初めて買った6弦ベースはMOONのMBC6 スルーネック仕様

初の6弦

 

先日のワーウィックから一年か二年後かな?

どうしても6弦が欲しくなり、中古で激安で売ってたMBC6を購入した次第。

 

基本スペックは確か、

 

ボディ:ブビンガトップバック+マホガニーセンター

ネック:積層材のスルーネック・24フレット

指板:エボニー指板(?)

PU:バルトリーニ

プリ:バルトリーニ

塗装:オイルかナチュラル仕上げ

 

という感じだったと思います。

 

作りはすごく良かったですし、弦ピッチが狭くて助かったのも大きかったですね。

たぶん、あれで19mm仕様とかだったら、「6弦無理!」となってたんじゃないかと想像します。

 

6弦の選択肢なんかほとんどなかった当時、10万ぐらいで買えたということもあり、めっちゃお気に入りになってましたね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ただし超重かった

 

入手当初はぜんぜん考えてなかったんですが、ま~、とにかくキツかったです。

 

6kg超

 

この重量はしんどいです。

半端じゃありませんでした。

 

あんまり良いケースもなかったし、トータルで10kgオーバーの荷物になるのも泣ける。

負担を軽減するストラップも知らなかったし、10代なのに肩こり・腰痛に苦しむはめに。

 

また、6弦に全然慣れてないのもあってか、左手の親指が年中パンパンになってたり、体を壊すようにもなっていきましたね。

 

後期型のMBCになるとボルトオンのメイプルネックだったり、シンプルなアルダーボディになっていたりもしたようなので、そっちを選んだ方が正解だったんだろうなと思うところ。

 

座って弾くのが専門とかだったら良かったのかもしれませんが、残念ながら自分には合わない楽器だと判断しました。

 

とにかく重すぎましたね。

 

現行品は全然違うと想像

 

たぶん、今はもう改良が遥かに進み、まったく別のクオリティになっているのだろうと想像します。

 

作りの良さという意味では以前から相当なものでしたが、いかんせん、データが少なく実験的な要素も強かったんじゃないかと感じますね。

 

他弦ベースも当たり前の存在になってきてますし、プレイヤーの声もデータも豊富でしょう。

これは楽器作りとそのクオリティ向上においても、めちゃくちゃ大きい要素だと思いますよね。

 

海外のハイエンドベースとかも当たり前のように弾ける時代。

選択肢も豊富で良い世の中になってます。

 

まぁほんと、そんな中、ず~と以前から6弦を作ってたり独自のジャズベも作ったり、世界も視野に入れていたであろうムーンってのは凄い存在だなと。

 

当時のバルトリーニの6弦PUもそのプリもイマイチな印象が強かった為、残念ながら出音の方に納得はできませんでしたが、6弦に手を出すきっかけになったという意味では、ムーンの存在は本当にありがたかったですね。

 

6弦に挑戦してくれる国産工房というのはそれだけで応援してしまいます。