順反り、逆反り、ネックの反りと調整について考える

ネックと反り 目次

 

 

ネックは頑丈で真っ直ぐであるべき

 

意外と賛否が分かれそうなのがネックの反り。

順反り、逆反り、どちらにも利点が存在すると聞くこともあります。

 

しかし、フレットが打ってある位置やピッチについて考えてみても、まずは完璧に真っ直ぐである方が理想的というものでしょう。

 

ぐにゃぐにゃ反って貧弱、トラスロッドもろくに効かないとか調整不能なんてネックは論外。

「反りもなく真っ直ぐ」というスタート地点がつくれる方が良いに決まってますよね。

 

4弦の時点でさえ、80kg前後にはなろうかという張力がかかっているのがベースのネックです。

狂いなく強靭で安定しているに越したことはありません。

 

反らないネックは無い

 

ただ、これは理想論と言いますか、現実は甘くないから困ってしまうところ。

乾燥しすぎていればネック(指板)は縮んで順反りになりますし、湿度が高すぎれば膨張して逆反りになる。

 

ネック材がメイプルで指板がエボニーなんて場合、その強度も密度もまったく異なる材を組み合わせることになるわけですから、その変化の比率が異なれば当然、それだけの影響が出るものではないかと。

 

ゆえに、きちんと管理され落ちつき安定した材が使われるべきですし、このあたりを無視したものだと酷い反りを起こしたり、使い物にならなくなってしまう可能性もある。

 

実際、定価20万を超えるような楽器でも何本か酷い目にあったことがあります。

 

かたや、超トラ目で良さそうなネックにウェンジ指板という組み合わせだったのですが、ま~、ネックも指板も乾燥が甘かったのか管理されていない材だったのか、順反りしまくりでどうにもならない。

 

もう一本の方はアメリカに行った際に購入したものでして、最初はもう超お気に入りで弾いていました。

しかしこれもまた、だんだんと超順反りになって調整不能な状態に陥り、最悪な状態に落ち着くことに。

 

やはり、気候・環境の異なる国で作られている物の場合、一度暴れ始めると大変ですね。

余程しっかりと製造・管理されていない限り、相当なリスクがあるものだと痛感しました。

 

高級であろうがなんだろうが関係ありません。

50万オーバーの楽器でも店頭で反りまくりだったやつとか普通にあります。

 

また、そういった影響を受けないかと思われるグラファイトのようなものであっても、極端な温度変化や経年変化を積めばどうなるかは分かりません。

 

そう考えると本当、

 

『ネックは反るもの』

 

と認識した方がかえって気が楽ではないかと思います。

 

それがいかに素直に綺麗に反るか、調整も短時間で簡単に済むか、そこが優れた楽器・道具としての条件ではないかと考える次第。

 

どんなに豪華だろうと超強度であろうと、反って直らないんじゃ意味がありません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

弦の張力を揃えることは難しい

 

完璧なストレークのネックの実現が難しい理由として、

 

『弦の張力の違い』

 

ということも大きな問題として存在しているでしょう。

 

イメージ的には低音弦の方が太いし強そうな気がしてしまいますが、データ的には明らかに高音弦の方が強くなってしまうようです。

 

たとえば各弦の張力を揃えようとしたダダリオのベース弦。

 

・1弦 050.  約23kg

・2弦 067.  約23kg

・3弦 090.  約23kg

・4弦 120.  約22kg

 

こんなゲージのセットになる様子。

 

驚くべきは4弦の120という太さ。

これってもう、ローBのライトゲージですよね。

 

ここまで太くしないと張力が合わないとなると、レギュラーゲージじゃどうやっても高音弦側の方が強いことになってしまうでしょう。

 

つまり、高音弦側の方が順反りしやすくなるし、それだけ真っ直ぐなネックを保つことも難しくなる。

 

「ネックは真っ直ぐであるべき!」

 

と最初に言っておいてなんですが、やはり、完璧にそれを求めるのもあまり現実的ではなく思えるのが本音だったりします。

 

木材なんてのは生き物のごとく環境によって変化する存在なわけです。

間違ってもパーフェクトであることを前提にするような素材ではないはず。

 

湿度の管理をする

 

細かいことなんかどうでもいいってタイプの人もいると想像しますが、まぁ、できることであれば、実現可能な範囲で管理・調整をしてあげた方が良いのは言うまでもないでしょう。

 

自分のこれまでの体験からすると、「湿度50%前後」で良い感じに落ち着く印象があります。

 

40%まで行くと低い、60%を超えると高い、そんな感じ。

50からプラスマイナス5%ぐらいが良いかなって気がしますね。

 

それか余程に低いか高いのでもなければ、一定に保たれてさえいればそれでも良いのかもしれません。

 

55%ぐらいでも高いと言えばそんな感はあるので、もうちょっと低めでもそのまま安定していればそこまでの問題は起きないことも考えられます。

 

よく言われていることですが、

 

「人間が心地よい空間」

 

であれば、基本的にはそれがひとつの正解だとも思いますよね。

極端な変化もなく楽に過ごせる空間であれば、自身にとっても楽器にとっても良さそうかなと。

 

順反りか逆反りか調べる

 

この話をするのが遅いだろって気もしますが、まぁ、その是非についてはとりあえず置いておきましょう。

 

自分の場合ですが、必ずベースを普通に構えている状態でチェックをするようにしています。

 

よく、色々な角度が見たり細かく神経質に確認している写真などがあったりしますが、あれについてはちょっと疑問なところがあるわけです。

 

なぜなら、

 

「弾く時に狂ってたら意味がない」

 

からですね。

 

どんなに真っ直ぐに調整したつもりでも、いざ構えた時にイメージと違うのでは困ってしまいます。

必ず、普段通りにベースを弾く際のことを前提にした上でチェックした方が良いでしょう。

 

で、具体的にどうチェックするかと言いますと、まず1フレットを押さえ、次に最終フレットを押さえます。

この際、最終フレットは右手の小指で押さえるようにして、ちょっとストレッチして親指か人差し指で12フレットあたりを押して調べるのがポイント。

 

これで露骨に隙間があるようなら順反りですし、まったく隙間がなく弦とフレットが完全にくっついちゃってるような場合は逆反りですね。

 

順反りならトラスロッドは締めて、逆反りなら緩めてください。

 

そしてまた同じように、1フレットを押さえたら今度は12フレットを小指で押さえるようにします。

ここで隙間があるかそれともくっついてしまっているか、各弦のチェックすることをおすすめします。

 

「12フレットに隙間はないけど7フレットとかは超隙間あるんだけど・・・」

 

こんなネックはかなりやばいかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

結局、真っ直ぐがいいのかどうなのか?

 

自分の好みを言ってしまえば、

 

「ほんの軽く順反り」

 

というのが一番好みですね。

 

ローポジションの振幅というのは大きいものですから、押し弦をした際にその分の余裕があった方が弦が自由に振動でき、音も太くなる印象があります。

 

この場合、前述のチェック方法で言うと、

 

・1フレットと最終フレットを押さえた際、12フレットあたりにほんの僅かに隙間があるようにする

・1フレットと12フレットを押さえた際、7フレットあたりに超僅かな隙間があるようにする

 

こんな感じになりますね。

 

加えて、ブリッジの駒を少し上げ目に調整すると、弾きやすさも鳴りも非常に良い感じになってくれます。

 

逆に、逆反りネックに駒をベタ下げって状態にすると、音はものすごく痩せてしまう印象。

または、順反りして弦高が上がったから駒を下げるというのもいただけません。

 

極力、駒は動かさないようにしてネックの調整から入るのが基本でしょう。

また、まずは真っ直ぐにできることを前提にした方が良い。

そこから自分の好みとスタイルに合った調整をすればいいわけですね。

 

ただまぁ、上記のチェック方法にまったく当てはまらないような厄介な反りが存在しているのも現実なので、そうなっている場合はもう信頼できる人にリペアを任せた方が正解なんじゃないかと。

 

癖のある変な反りはトラスロッドの調整ぐらいではどうにもならない可能性が高いですね

素人が付け焼刃でどうこうできるものではありません。

 

厳しいことを言うのであれば、その楽器に早々に見切りをつけた方が良いとも思いますし、それかそこも含めての愛機に仕上げちゃうのも有り。

 

かの有名なジェームス・ジェマーソンなどは、とんでもない順反りのネックと超高い弦高も武器に自分のサウンドとグルーブをつくっていたわけですし、何が正解かは自分で見つけるべきでしょう。

 

そういう意味では、弦のゲージも個別に選べればなぁって思うところですね。

前述のダダリオではありませんが、ネックの反り方に合わせたゲージの選択なんてのも面白い。

 

125+105~045をメインにしていますが、もうちょい弄りたいのも正直な話。

 

自分の場合は反り云々よりも各弦の弾き心地と張りをなるべく均一にしたいという目的からですが、もっともっとこうプレイヤーにとって都合がいい、贅沢で良い世の中になればと思います。

 

『PLEK』なんて存在もありますが、あんな感じにネックの調整まで完璧にできるマシンとか出てきたらちょっと笑いますね。

 

そして興味が湧きます。