多弦ベース派が4弦の魅力とメリットを分析する

4弦ベース研究 目次

 

 

音が良い

 

たまに弾くとまずこの点に驚かされます。

 

「何だこの素直な音は!?」

 

と唸ってしまったり。

 

まぁ、本来はそっちが当たり前で基本なのかもしれませんが、もうずっと多弦ばかりを使っていた身な為、感覚が逆って感じなんですよね。

 

自分の中では『5弦が標準』みたいな認識。

『4弦は少弦ベース』『6弦から多弦』という感覚かも?

 

4弦がメインだった時期が本当に短いので、実はよく知らない点があるのも正直な話。

だからこそ4弦を弾くと「あれ?すげえ良くね?」とビックリします。

 

というわけで今回は、4弦のその魅力とメリットについて分析をしてみたいと思います。

 

張力が弱い

 

これはもう動かぬ事実でしょう。

弦を増やせば増やすほど張力が増します。

 

ここで想像できるのは、

 

『それだけ楽器が緊張する』

 

ということかもしれません。

 

張力が増すほど、楽器本体への負担は増加するはずですし、特にネックに対する負担はとんでもないものだと思いますよね。

 

4弦の時点で80kg以上とかだったかな?

それぐらい強烈な力が加わり続けるのですから、影響が無いわけはないでしょう。

 

となるともう、多弦の時点で独特の響きになることが決定しているんじゃないかとも考えます。

 

ネック幅が増したり、そういった楽器本体の設計によるものもありそうですが、低い方にせよ高い方にせよ、その弦が加わることで楽器の鳴りに対して絶対に変化が起きる。

 

そういった張力から楽器を解放してあげる、もっとオープンでナチュラルな響きを求める、こうなってくるとやはり、4弦の方が条件的に有利なんじゃないかと予想します。

 

独断と偏見で言えば、超多弦になってくると音がぴんぴんに張りすぎてて辛い、軽いって印象。

 

そしてそれは恐らく、過剰な張力が原因の一つにあるんじゃないかと。

 

共振が少なくなる

 

これも上記の話と繋がりそうですが、弦が新たに追加されることでその響きも加わることになるのではないかと考えます。

 

試しにミュートも何もしないで弾いてみると分かりやすいでしょう。

弾いてない弦でも鳴りっぱなしになって何らかの音が加わることが確認できる。

 

これ、いくら完璧にミュートしたところで、100%消すというのは不可能だと思うんですよね。

 

指がぶつかった際に打音のような音が出たり、ちょっと擦っただけでもその音が出るわけですから、他の弦を鳴らした際にもどうやったって共振したり干渉してくるものだと想像。

 

また、大音量になるほどその振動が楽器に伝わってくる可能性もありますから、もしかしたら弦が増えるほど音がボヤけたり抜けが悪くなったり、扱いづらくなるのかもしれませんよね。

 

弦を増やすというのは張力が増加しすぎたり、共振が多すぎて飽和してしまったり、そんなことが予想されます。

 

そう考えると4弦の鳴りというのは濁りがなく、よりストレートで素直になるんじゃないかと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ネックが小さい

 

どう表現するのが的確か迷うところですが、いずれにせよ、これも間違いない事実でしょう。

ネック幅は確実に狭く抑えることができますし、6弦の幅と比較すればそれは明らか。

 

これによりどんな影響が考えられるかと言うと、『重心をボディの方、より低い方に持っていける』ということがあるんじゃないかと考えます。

 

要するに、ネックが大きすぎるとか重すぎるとか、その問題が多弦には付きまとうと思うんです。

そうなると確実にバランスは悪くなるはずですし、ボディが鳴らなくなればそれだけ音も軽くなる。

 

そこでボディを重くすることを思いつきそうですが、ま~、これは単純に弾くのが辛くなりますよね。

そうなるとまた当然、ボディをコンパクトにしたり薄くしたりなんてことを思いつきそうですが、そうなればなるほど、豊かなボディ鳴りを求めるのは難しくなるでしょう。

 

そして今度は何をするかと言うと、プリアンプを載せたりPUも高出力なもの、それもハムバッカーにしたりそういう手段を取るはず。

 

硬質な材を使用した小型ボディ、それで低出力のシングルコイルPUをパッシブで鳴らすとか、そういうベースは世の中にほとんど存在していません。

 

そこには絶対に理由がある。

 

多弦になるほど鳴りがネックの方に寄っちゃいそうなので、そこのバランスをいかに取るかというのが課題なんでしょうね。

 

ネックが太く重く強靭、指板もブ厚く屈強なんてのも良いですが、それだけ響きも独特で特殊なサウンドになってしまうのではないかと感じます。

 

豊かなボディ鳴りを求めたり、フェンダー的な良さを求めるほど、多弦はそれに向かないことになりそうです。

 

弾きやすさを優先して薄く頼りないネックにするのも考えものですし、そのトータルバランスを見極められるのが良い職人さんであり、良いプレイヤーなんじゃないかと。

 

PUが素直

 

これも前述の話と連動してそうなところ。

 

多弦の場合は要するに、ボディが鳴らなくなる分だけ音が軽くなる分だけ、PUの方に意識が行っちゃうんでしょうね。

 

そこで低音やパワーを得なければ、まともな音にならないという判断なのかもしれません。

 

もちろん、「4弦だから良い!」と断言できるわけではありませんし、4弦の中にも高出力だったり癖の強いものは沢山あります。

 

弦の本数云々の関係なく、パワーに振り切ったものは存在する。

 

ただ、多弦でまずいのは、そういった癖や力が必要になってきてしまう面があるということですね。

豊かなボディ鳴りによるプラスアルファを期待できないとなると、どうしても電気的に強化するしかない面がある。

 

6弦以上になるとシングルコイルがほとんど存在しなくなってくるなんてのも、このあたりの要因が非常に大きいと想像します。

 

フェンダーサウンドから離れる意味や、それが求められていないことも大きそうですが、楽器本体の鳴りだけでの勝負が難しいというのも根底に絶対あるはず。

 

だから、シンプルなパッシブのジャズベとか弾くとその素直さに驚きますよね。

もうこれでいいや、何も足さなくていいやってなっちゃう。

 

変なPUにする必要もないし、異常なパワーを求めようともならない。

そうするだけ楽器の良さが消えていっちゃうし、つまらない音になる。

 

後、単純にPU自体の長さが短くて済むから、それが良いってのもあるんでしょうね。

 

多弦幅でフェンダーの巻数そのままコピーとか絶対まずい。

それだけコイルも長くPUも重くなるんだから、そりゃ音もおかしくなるよなと。

 

そこに癖のある安っぽいプリアンプまでのせるとか、個人的には最悪です。

 

タッチが良くなる

 

これまた多弦の問題点から入るようですが、 ミュートの手間が確実に増えるのが嫌なところですね。

 

たとえば自分が6弦を弾くとしたら、無意識の内に右手の薬指と小指も使って弾いてない弦のミュートをするようにします。

 

または、右手親指の側面を使ってまとめてミュートするのも当たり前。

 

左手についても常にミュートの意識はありますし、それが自然な状態になっていますね。

鳴ってない弦の処理というのが多弦にとっては必須になります。

 

しかしここで問題なのは、無意識でやっているとは言えそれ自体はやはり、『不自然で足枷になる行動』であるということ。

 

4弦でも鳴ってない弦のミュートをするのは必須のテクニックですが、それをさらに高度に求められるのが多弦という楽器なわけです。

 

『音を鳴らさない状態』

 

このテクニックをまず高度に身に付けねばならない、そのために体を使わなければならない、代償の動作が必要になるという、そこが明らかなデメリットであると感じます。

 

そういう意味ではフォーム的な制約が少なくなる4弦の方が、独自のタッチを身に付けやすいとも考えられそうですよね。

 

反対に多弦の場合、どうしても似たり寄ったりになってしまうか、そうせざるを得ない面があるのかもしれない。

 

加えて前述のように、楽器本体もPUもタッチコントロールを表現しにくいものになってしまう可能性が高くなるし、その積み重ねが無個性化の原因にもなりかねません。

 

このあたりやっぱり、4弦って自由で楽しいですね。

スラップが好きな人なんかは特にそう感じるんじゃないかと思います。

 

親指を下向きに構えるサムピングだとローBが邪魔になる面もありますし、6弦になるとプル時にハイCがちょっと邪魔に感じたりもするでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

フィンガリングが楽

 

左手はもう圧倒的に楽ですね。

 

使うポジションや好みにもよるのはもちろんですが、それにしたって、弦の本数が少ないのとネック幅が狭いことでここまで違うかと驚かされます。

 

これもやっぱり、前述のミュートの問題が絡んでくるところですし、あまり気にしないで弾けるというのは凄く大きい。

 

グリップも使えると言いましょうか、多弦の場合は親指を表に出すことが難しかったり、それを利用したフィンガリングが厳しい面がありますが、4弦はそれが非常に楽になる。

 

ジラウドの方で聞いた話ですが、 左手によるゴーストノートだけでも縦振動のようなとんでもないサウンドを出せる人なんかも世の中にはいるそうな、

 

そしてそれも4弦だからこそやりやすいという話。

たぶん、5弦でも可能は可能なんだと思いますが、ネック幅の問題でどうしても制約が出てきてしまうのでしょうね。

 

こういった左手によるタッチコントロールにおいても、4弦は有利で自由な点が沢山ある印象。

 

チョーキングするにしても上手く手首を使ったり、グリップを利用するなら4弦の方が自然な感覚です。

それもあってか単純に、ハイポジションが弾きやすく感じるところもありますね。

 

ネック幅が増すほど、人体に適していない面が目立ってくるのだと思います。

 

シンプルで脳も楽

 

これについては慣れの問題というのも大きいですし、実際、自分は4弦に違和感があったりする身です。

 

「あれ?ここで弦少ないと困るんだけど!?」って感じに、弾いてて逆に変になりますね。

 

E弦をアポヤンドで弾くとローBが受け止めてくれるわけですが、4弦だとそれがないからどうにも落ち着かなかったり。

 

一方、べつに無理に拡張を必要としていなかったり、前述のミュートの手間などを減らす意味を考えれば、これもやはり、4弦の方が何もかも楽だと感じます。

 

必要なところがシンプルに凝縮されてると言いますか、エレクトリックベースってフェンダーのそれだけでも実は完成されてしまっているのでしょう。

 

良い4弦を弾いちゃうと、

 

「これ以上なんかいる?」

 

って納得しちゃうから困る。

 

弦が少ない分、ポジション移動が大変になったり、音域的な制限は確かに感じるところですが、それ以上に身体的な動作の制限が解放されるような気分になるのが非常に大きいですね。

 

ウィル・リーなども「ステージで暴れるなら4弦だ!」というようなことをインタビューで言っていた記憶がありますが、そういったステージパフォーマンスも重視する人が4弦を選ぶというのは凄く分かる話です。

 

多弦はどうしたって神経質にならざるを得ない部分があるし、前述の通り、無意識にでも弾けるようになったとしても要因が無くなるわけじゃない。

 

やはり、どこかでリミッターが働いてしまうような、負担になってしまうような、それは否定できないことなんじゃないかと。

 

作ってる方にしてもそうですよね。

 

より重量バランスに気を使ったり、各弦のバランスもちゃんと整えなければいけないし、専用のパーツも用意しないといけなかったり、面倒なことが増えてしまう。

 

それを考えると、良い多弦を作るのも使いこなすのも本当に大変なことだと痛感する次第。

悔しいですが、いろいろな意味で4弦の良さを認めつつあります。

 

先日も記事にしましたが、普通なジャズベがやたら良く感じたり、ある意味がっかりしちゃいます。

 

このブログに載せたり研究していることについてもそうなんですが、ま~、「俺のやってきたことって・・・こだわって選んだ楽器って・・・」とその矛盾に青くなったり。

 

奏法的な向上を目指せば目指すほど、4弦の方が圧倒的に理に適っているように思えたり、あれこれ考えるまでもなく自然に楽に弾けたり、「なんじゃこりゃ!?」ってなります。

 

いやほんと、このまま行くとまさかの4弦弾きになりそうで怖い!

この記事にしても「こんなこと書かなきゃ良かった!」とちょっと後悔してるかも?

 

ベースってやっぱり4弦なのか!?