ピックガードの鳴りに対する影響、実体験から語る注意点

エージングの問題じゃない違和感

f:id:bakibakibass:20170202134453j:plain

 

自分のメインベースであるジラウドのブラッククラウド。

実は購入当初にちょっとした問題があったりしました。

 

もう明らかに鳴りがおかしいんですね。

新品特有の鳴り方かエージングの問題だろうと考えていたのですが、どうも様子が違うのです。

 

「こんなはずはない・・・」と言いたくなるような薄い感じで困惑。

 

三か月ほど弾き込んでも思ったような感じにならなかった為、ジラウドさんを訪問してチェックと調整を依頼。

 

「確かに何かおかしいね。」

「もうちょっと来てもいいはずなんだけどなぁ。」

 

という診断をされるほど、不思議なぐらいに鳴りが寂しかったのです。

 

それでも今まで弾いてきた他者製のベースを圧倒するクオリティではあったのですが、まぁそういう問題ではないわけです。 

 

想像を遥かに超えていてくれなければ、ブラッククラウドの意味がなくなってしまう。

 

どうにも原因が分からず、かなり落ち込んでいました。

 

まさかの犯人

 

どうしても思ったような鳴りを得られなかった当初の自分のブラッククラウド。

 

しかしここで、

 

「そう言えばこれ3mmだったね。」

「新しく2mmで作り直そうか。」

 

なんていうピックガードの話がジラウドさんの方から出ました。

 

そして試しに外して弾いてみたところ、

 

「え?嘘!?」

「何で!?」

 

と、驚愕です。

 

明らかに音が違うんです。

露骨なぐらいに変わりました。

 

ほんと、心底ビックリしましたね。

誰だってそんな大きな影響があるなんて考えないでしょう。

 

ピックガードの扱いで音の変化があること自体は一応認識していましたが、まさかそんな、アンプを通して弾いた音にまではっきりとした差が出るなんてことは想定していません。

 

たぶん、この話を聞いても信じる人はいないでしょうし、自分だってあまりに胡散臭く感じる話だと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

原因は何なのか?

 

しかし現実問題、否定しようにもどうにもならなかったのがその事件。

ピックガードが音に影響にするという、それが明らかになった瞬間でした。

 

恐らくですが、かなりキツ目に設計されていたものなので、それで振動をミュートしていたのではないかと推測するところ。

 

物にもよりますが、ジラウドではネジ止めしないではめ込むタイプのピックガードが定番だったりもするんですよね。

 

ということは、それだけ必然的にタイトな作りになってくるわけです。

 

たまたま自分のやつがものすごくキッチリ作られたものだったのか、かなりピッチリと装着することができた為、それが逆に仇になってしまったんじゃないかと想像する次第。

 

ネックの振動をミュート、ボディの振動もミュート、PUもカチカチに固定。

その結果、明らかな違和感と出音の寂しさに繋がってしまったのかと考えます。

 

それもまぁ、エージングされて鳴ってきてしまえばそれほど関係なさそうですし、実際、今現在はピックガードの有無によるそこまでの大きな変化は感じません。

 

2mmで作り直したこともありそうですが、以前のように神経質になる問題ではなくなっています。

 

でも、あんな体験をしてしまったわけですから、「ピックガードなんか関係ないだろ?」と安易には言えなくなってしまいました。

 

スラップなどにおいては、指の入り方などタッチが変わる影響も大きいものですよね。

ピックガードは決して侮れない、何らかの変化が起きるアイテムであると言えるはず。

 

たかがネジの締め方でも音が変わる可能性はある

 

「他人事ではないですよ?」

 

とあえて脅かしてみるのであれば、フェンダースタイルの楽器を使用している人であれば、一度チェックしてみた方が良いんじゃないかと思います。

 

ものすごくタイトに作られていたり、ネジがめちゃくちゃキツく締められているようであれば、その影響が出てしまっている可能性も否定できません。

 

自分と同様、楽器の鳴りを損なってしまっているかもしれません。

 

逆にそれが好みだったり、緩めすぎていまいちになることなども考えられる為、一概にどうとも言えませんが、いずれにせよ、こうして「楽器の鳴り」について考えてみるとなかなか興味深いものだと感じます。

 

・エレキに生鳴りなんか関係ない!

・マグネットPUは弦振動しか拾わない!

 

なんて意見もありますが、その弦振動に直接関係するのがネックやボディという存在。 

 

その主張を認めるのであれば、セミアコやフルアコも否定しなければいけませんし、ボディ材もシェイプもクソもないことになってしまう。

 

デッドポイントについて考えても説明がつかなくなりますし、どうやったって破綻している認識なんじゃないかと。

 

そもそもボディ鳴りによってPU自体が振動していることも考えられるのです。

指が当たったりちょっとした音でも意外と拾ったりするのがPU。

そしてそれをとんでもない比率で増幅するのがアンプ。

 

・弦振動だけにしか反応しない

・曖昧な要素など入り込む余地がない

・すべて同じ音にしてくれる完璧な増幅器

 

PUなんて原始的で超時代遅れな物体がそんな絶対的で万能な存在だとはとても思えません。

ちょっとしたことでも音が変化してしまう、何ともファジーでアナログなマイクでしょう。

 

そう考えるとやはり、ピックガードとネジの締め方ひとつでも鳴りに対する影響があることは否定できなくなってくるのではないかと。

 

それでボディ鳴りに影響があれば、弦振動にも何らかの影響を及ぼす可能性がありますし、それで結果的にPUの反応も出音も変わるってくるかもしれない。

 

こんなことも十分に有り得るから楽器は怖いですね。

また、そうだからこそ面白く奥が深い。

 

否定するのも自由ですが、あれもオカルトこれもオカルト、宗教くさい胡散くさいと否定ばかりとか、それってのも正直つまらないですよね。

 

実際、自分はこの件で大きな効果を感じましたし、「ピックガードごときで!」なんて言って放置・無視していたら酷い目に遭ってました。

 

ボディ鳴り

 

これに注目・意識すると、またベースを弾くことが面白くなっていくはず。

そして、それだけタッチにも目覚め、音も太くなっていくことでしょう。