ピックから指弾きに転向した話 (前編) Warwickのベースの思い出  

中学時代の憧れはSpector

  

www.pompombass.com

 

当時、憧れだったのは小型で良い音がするベース。

 

始めの1本がコンパクトで軽量、しかもミディアムスケールだったアイバニーズ。

そこからスペクターに憧れるのは必然だったのかもしれませんね。

 

しかしまぁ、当時は情報と言えば雑誌だけが頼りみたいなところがありました。

田舎なのでスペクターもほとんど幻みたいな存在だったわけです。

 

偶然の発見で出会えたものの、値段は20万オーバーでまったく手が出せる代物ではなかった。

本で眺めてるかちょっと試奏するだけで終わりって感じでしたね。

 

本当に遠い存在だったなと。

 

Warwickの存在を知る

 

情報源と言えば、自分の中では外せないのが兄貴の存在。

東京都内に住んでいたのもありますし、元プロでもあった為、ま~、異次元な存在でしたね。

 

その兄貴が、「ワーウィックはいいぞ!」としきりに話していた為、嫌でも気になってくるわけです。

 

で、雑誌で見てみたら、

 

「スペクターじゃん!!」

 

とツッコミを入れてしまいました。

 

いやほんと、ぱっと見そのままって感じですよね。

最初は同じ会社なのかと思ったぐらいです。

 

しかし、ワーウィックに強く憧れるようになったのには理由があるんです。

 

ドイツ製

 

これがとにかく大きかったですね。

 

さすがは中学生。

無意味にドイツに憧れを持っていたという。

 

サッカーゲームをやるにもまずはドイツです。

キャプテン翼と言えばシュナイダーです。

戦車選ぶならドイツです。

 

それを知って以来、スペクターよりもワーウィックの方に憧れを抱くようになりました。

楽器屋でカタログをもらい、毎日のように眺めていたのを思い出します。

 

【スポンサーリンク】

 

 

Warwick Streamer Stage I

 

「高校入学祝い」

 

いや、なんとも懐かしく、また、素敵な響きですね。

 

今まで溜めておいた小遣いやお年玉なども合わせましたが、なんと、ワーウィックのストリーマーステージ1を買ってもらえることに。

 

当時、定価が33万円ぐらいだったかな?

 

それが20万円ぐらいで売ってる店を発見した為、もう、泣き落としに近いぐらいなものがあったかもしれませんね。

 

贅沢極まりない話だけど、16歳でワーウィックの高いやつを手に入れた次第。

 

そしてもうひとつ生意気なことを言うのであれば、兄貴にもらったBCリッチのガンスリンガーベースに限界を感じていたりもしていたので、ステップアップには本当にうってつけでしたね。

 

「バイトして買えよ!」

 

ってツッコミが入りそうですが、ま~、それは言うだけ野暮ってもんです。

言葉は悪いですが、利用できる環境、人脈があるのなら、それは使うべき。

 

・好意には甘える

・人は素直に頼りにする

・恩を感じるならちゃんと返す

 

それでいいんじゃないかと。 

実際、それで飛躍的に上手くなった確信があります。

 

良い音が出るってだけでなくそれが強力な燃料にもなりますから、やっぱり違いますよね。

 

Warwickの購入が指弾きへの決定打に

 

学生ならではの勘違いとか粋がりっぽいのもあり、

 

「ピックじゃもったいない!」

 

みたいなことを当時は考えてましたね。

 

今でこそピックで弾くのも好きで受け入れてるし、立派な表現方法とサウンドだと認識していますが、まぁ、そういう生意気で勘違いな方向に進んで誤るのが若さというもの。

 

「こんな良いベースなんだから指でしっかり弾くべきだ!」というこだわりに目覚め、そのまま突っ走った記憶があります。

 

ただ、その頃の本音も言うのであれば、ワーウィックの音がかなりパワフルで硬質に感じた為、それでピックだと辛くなったというのもありましたね。

 

当時使用していたピックがこれまた粋がりの象徴のような代物。

硬く、分厚く、でかいやつを無意味に選んでいたので、それもよくなかったんだろうと思います。

 

ジャコに代表されるようなフレットレスのサウンドなどにも憧れ始めていた自分、ゴリッゴリの仕様じゃそりゃ苦しくなって当然ですよね。

 

とにかく無知のかたまりだったとしか言い様がありません。 

本当はピックも大好きだった癖にイキってかっこつけてました。

 

そんなくだらない理由も絡んではいますが、いずれにせよ、高校生になってから指弾きへの移行を進めていた次第です。

 

続く