することが可能。

 

みんな同じような音にしてしまったり楽器本体の特性をころしてしまうようなこともなく、そのままの音が遅れることなくストレートに出てくれますね。

 

コンプ感がっつりで攻めるには難しいかもしれませんが、それはまぁ、そのままコンプか自分のタッチの仕事にすればいいんじゃないかと。

 

兎にも角にも、実際に弾くのがおすすめです。

そうじゃないと分からないことだらけでしょう。